Search

検索したいワードを入力してください

【車種別】運転が上手くなるコツ|雪道/左ハンドル/ハイエース

初回公開日:2018年03月16日

更新日:2018年03月16日

記載されている内容は2018年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

車の運転にはコツがあります。便利な乗り物ですので、操作が簡単ですが、さらに上達するにはコツを把握した上で運転をすることが大切です。今回は、車の運転が少しでも上手く、そして安全に行えるように、いろいろな方法をご紹介しています。ぜひ、お役立てください!

運転が上手くなるコツがあるの?

日頃、車でどういった運転をしていますか。法規走行をすることが基本ですが、落ち着いたスムーズな操作ができなければ、公道ではいつ事故に遭ってもおかしくありません。適切な速度を守ることも重要なことですが、事故は突然起きる危険な惨事です。

車は運転席のハンドル操作とアクセルペダルを中心として操作します。いずれでも、各道路に合った適切な運転が必要となります。車の操作にはコツがあり、恐怖心があると、どうしても適切な運転ができない状況があります。

今回は、車の運転が上手くなるコツをご紹介いたします。免許を取ったばかりの方、運転に自信がない方など、きっと参考になりますので、安全運転の基準としてください。

ハイエースの場合は?

ハイエースという大きなモデルの場合、最善のコツがあります。それは、全長を把握しておくことです。小さなモデルであれば、視野のみで容易に右左折ができますが、大きなモデルになると、視野だけでは操作できません。

つまり、車のサイズによって操作するポイントが大きく異なります。ハイエースですと横幅もあり、後ろも長い車両ですので、カーブを曲がる際にゆとりを持った曲がり方が必要です。特に大きな車は、カーブを少し超えた辺りからゆったりと曲がる必要があります。これにより、長い車体が悠然と曲がることができます。

ミニバンの場合は?

快適な車両のミニバンですが、こちらでも似た感覚のコツがあります。車幅と全長がありますので、コーナリングにポイントがあります。直線の車線であれば、真っ直ぐ走行するだけで安定しますが、カーブを曲がるには、車体の半分程度、運転席がコーナーを超えてからしっかりとハンドル操作で曲がり切る感覚が必須です。

ミニバンは、ハイエースと違って運転席から車両の先端までの距離がありますので、先端がどの辺りを通過しているかの感覚を持って走行することが最大のコツです。大きな車で、綺麗にコーナーを曲がれるようになると、トラックでも同じように安定した感覚を身に付けることができます。

4トントラックの場合は?

小さな区分のトラックですが4トンの車両があります。普通車と比較すれば、かなり大きく感じる車両です。ですが、こちらもおおまかな感覚やコツは同じです。やはり、運転席から後方までの全長を意識できるかが最大のコツとなります。特に4トントラックですと、ルームミラーでの後方確認ができないモデルがあります。

後方確認ができない仕様ですと、左右のバックミラーで後続車の有無を確認するしかありません。ですので、常時「左右のミラーで後続車を確認して運転」することが大きなコツとなります。特にコーナーでは、巻き込み事故を起こしてしまうケースがありますので、ミラーを駆使しながら、適切なハンドル操作をして曲がりましょう。

セダンの場合は?

普通車であるセダンですが、こちらにも操作のコツがあります。それは、車間距離です。車は車間距離を保つことで、適切なブレーキングを実践できます。急いでいたり、車両を煽って運転することはとても危険です。セダンタイプは車高が低く、運転席から先端までの距離もあります。

そのため、距離感が掴みにくいことがありますので、多めの車間距離をとって走行しましょう。追突事故というのは、大抵が車間距離を詰め過ぎた結果起こる事故です。急いでいてイライラするのであれば、早目の時間から出発すれば、ゆとりある運転で目的地へ着くことができます。

やはり、車間距離を詰めないで走行することが、何よりものコツと言えます。事故は一瞬で起きてしまいます。「早起きは三文の得」と言うように、少し早起きをして出掛けてみませんか。

シーンによっても運転のコツが違うの?

車を運転すると言っても、そのシーンは千差万別です。仕事や趣味で扱う車両ですが、公道に出ればいろいろな場面に遭遇します。どれも一律で同じ操作では、やはり危険を誘発するケースも存在しています。季節によっても路面状況は大きく異なります。

いすれにしても、それぞれのコツを把握しておくことで、常に安全で安定した走行を実践することができます。それでは、順次ご紹介して参りましょう。ぜひ、参考にしてください。

高速道路の場合は?

高速道路は、一般道の下道とは走行スタイルが大きく異なります。最低速度が決まっていますので、それに従って走行することが基本となります。その最低速度は「時速50㎞」です。一般道路であれば、ごく普通に感じる速度ですが、高速道路ですと時速50㎞ではかなり遅い速度です。

なぜなら、周囲は時速100㎞やそれ以上の速度で走行している車両が多いです。その中で、約半分の速度で走行することは、時として非常に危険を伴います。そのため、運転が上手くなるためには、時速90㎞以上での巡行運転を行いましょう。そして、特に急いでいる場合を除き、1番左の走行車線や複数車線ある高速道であれば、中央を走行しましょう。

これにより、大きな事故に遭遇することはなくなります。大事故とは、車間距離を詰め過ぎたり、無茶な速度で走行した場合に起きています。

雪道の場合は?

寒冷期に雪が降って積もってしまった場合でも走行にコツがあります。基本的には、スタッドレスタイヤやチェーンを駆使して走行することが大事ですが、それ以上に重要なコツは速度を上げないことです。雪道では、ハンドル操作が効かない場面があります。車を操作する上で、ハンドル操作ができないことほど恐ろしいことはありません。

特に北国で運転をする際、完全な冬装備をしていても速度を出すことは危険です。いかにゆっくり走行するかがコツですので、急用を作らないことも肝要です。

長距離の場合は?

遊びや仕事で長距離を走行することもあるでしょう。長距離走行の大きなコツと言えば、なるべく「真っ直ぐな道を選んで走行」することです。あまりに曲がる回数が多い場合、余計な体力や神経を使いますので、極力大きな道を走行しましょう。それには、先に述べたように高速道路を利用することがおすすめです。

首都圏以外の高速道路であれば、クネクネ曲がった道路は少ないです、そのため、真っ直ぐ走行するのみですので、上手な操作テクニックがなくても、誰しもが容易に目的地に到着することができます。

坂道の場合は?

地域によっては、坂道が多い地域もあります。急な坂道では車の操作をすることが困難なケースがあります。ですがコツがありますので、ご紹介いたしましょう。坂道走行では、アクセルを通常の道路の2倍近く踏み込んで通過しましょう。車は負荷がかかることで、前進できなくなります。そのため、負荷を受ける坂道では余計にアクセルを踏み込みましょう。

これにより、通常の道路と同じように通過することができます。また、下り坂であれば今度はアクセルから足を離して、ブレーキを駆使しながらゆっくり通過しましょう。この時、車間距離を空けることも忘れずに実践しましょう。こういった安全意識を持った走行を実践することで、交通事故は一切なくなります。

国道の場合は?

各地域に通っている国道ですが、こちらでは、おおむね大きなトラックが走行することが多いです。運搬業のトラックですので、中には間に合うようにと急いで走行している車両もいます。そのため、ゆっくり走行していると、煽られたり、パッシングされてしまうことがあります。

車線が複数ある国道であれば、1番左側の車線を走行しておけば、大きなトラックなどの急いでいる車両に煽られる心配はありません。ですので、上手に運転するコツとしては、速度を周囲と合わせて走行するか、ゆっくり走る場合には車線を検討して走行することです。制限速度を超えて追い抜いてくる車両もありますので、事故にならないように留意しましょう。

カーブの場合は?

車の運転で一番コツを必要とする箇所がカーブです。直線であればアクセルを踏んでいればそれでいいのですが、カーブではドライバーの技術が顕著となります。たとえば、大きく膨らんでカーブを曲がることは決して上手な操作ではありません。なぜなら、人身事故を誘発したり、対向車と衝突する恐れがあります。

カーブするコツは、路肩に沿ってゆっくり曲がることです。早く曲がることが正しい走行とは限りません。ゆっくりと的確にコーナリングしましょう。これにより、横断歩道を通行する歩行者に気が付いたり、急に飛び出してくる自転車を回避することにも繋がりますので、走行時の最大のコツと言えるでしょう。

左ハンドル車の運転のコツとは?

外国車は左ハンドル仕様のものが多く、中でも日本車にはないフォルムであったり、高いデザインをもった車があります。そうした車両に魅了された外車の愛好家も多くいますが、日本での運転には無理が生じていないのでしょうか。

ハンドルの位置が異なるだけですので、少しのコツを覚えることで、容易に操作することができます。まずはじめに、走行する車線の左側に寄って中央車線を飛び越えない運転の仕方から始めてみましょう。これにより、半日程度運転していれば、車線幅の感覚が身に付きます。

また、ウィンカーやワイパーの位置も反対側に装備しているモデルもありますので、始めは間違えてしまうことが多いです。間違えないように、ウィンカーレバーには色付きのビニールテープなどの目印を付けておきましょう。これにより、右左折時に的確な操作ができますので、後続車への迷惑ともなりません。

形式によって運転のコツが変わるの?

車には2つの形式があります。マニュアルと言って、ギアチェンジもアナログ的に操作したり、クラッチというペダルが1つ多くあるタイプと、オートマチックと言って、足のペダルを中心として、簡単に運転操作ができるタイプがあります。昨今では、後者のオートマチック形式の車が主流となっていますが、車好きな方はマニュアル車を好む傾向もあります。

いずれも慣れてしまえばスムーズな走行を満喫できますが、操作が異なりますので、それぞれに多少のコツがあります。それでは、順次ご紹介いたしましょう。

マニュアル車の上手な運転方法とは?

アナログ形式な運転となるマニュアル車ですが、どういったコツが必要かと言えば、それはクラッチの扱い方です。クラッチとは、ギアを変える時に使うペダルですが、ベストタイミングで切ったり、繋いだりすることで、とても快適な走行を体感することができます。中でも、「半クラッチ」という操作を覚えることが最も重要となります。

半クラッチ、通称「半クラ」はギアを変えた後、いきなりタイヤへ駆動力を伝えず、徐々に速度を上げるために使う操作です。そのため、ギクシャクしないで走行するには、スムーズに半クラを操作することが最大のコツと言えます。

オートマチック車の操作にはコツがあるの?

とても便利な形式と言えるオートマチック形式の車の場合では、どのようなコツがあるかと言えば、それはハンドリングです。マニュアル車のようにギアチェンジの操作がないため、加速しやすい車両です。そのため、ハンドルをいかに小さく使うかによって、無駄な動きをなくすことができます。

さらに重要な運転のコツは、ブレーキングです。アクセルペダルを踏み込むことで、簡単に速度を上げることができますので、その反面ではいかにブレーキを使うかがポイントです。当然ながら、急ブレーキを使うことは危険です。そのため、半クラと同じように、徐々にブレーキングすることがマニュアル形式車両では重要なコツとなります。

国内で主流の車両ですので、そうした運転を心掛けることで、安全な走行が簡単にできます。そして、いずれの車両においても「車間距離」を十分に開けることが車を運転するコツです。

大きさによって運転のコツが変わるの?

車の大きさによっても、必要となる運転のコツが違います。大きさが変わると視界も変わります。座る位置が異なってきますので、高い場合や低い場合など、車両によってもさまざまです。それでは各車両において、運転のコツをご紹介いたします。

軽自動車の場合は?

車の中で、一番小さなサイズなのが軽自動車です。排気量も660㏄という最小サイズです。軽自動車の場合、排気量が小さいですので、「高回転域を使わない運転方法」が重要なコツとなります。排気量とはパワーですので、小さなパワーで無理な速度を出してしまうと、大きな損傷を招くケースがあります。そのため、法定速度内で走行することが最善のコツと言えます。

普通車の場合は?

軽自動車より大きい車両ですので、高回転域は使えるのですが、車体サイズが大きくなりますので、やはり車両の長さと幅を感覚的に覚えておかなければいけません。そのため、大きな道路で車線の感覚や、右左折時の内輪差などの感覚を覚えておくことが重要なコツと言えます。

トラックの場合は?

大きな車両ですので操作が難しいと感じますが、車高が高く視界性がよいので、周囲を見渡しやすい車です。そのため、アクセルワークが重要なコツとなります。トッラクは主に低回転域を重視して走行する車両ですので、無理な高回転を使うことで、ブレーキングを誤ったり、的確な停止ができなくなります。

また、セダン車のように前方にエンジンがある車両ではありませんので、前の車両を煽ってしまうことがあります。そのため「車間距離」を多目にとることがコツです。これにより常に安全な走行をすることができます。

時間帯によって運転のコツが変わるの?

公道では、車で24時間走行することが可能ですので、走る時間帯によっても運転するコツが異なってきます。朝方と夜中では、当然ながら視界性が違います。「視界と車の運転」には密接した関係がありますので、免許を持っている方は意識した走行が必須です。

朝の場合は?

明るい時間帯であれば、視界性は良好です。ほとんどの車両や歩行者を確認できる時間帯です。そのため、速度を上げて走行することも可能です。ただし、車間距離を開けることを忘れてしまうドライバーが多い時間と言えます。前方車両を煽る走行は警察官に罰せらます。ですので、ゆとりある運転をすることがコツと言えるでしょう。

夜の場合は?

夜間の走行は日中とは大きく異なります、特に街灯がない地域ですと「ヘッドライトの範囲しか見えない」ことがあります。ですので、速度を上げない走行がベストです。脇道から動物が飛び出してくることもあり、急ブレーキを踏んで転倒してしまうケースも存在しています。

そのため、夜間走行は法定速度以下で走行することが最も大切なコツです。夜間の運転には危険が付き物ですので、ぜひ留意しておきましょう。

運転のコツを覚えたらゴールド免許を取得しよう!

今回は、「車の運転」の方法についてご紹介して参りました。少しアクセルを踏み込むだけで、簡単に大きな速度が出せる便利な乗り物ですが、その反面では危険が付きまとう乗り物です。特に、「運転に慣れてきた頃に違反や事故」を起こしてしまう傾向があります。現在、教習所に通っている方の場合、学んでいる走行方法を忘れずに実践しましょう。

事故を起こしてしまうと残念なことに、人生を台なしにしてしまうケースもあります。便利な乗り物とは言え、ドライバーのスキルがなければ事故は減りません。安全な走行をすることで、楽しいドライブを経てレジャーや観光ができますので、ぜひゴールド免許を取得して素敵な愛車で安全走行を実践しましょう。

Latests