Search

検索したいワードを入力してください

最終面接で落ちる人の特徴・落ちる理由・確率|交通費支給/転職

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

みなさん一度は就職活動を経験するでしょう。就職活動には書類選考やグループワーク、面接などさまざまな選考があります。そのなかでも最後の関門になるのが、最終面接です。ここでは、最終面接で落ちる人について、特徴や落ちる理由を記述していきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

最終面接で落ちる人の特徴

これから社会人になる人も、すでに社会人で他の会社を探している人もみんな面接を経験するでしょう。面接とは企業を志望している人に対して、一緒に働くにあたいするかどうか判断する場所です。

選考には書類選考やグループワークなどさまざまな種類がありますが、一番相手が見えるのは一対一の面接です。面接は一次面接から始まり、二次面接、最終面接と続きます。

一次面接などで落ちる人は敬語が使えてなかったり、相手の目を見れてなかったりします。そもそも就活のマナーがきちんとできていない人をふるいにかける場所です。

しかし、一次面接などを通過して実力やマナーが問題なしとみなされても最終面接で落とされる人は一定数います。どういう人が最終面接で落ちるのでしょうか。ここでは、最終面接で落ちる人の特徴を紹介していきましょう。

新卒

まずは、新卒の就活生で最終面接で落ちる人の特徴をみていきます。新卒ということはまだ一度も社会人として働いたことがありません。ビジネスマナーが身に付いていないのは当然ですし、社会人としてのスキルもないに決まっています。

そういうときには何を見られているのでしょうか。まず、社会人になったときに素直に先輩や上司のアドバイスが聴けるかどうかを見られています。スキルは後から鍛えることも可能です。しかし、根本的な学ぶ姿勢などは鍛えることはできないでしょう。

また、当然会社との雰囲気が合うかどうかも判断材料に入ります。新卒一年目というのは、良くも悪くも染まりやすい時期です。そのときに素直に社風などに染まれるかどうかは会社にとっては最重要事項でしょう。

ですので、新卒で最終面接で落とされる人の特徴は、会社との相性が悪く、素直さがみられない人が多いでしょう。

転職・中途

さきほどは新卒採用のときに、最終面接で落ちる人の特徴をみてきました。ここでは、転職で中途採用の人の最終面接で落ちるパターンをみていきましょう。新卒採用との違いにも注目してください。

そもそも、企業が中途採用をする理由はなんでしょうか。中途採用ということは、新卒採用とは違い、すぐすぐ素直に自社の社風に染まってくれることもないでしょう。ある意味で生意気なところもあるでしょう。

それでも中途採用をする理由は即戦力が欲しいからです。企業の新しいプロジェクトや部署の戦力としてスキルをもって育成の必要のない人材を雇いたいということです。

つまり、最終面接で落ちる人の特徴は結局のところスキルが不足しているということです。スキルがないから即戦力になれないとみなされたということでしょう。

最終面接で落ちる理由

最終面接で落ちる人の特徴を紹介してきました。お次は最終面接で落ちる理由を詳しくみていきましょう。これから最終面接を控えている人は自分に当てはまるところがないか、よく読んでおきましょう。

話が違う

最終面接で落ちる理由のひとつに、これまでの面接と言っている内容が違うときです。言っていることに一貫性がないと、話しの通じない人と見なされて落とされてしまいます。

もちろん、自分の成し遂げたいことなどを考えていくうちに、これまでとは違った志望動機が生まれることは不思議ではありません。しかし、その場合は面接官にちゃんと伝えましょう。

他に優秀な人材がきた

就職活動は結局のところ優秀な人材から埋まっていきます。自分よりも優秀な人材がいれば、そちらが採用されてしまいます。自分が及第点だったとしても、他の人との競争に負けると残念な結果になってしまいます。

気を抜いている

最終面接で落ちる理由のひとつに就活生が気を抜いているというパターンもあります。就活生の中には最終面接のことを、単なる顔合わせと考えている人もいます。もちろんそういう場合もありますが、だからといって気を抜いていい訳ではありません。

そういう大事な場面で気を抜くと、仕事の場面でも詰めが甘いところがあるとみなされてしまう可能性もあります。最後まで気を抜かないようにしましょう。

目上の人とのコミュニケーション

最終面接は多くの場合、社長や役員の人が面接官を務めます。そういう立場の人は年配の人がおおいでしょう。社会で働くということは、学生のときとは違い自分と世代の違う人とのコミュニケーションをとる必要があります。それが満足にできないとみなされたとき落とされます。

雰囲気

最後に紹介する最終面接で落ちる理由は、雰囲気があわないということです。一番単純でもっとも重要な要素です。会社で働くということは、同じ会社の人と協力しあって生きていくということです。

そこで雰囲気のあわない人がいればスムーズに仕事がすすまなくなります。ですので、会社の雰囲気にあわないと考えられると、いくら優秀な人材でも合格できないでしょう。

最終面接で落ちる確率

最終面接で落ちる確率について話していきましょう。結論から言うと最終面接で落ちる確率は他の一次面接や二次面接、書類選考やグループワークなどに比べてかなり低いです。最終面接で落ちる確率はおよそ50パーセントと言われています。

つまり、最終面接にまでこぎつけた会社が二つあればどちらかは合格できる計算になります。一番最初の書類選考やグループワーク、一次面接などが最も落ちる可能性の高い選考です。

初期の選考で落とされるというのは、精査されたわけではなく、ふるいにかけられただけです。じっくり審査する以前に、基本的な能力に問題はないのかを判断されます。

そして最終面接にいくにつれて、就活生の本当の実力や人となり、会社との相性が見られます。ですので、実力的には申し分ない段階まできています。それもあり、最終面接で落とされる確率は他の選考よりも低いということです。

最終面接で落ちるときの交通費支給は?

最終面接で落とされたときの交通費の支給はあるのでしょうか。多くの会社では志望者が多いグループワークや一次面接では交通費は支給されません。その段階で交通費を全就活生に支払っていればとんでもない金額になります。

ですので、選考がすすんできて、ある程度人数が絞られたおきに交通費が支払われるパターンが多いでしょう。会社から一時間以内で通える人には交通費支給はありませんが、地方の学生など遠いところから面接を受けに来る学生に支払われることが多いです。

ですが、これも会社によるので調べておきましょう。あくまで就活生は会社に選考に進ませてもらう立場です。あとから、交通費をねだることは不可能でしょう。

最終面接で落ちるフラグ

お次は最終面接で落ちるフラグについてみていきます。落ちるフラグは絶対的な判断基準にはなりません。しかし、ある程度の確率で面接に通ったのか、落ちるのかを判断することができます。長年の就活生による経験値の蓄積でもあるので、信ぴょう性は期待できます。

メール

最終面接で落ちるフラグのひとつめは、選考の結果連絡をメールでする、と伝えられた時です。一見問題のないように思えますが、どういうことでしょうか。

企業にとっても採用活動は、会社の将来の繁栄がかかった大切な活動です。優秀な人材は喉から手が出るほど欲しいですし、使えない人にはきてほしくありません。そして、近年は就活生のサイドに有利な売り手市場が続いています。

いったん内定をだした学生が他の企業に合格してしまい、逃げられることも多いです。となれば会社側にとっては損失になります。それを避けるために就活生にその場で内定承認を確約したいと思うのが普通です。

以上から、最終面接で合格しているときは、その場で伝えられるか、電話が普通です。メールで連絡がくるということは必然的に落ちるフラグになります。

その場で合格

最終面接で落ちるフラグはその場で合格の握手がないときです。そもそもどの面接においても合否は面接をしている最中にわかります。最終面接まで残った学生の連絡をわざわざじらす必要はありません。買い手市場ならばなおさらです。

その場で合格を告げられないならば、不本意な結果になってしまう可能性が高いでしょう。もちろん絶対落ちたとは言い切れませんが、気持ちの切り替えをしておくことも大切です。

面接時間が長い

面接時間が長いことも最終面接で落ちるフラグのひとつです。そもそも面接は就活生が一緒に働くにあたいする人材かどうかを見極める行為です。その見極める時間が長いということは、判断に時間がかかっているということです。

優秀な人材ならば、すぐに一緒に働きたいとおもえますが、グレーゾーンにいる就活生は慎重に判断されます。結果的に面接時間が長くなってしまいます。

これが、一次面接や二次面接ならば話は別です。とりあえず、合格をだしておいて、あとから判断をすれば済みます。ですが、最終面接は次がないので、グレーゾーンにいる人は落としてしまったほうが無難という判断をされてしまいます。

面接時間が短い

さきほど、最終面接で落ちるフラグのひとつで面接時間が長いということを紹介しました。ここでは逆に面接時間が短い場合の落ちるフラグについてみていきます。

結論から言うと面接時間が短い場合は面接時間が長い場合と比べてフラグになるかどうかが曖昧です。面接時間が短いとは、就活性が優秀な人材すぎて、これ以上面接をしなくてよいと判断されたのか、就活性がダメすぎてこれ以上面接をする時間が惜しいと思われた場合の2パターンがあるからです。

面接時間が予定の半分で終わって、落ち込んでいたら、すぐに企業から合格の連絡がきたという例もあります。どうしても気になるならば、その場で面接時間が短い理由をきいてみると良いでしょう。

最終面接の結果報告の連絡が遅い

最期に一番信ぴょう性が高い、最終面接で落ちるフラグを紹介します。それは、最終面接の結果報告の連絡が遅いということです。遅いと判断する目安としては、3日以上です。1週間以上連絡がないとあきらめたほうがいいです。

では、なぜ企業は不合格の就活生に対しての連絡が遅いのでしょうか。それは、就活生に対しての印象操作です。不合格にされた企業に対して就活生はよいイメージをもちづらいです。最終面接まで選考がすすんだとなればなおさらでしょう。

企業だってビジネスをしています。就活生もいつかお客様になる可能性が高いです。お客様に嫌われるリスクは減らしたいと考えるのが普通です。

したがって、結果報告を遅らせて、就活生に自社に対する意識を薄れさせ、不合格かもと感じさせてから結果を送るという方法をとっています。

最終面接で落ちる人の実力は?

ここまで最終面接で落ちることについてたくさんのことを記述してきました。例えば、最終面接で落ちる人の特徴や最終面接で落ちる理由、最終面接で落ちるフラグ、などなどです。

最終面接で落ちるということは、実力は認められている可能性が高いということです。それは、一次面接や二次面接、書類選考、グループワークなどを合格していることからもわかります。

しかし、最終面接で落とされる人も当然一定数います。実力不足というよりは、会社の雰囲気やいまいる社員の雰囲気とマッチしていないことが原因である場合が多いでしょう。

雰囲気ばかりはどうしようもありません。雰囲気があっていない会社に入るよりは、自分が働きやすい会社を見つけるほうがよいでしょう。そして、日本には400万社以上の会社があります。自分が本当に働き易い会社は絶対にあります。それを見つけるまで研鑽に努めましょう。

Latests