Search

検索したいワードを入力してください

面接での短所の答え方・例|心配性/緊張しやすい/優柔不断

更新日:2020年08月20日

進学や就職などで必ずある面接では、長所は伝えられても、短所はそのまま伝えるだけでは相手にマイナスな印象を与えるだけで終わってしまいます。この記事では、こういった自分の短所をどう伝えるべきかを紹介しています。これから面接を受ける方は是非、読んでみて下さい。

面接での短所の答え方

面接で必ず聞かれるのが、自分の性格についてです。長所は良いですが、短所は自分にとってマイナスな部分なので、言い方や説明の仕方によってはイメージが悪くなってしまいます。

そこで、場面別に短所の答え方を紹介していきます。

高校受験の面接での短所の答え方

高校入試の場合、受験生の性格を把握したい、自分の事を客観視できる人物かどうか、自分の力を何かに生かそうとすることができる人物かどうか、短所をプラスに捉えることができるかどうかの4つを知るために自己の性格についての質問をしています。

短所を短所のみの話で終わりにしてしまうと、相手にはネガティブな印象だけが強く残ってしまいます。それを防ぐためには、短所の後に改善策を捕捉することです。短所の後にその短所の改善策を考えて話すことで、自分の成長につなげていけるという事をアピールすることができます。

短所を上手に説明できれば、面接官が知りたがっている情報を伝えることもでき、自分を学校の生徒として迎えたいと思わせることができます。

大学受験の面接での短所の答え方

大学受験での面接では、受験者の長所や短所を知りたいだけでなく、受験者が自分自身を客観視できる人物であるかどうか、物事を前向きに考えることができるか、短所を生かして長所に繋げようとしているか、素直さや誠実さがあるかどうかを知るために質問をしてきています。

そのため短所を述べる際に短所だけを話してしまっては、面接官は受験生が自分を客観視できているのか、物事を前向きに考えることができているかなど、知りたい情報を全て得ることができません。どちらかと言うと、短所だけを述べてしまうと自己評価は低く、マイナスなイメージだけを伝えてしまうことになります。

面接で自分の短所を答える時には長所として挙げるものに関連した事や、できるだけ長所に近い事を挙げましょう。またこの短所をどのように克服していきたいか、学生生活の中でどのように活かしていきたいのかという事を考えて答えることが大切です。

転職時の面接での短所の答え方

転職の際に企業や会社から自分の性格について質問される理由としては、就職先の社風に合う人物なのかどうか、自己分析ができる人物なのかどうか、物事を前向きに捉えることができるかどうかという3つの事を知るという目的があります。

人間なので、誰でも長所と短所の両方を持っています。面接官に良いイメージを持ってもらうには、この長所と短所の両方を客観的な目線で具体的なエピソードを交えて説明する必要があります。主観的ではなく客観的な目線で説明することによって、人の意見に耳を傾けることができ、自分の事をよく分かっている人という印象を与えることができます。

また短所を短所とだけ説明するのでなく、今までどう向き合ってきたのか、克服したいと思っているのか、努力や改善をしているのかということも説明することが大切です。自分の欠点を素直に認められている人の方が、今後の成長に期待をして採用してくれることもあります。

幼稚園入園時の面接での短所の答え方

幼稚園の面接では、自分ではなくあくまでも子どもの面接になります。そのため自分の子供を客観視して長所と短所を説明する必要があります。子どもの短所の答え方としては、2つの方法があります。

一つは長所は長所、短所は短所として述べ、短所に関しては保護者として「改善させようと教育している」ということを付けて答える方法です。日々の生活の中で教育をしており、短所に当たる点については「少しづつ改善してきている」ということを伝えます。

もう一つは長所として挙げた事を、短所ともとれるという答え方をする方法です。1つ目の方法と同じように、短所は改善してきているまたは教育中であるという事を伝えましょう。

面接での短所の例

では、いくつか短所の例を挙げて説明していきます。

心配性

「心配性」と聞いて思い浮かぶのは、外出先で家のカギを閉めたかどうか不安になるというエピソードなどが思い浮かびます。そのため面接官には、自分の意見が言えずいつも周りに流されているという印象を持たれてしまいます。

しかし取り方によっては慎重にしっかり確認を行える、人の意見を聞くことができる、つまりミスが少なく責任感があるという、良いイメージを与えることもできます。

物事に対して間違いや失敗をしたり、他人に迷惑をかけないようにと考えて行動しています。そのため、確認をしない人と比較すると失敗するリスクや抜けがとても低いということになります。

また物事を進めていくに当たって悪い事態を想定してから取り組むため、悪い事態が起きないようにするためにはどうすれば良いかということを考えて行動することができます。つまり物事に対して「最後まで責任を持ってやり遂げることができる」という長所になるという事です。

緊張しやすい

面接で短所として「緊張しやすい」という点を挙げると、人前で話をしたり発表をするのが苦手でぶっつけ本番やアドリブ、臨機応変さに欠けるというマイナスなイメージを持たれることが多いです。

しかし緊張しやすい人は、失敗を防ぐために前もってしっかりと準備をするという、自己のリスクマネジメント能力に長けています。そのため物事に対して真剣に取り組もうとしている熱意や、物事を慎重に扱うことができる、さらに常に緊張感を持って行動することができるという長所を持っています。

緊張感がない人と比較すると、常に緊張感を持っている人の方が失敗するリスクが低いです。また緊張しやすい人が人前で発表をする際などは話す内容を紙に書き出しておいたり、実際に声に出して話す練習をするなど入念な準備を欠かしません。

つまり与えられた役割や仕事を、一つひとつ責任を持ってやり抜くことができるということを長所として話すことができます。

初回公開日:2018年03月26日

記載されている内容は2018年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests