Search

検索したいワードを入力してください

面接の「尊敬する人は?」という質問の回答例【例文あり】

更新日:2020年02月11日

「尊敬する人物は?」という質問を面接で受けることがあるかもしれません。面接では、好きな有名人や歴史上の人物を上げるだけでは不十分です。今回は男性だけでなく、女性が答えやすい「尊敬する人物は?」の答え方を紹介していきたいと思います。

尊敬する人物で挙げるべき人とは

新卒の方、既卒で転職される方、多くの方がいらっしゃいますが、就活や転活をすれば、当然ですが、面接の機会が多くなりますよね?

そんな面接で「尊敬する人物は?」という質問が来ることがあります。その時、あなたはどう答えますか?ただ、尊敬する人を挙げればいいわけではありません。尊敬する人は誰を挙げるべきなのか?どのようにアピールすればいいかを知り、面接を成功させましょう。

面接官が「尊敬する人は?」と質問する意図

「面接を成功させたい」その思いを実現したいですよね?そのためには、面接官がどんな目的で質問をしてくるかをつかむ必要があります。

面接官が「尊敬する人は?」と質問してくるのにはどんな理由があるのでしょうか?面接官が知りたいことは、大きく3つあります。「これまで受けてきた影響」、「明確なビジョンを持っているか」、「どんな人なのか」です。

女性が答えやすい「尊敬する人は?」の回答の作り方


  • 自分の強みから探す

  • 周りの人に聞いてみる

  • 共通の経験がある人を探してみる

まず、1つ目ですが、自分は何ができるのかを考える必要があります。ただ、「尊敬する人」をあげるのではなく、自分の強みのエピソードと紐づいた部分をアピールするのが大切です。

2つ目ですが、自分のことは自分ではわからないものです、他人に聞くことで普段見えていないところも見えてくるかもしれません。

3つ目ですが、なかなか見つからないときは、自分の経験と近い人を挙げてみるのもいいでしょう。

女性が答えやすい「尊敬する人は?」の回答の基本のポイント


  • 自分の強みと共通している人から回答を作る

  • これからの自分が目指す人を選択する

  • 実績ではなく人間性や資質に焦点を当てる

1つ目のポイントですが、先ほども述べましたが、自分の強みをアピールできる人から回答を作るのがいいです。面接官の知りたい「自分とはどんな人なのか?」をアピールすることができます。

2つ目のポイントですが、自分が目指す人を選択するのもいいです。なぜなら、「自分のビジョン」を面接官に伝えることができるからです。

3つ目のポイントですが、尊敬する人を選ぶ際に、その人の実績ではなく人間性に注目するといいでしょう。これまで、「どう自分が生きてきたか?」を伝えることができます。

女性が答えやすい「尊敬する人は?」の回答例・エピソード例

女性が答えやすい「尊敬する人は?」の回答のポイントについて紹介してきました。でも、実際にどんな回答例があるのか気になりますよね?

回答例1:母親

様々な選択肢の中で、「母親」はよく選ばれます。

「私が尊敬している人は、母親です。これまで、仕事と家庭を両立しながら、家族を支えてくれた、まさに理想の女性像です。また、コミュニケーション力が高く、地域の活動に積極的に参加し、多くの人をまとめる母親を尊敬しています。」

回答例2:恩師

尊敬する人物に「恩師」を上げるのもいいでしょう。学生時代に先生に高い評価をされてきたのだろうという印象を与えることができます。

「私が尊敬しているのは、高校3年生の担任の先生です。進路も決まらず悩んでいた時に、自分の好きなことをやればいいと、今の大学を紹介していただきました。そんな、悩んでいる人に寄り添ってくれるところを尊敬しています。私も、悩んでいる人に寄り添える仕事をしていきたいです。」

回答例3:歴史上の人物

「歴史上の人物」を尊敬する人物に挙げるのもいいかもしれません。「歴史上の人物」でも、だれもがわかるようなものを選ぶのがポイントです。

「私が尊敬している人物は坂本龍馬です。坂本龍馬の損得を考えず、自分の理想のために走り続けることができるところが、尊敬している理由です。私も、大学のサークルの存続危機がありましたが、諦めずに取り組むことを坂本龍馬から学びました。結果、サークルの存続危機を乗り越えることができました。」

回答例4:スポーツ選手

「尊敬する人物」にスポーツ選手を選ぶのもいいかもしれません。自分の部活で取り組みや、自分の物事に取り組む考え方と照らし合わせて、伝えるとより伝わりやすくなります。

「私が尊敬している人物は、錦織圭選手です。中学生時代に1人でアメリカに渡り、努力して有名選手になった粘り強さが尊敬している理由です。私も、大学でテニス部に所属していたのですが、なかなか成果が出せず苦しい思いをしましたが、錦織圭選手をみながら努力し続けることができました。」

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests