Search

検索したいワードを入力してください

就活の面接でよくある質問例・テンプレート|メール/電話

更新日:2020年08月20日

就活の面接でよくある質問例・テンプレートとはどのようなものでしょう。面接で困ることの一つが質問する時間がある時に、どのような内容の質問をするべきなのかということです。そこで、この記事では就活での質問に対して好印象な答え方をまとめてみました。

就活中の質問メールの書き方

就活中の質問メールの書き方は、就活において基本的な事となります。ルールとしては、ある程度の常識を守っていれば問題ないでしょう。内容は、最初に相手の会社名、担当者の名前を記載します。

次に就活の本文になりますが、自分の名前をはじめに記載することが大切です。その後に質問内容となりますが、質問の仕方もシンプルであればなお良いでしょう。また、複数の質問がある時は、箇条書きでまとめると分かりやすいです。

就活で質問する機会がかなりあります。その時にいちいちどのように記載して良いか考えているようでは、時間の無駄になります。また、質問一つで考え過ぎているようでは、就活自体もうまくいかなくなる事もあるでしょう。

どのような質問メールが好印象なのか

では、どのような就活の質問メールが好印象なのでしょう。それは、採用担当者の立場に立って考えることである程度見えてくることがあります。例えば、会社情報について調べてみたが、どうしても分からない事がある場合は、その旨を質問でメールしてみることです。

採用担当者は、応募者がある程度調べて分からないことであれば、よろこんで答えてくれるでしょう。逆に簡単な内容の質問に対しては、あまり良い印象はないでしょう。この違いは、面接でも同じで就活において一番重要なこととして自分をどれだけアピールできるかがあります。

この点で考えると就活の質問をするという事はアピールにつながります。せっかく質問するのであれば、ポイントをおさえた質問をして採用担当者に覚えてもらう方が良いでしょう。

就活の面接・説明会でのよくある質問例

就活の面接・説明会でのよくある質問例としては、やはり志望動機を聞かれる事が多いでしょう。どんなに短い面接であっても志望動機と自己PRは必ず聞かれます。この質問に対しては、事前に準備しておくと良いです。

その場で考えて答えようとすると、かなり難しい就活の質問になります。また、その他ではどのような交通機関で面接会場まで来たか聞かれる時があります。急に変わった質問なのでびっくりする人もいますが、採用担当者の意図としてはどのような状況でも冷静に質問に答えられるか聞きたい時もあります。

他の就活の質問としては、どのような部署での仕事を希望するか聞かれます。これは、会社の事をある程度調べておかないと答えることが難しいです。答え方としては、自分の希望する部署の仕事を素直に言えば良いです。また、複数候補がある場合は、複数言っても問題ないです。

テンプレート

就活の質問のテンプレートとしては、志望動機と自己PR以外では、趣味なども質問されます。趣味については、自分の趣味を素直に言えれば良いですが、できれば面接自体を良いものにするために採用担当者に興味を持ってもらえるような話し方が理想的ではあります。

趣味の話しだけでも面接の流れを大きく変えることもできます。趣味で身に付けた知識や経験が仕事に活かせることもあるので、一つ一つの予想される就活の質問に関してテンプレートを作成して全体として自分をアピールできる内容になるか考える事が大切です。

面接では、どのような展開になるか分からないところがあるので、基本的な就活のテンプレートを作成したら、面接では柔軟に常に対応できるようにしましょう。

リスト

就活の面接で良くされる質問のリストは、色々なものが含まれます。志望動機や自己PRだけでなく、普段の生活についての事や、得意な科目なども聞かれます。面接で困りたくない時は、事前に面接で質問される内容をリストにしておくと良いでしょう。

そのリストを使って就活の面接の練習をすることもできます。例えば、リストアップしたものを全文覚えて言えるかどうかのチェックにも使用できます。また、リストを作成することで自分の考えをまとめる事もできて面接の準備としては、丁度良いでしょう。

具体的な質問される質問については、なぜこの会社を志望しているのか、他の会社でない理由、どこの会社が第一志望であるか、学生の頃に力をいれていたことなどがあります。

就活中の質問へのお礼メールの書き方

就活中に質問のメールがくることが結構あります。このような時はどのように対応して良いか困るでしょう。基本的なスタンスとしては、メールを返信する以上は自分をアピールする良い機会だと考えると良いでしょう。

質問へのお礼のメールの書き方としては、「お忙しいところわざわざ質問していただき誠に有難うございます」と言った内容からはじまります。その後に、質問された内容について一つずつ答えると良いでしょう。記載に仕方としては、箇条書きが分かりやすいです。

また、余裕のある人は最後に「今後とも全力で頑張って参りますのでよろしくお願いいたします」と記載できるとなお良いでしょう。このような文章であれば、採用担当者も好印象です。

質問メールでお礼をする意味

質問メールでお礼をする意味は、就活における常識に一つです。就活は言ってみれば、社会人になるための一歩なので、その基本的な事ができていることは非常に好印象となります。また、社会人になってもメールで質問される機会は結構あります。

このような時に迅速に判断して、お礼のメールを送れることは大切なことです。また、営業などの仕事では、何かあったらとりあえずメールでお礼をする事が重要で、習慣的にメールを送る仕事でもあります。

最初は面倒だと思う事があるかと思いますが、慣れてくれば普通にお礼のメールは送るようになります。さらに、他の会社と仕事の交渉などでもメールでやり取りすることがあります。

メールの良いところ

メールの良いところは、メールの送受信した内容が保存されるところですが、言い方を変えれば、自分のした事が記録されているとも言えます。

このような事からメールのお礼では色々な注意点があり、それをおさえてしっかりとしたタイミングでメールの送信ができれば、ビジネスでも通用します。

就活中の質問の電話の仕方

就活中の時の質問の電話の仕方とは、どのようなものでしょう。非常に緊張して電話する人が多いと思いますが、ポイントとしては、自分で質問することを紙にメモしておくと良いでしょう。せっかく電話しても緊張し過ぎて忘れることもあります。

そのためメモをしっかりと準備して、聞いた質問に対する答えもメモしておくと良いでしょう。また、具体的な電話の仕方としては、最初に「御社を志望している田中大学の田中と申します」とはっきり伝えましょう。

学生の場合は、会社名がない変わりに大学名を言う事がルールになっています。もしも余裕がある時は、質問した後に「今後も頑張りますのでよろしくお願いいたします」と言うと印象が良いでしょう。

電話とメールの違い

電話とメールの違いは基本的にはありませんがどのような状況かによって使い分けが必要です。急ぎで返事が欲しい時は、質問であっても電話でしてしまった方が良いでしょう。また、長くて難しい内容である時は、メールで質問した方が親切です。

さらに自分の入社への気持ちを声で伝えたいと思う人は、電話で話すことも有効です。簡単に言えばどのような事をするかによって、その時のタイミングも考慮して電話かメールにすることがポイントとなります。会社によっては、大切な相談事がある時に電話をしてくるように指示してくる時があります。

このような時は、どのような状況であっても電話するようにしましょう。電話する時間は会社が指定してきた時間帯に電話することも大切です。担当者は常に電話のそばにいるとは限りません。

就活中の質問のNG例

就活中の質問のNG例としては、給料に関する内容を細かく聞くことはNGでしょう。例えば、応募している会社の給料が他の会社と比較して低い理由について聞いたりしても答えてくれる会社も少ないのと、あなたのイメージダウンになります。

就職活動は常に自分をPRすることが基本であるので、このような質問をしてマイナスのイメージを与えてしまっては良くないです。また、自分が入社した後の配属先についてなどにしつこく聞いてしまうのも良くないです。

就職中では、自分の配属先については聞きたい人が多いと思いますが、会社からした場合、その人がどの部署に配属になるかは非常に難しい質問となります。理由としては、入社してから適正をみて配属を決める会社が多いこともあります。

もしもNGの質問をしてしまったら

もしもNGの質問を会社にしてしまったら、気が付いた時にすぐに謝る事も大切です。人である以上は、間違いもあるのでその様な時はすぐに謝ることで解決することもあります。また、謝るタイミングがない時は採用過程のどこかで、マイナスのイメージを変えるように努力することがポイントです。

NGの質問をしてしまって自分で気が付いたなら、それなりの対応をして、いつまでも気にしないで自分のアピールをできるようにすることが就活で大切なことでしょう。

業界別就活中の質問の例

初回公開日:2018年03月16日

記載されている内容は2018年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests