Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月17日

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接の質問内容の例・対策方法とはどのようなものでしょう。就職活動中は技術面接の準備をする時間がない方も多いでしょう。そのような時に技術面接の対策に役立つような記事を書いてみたので、質問内容の例・逆質問の例・コツ・答え方などの参考にしてみて下さい。

技術面接の質問内容・例

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接の質問内容は、面接の中でも難しいものになります。どれだけ自分の技術に自信があってもどのような事を質問されるかわからないので、緊張する人も多いでしょう。質問内容としては、電気や機械、システム、プログラムなどに関して行われることがあり、応募している求人内容によって違います。

電気関係のメンテナンスの技術面接であれば、電気の資格をもっているか確認されます。持っていない場合は、今後どのように資格取得の勉強をするか質問されます。

技術面では、「オームの法則について説明して下さい」などがあります。この質問に対しては、オームの法則の公式を説明できれば良いでしょう。

変わった質問内容

技術面接で変わった内容の質問としては、「もしも現場で分からない事があった場合、あなたは、どのように対応しますか」といった内容の質問があります。これは、正直に携帯電話で上司に相談することなどの回答で良いでしょう。

質問している意図としては、あなたが現場で問題をかかえたときにどのように対応するか知りたいために質問しています。現場はとてもシビアなところがあってミスが許されません。そのような時の対応としては、上司に携帯電話で確認することは自然なことです。

逆に自分だけでなんとかするといった回答をした場合、あなたに対する信頼も薄れることがあります。

技術面接の対策方法

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接の対策方法としては、技術面接で聞かれると予想される内容について勉強しておくと良いでしょう。情報がなくてどの分野の勉強をすれば良いのか分からない場合は、事前に応募している企業に聞いてみても良いです。

意外と答えてくれる会社もあります。ある程度的を絞って技術面接対策として勉強しておけば、技術面接の時に落ち着いて回答することができます。何も準備しないで技術面接を受ける場合は、緊張することが多いでしょう。

緊張して技術面接を受けると、簡単な質問に対しても答えられなくなる可能性があります。

学部生

学部生の場合の技術面接の対策方法としては、応募している企業を先輩が受けていてその情報が大学にないか確認するところからはじまります。場合によっては、先輩が受けた時の内容を記録してある場合があります。

一般的には紙面で技術面接の質問内容などを細かく記録してあるものもありますので、その内容については最低限答えられるようにしましょう。実際に技術面接を受けてみると分かりますが、先輩が受けた時と同じような内容の質問をしてくる傾向があります。

これだけでも学部生として技術面接対策としては良いですが、余裕がある人は、技術以外の内容についても先輩の記録をもとに対策をしておくと良いでしょう。

印象の良い答え方

学部生の技術面接における印象の良い答え方としては、シンプルな回答をすることが良いでしょう。自分の知っている事をただ発言すれば良いわけではないので、技術について自分の知っていることを簡潔に相手にわかるように伝えることができれば、好印象でしょう。

また、もしも技術面接で分からないことがあった時は、素直に「分かりません」と言えば良いです。全部を答えることを要求しているわけではないので、わからないことがあっても問題ないです。

回答する時に発言内容は、最初に質問に対する答えを言って、その後に補足説明をすると良いでしょう。

転職

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

転職時における技術面接の対策としては、その会社についてリサーチをして必要とされる技術的な知識を予想することからはじめましょう。求人内容をみても大体どのような知識が必要とされるのか予想はできます。

それでも転職における技術面接は質問が多岐にわたることがあるので、ある程度自分で対策をしたらあとは自分のわかる範囲で答えるようにすれば良いです。

転職の場合は、時間がないのが普通なのでそのような時にできる技術面接対策としては、基礎的な知識について再度確認する程度で良いです。あまり深く掘り下げても、その内容が質問される可能性は低いでしょう。

転職と新卒の技術面接の違い

転職と新卒の技術面接の内容の違いとしては、転職の方がより現場における技術的な内容を聞いてきます。それは、学校では勉強していないような事も含むことがあります。新卒の場合の技術面接は、基本的な事を中心に問題なく技術を理解しているかどうか確認しようとします。

そのため、転職の場合は対策を具体的にするにはかなりの時間を必要とすることもあるので、自分のしてきた仕事に関する大切なポイントを再度復習しておくと良いでしょう。おすすめなのは、前職でメモとして使用していたものを再度見るだけでもだいぶ違ってきます。

技術面接での逆質問の例

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接での逆質問の例としては、技術面接中にタイミングがよければ「御社で必要とされる技術分野の知識はどのようなものでしょう」といった質問があります。この質問に関しては、面接官も何もあやしいとは思わないでしょう。

考え方を変えれば、やる気があるから逆質問をしていると思ってくれます。また、技術面接の中で気になる技術的な内容についてある場合は、「その技術について御社はどのような技術をもっていますか」などと質問しても良いでしょう。

技術面接中における逆質問は、そうとう変わった質問をしないかぎり好印象です。

技術面接のコツ

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接のコツとしては、自分の知っている知識をどのように相手に伝えるかがポイントです。運よく自分の得意な分野の質問をされても上手に相手に回答できなければ、意味がありません。

技術内容を答える時は、これは大切であると言われている重要なポイントをしっかりと簡潔に言えると印象が良いでしょう。また、詳しい事を質問されてもあまり詳細について長時間説明するのも良くないです。大切なことは、普段人と話している時と同じで、相手がどのような回答を望んでいるか想定して回答すると良いでしょう。

また、回答している最中における面接官の出方次第でこちらも対応を変えることができる柔軟さも必要とされます。

技術面接の研究概要の答え方

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接の研究概要の答え方としては、専門的な知識がなくても理解できるように簡単に説明することが大切です。

面接官がどの程度の知識がある人なのかは、はっきりと分からないで面接を受けるのが普通ですが、研究概要の回答については特に専門用語は最小限にして答えると印象が良いです。もしも専門用語を使用する時でも用語の補足説明をすると良いでしょう。

また、研究概要といってもあまり数値的なものを説明しても理解してもらえる事は少ないでしょう。研究の目的や、結果などを簡単に言えると相手も色々質問してきれくれる場合があります。

研究内容のポイント

研究内容のポイントとしては、研究の目的について詳しく説明すると良いでしょう。難しい内容を説明しても、ほとんど理解してもらえない事が多いので、目的を中心に説明して何をしているのか知ってもらえれば良いでしょう。

また、時間的な余裕がある場合は研究における今後の課題などについて話すことができればなお良いです。面接官は、その話を聞いて具体的な質問をしてくれる時があります。

研究概要の説明でも面接官と質問を通してコミュケーションを取れれば面接自体が良いものになります。逆に専門用語を多用した研究概要の説明などをしても面接は盛り上がらないでしょう。

面接官が見てくる研究内容

面接官が見てくる研究内容とは、どのような研究をしていてどのように努力したかを見てきます。これは、研究である以上は問題があることが多く、その壁に対してどのように取り組んで解決してきたかが重要です。

転職や、新卒の面接で研究内容を聞くのは、もちろん研究自体の内容を知りたいこともありますが、実は研究の取り組み方を知りたい場合もあります。このような理由から、研究がうまく進まなかったという内容を言っても問題ありません。

ポイントとしては、どのように問題を解決しようと努力したかが言えるかどうかです。このあたりは面接におけるテクニックでもあって、いかにして自分に好印象をもってもらえるかは、研究内容における取り組み方を上手に言えるかで決まってくるでしょう。

技術面接の時間

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

技術面接の時間は長くても15分くらいでしょう。なぜこのような時間なのかと言えば、面接官もはじめから何を聞くのか決めているのでコンパクトにまとまっています。応募者の方で長い話しをしない限り、それほど長時間になることはないでしょう。

また、内容としては、最初に技術面接で重要視されていることについて質問されることが多いです。もしも最初の質問にうまく答えることができなくても、全体として自分の言いたいことが言えたといえる技術面接であれば、成功だと考えるのが普通です。

技術面接は、いかにして自分を良く見せるかではなくて、自分のもっている技術的な経験や知識がどれほどのものなのか面接官に伝えることが目的です。

5分

技術面接が5分程度の場合は、テキパキと質問に答える必要があります。5分の技術面接では、あなたの技術的なことはあまり聞けない時間ですが、要点だけは面接官が確認してきます。

その内容は、あなたが会社に入社した時に必要とされる知識について今現在習得しているかなどについて確認してきます。5分程度の技術面接の場合大切なことは、足りない技術の経験や知識はこれから一生懸命勉強して身に付ける姿勢を面接官に見せることです。

長時間の技術面接の対応

技術面接の質問内容の例・対策方法・逆質問の例・コツ・答え方

では、長時間の技術面接の対応とはどのようなものでしょう。長時間の技術面接の特徴は、会社で必要とされる技術についての質問と、あなたのもっている技術についての質問となります。

どちらの質問に対しても自分の知っている範囲で答えることが重要で、完璧であると思えるような回答は目指さなくても良いでしょう。

インパクトのある好印象な技術面接の答え方

インパクトのある好印象な技術面接の答え方としては、一つの質問に対して簡潔に回答することです。また、大きな声で元気よく答えることも重要です。自信がないことでも「わかりません」と元気よく答えることができれば、印象は良くなるでしょう。

自分の得意とする分野の質問に対しては、あまり長くならないように的確にコンパクトにまとめて回答できれば、なお良いです。

Latests