Search

検索したいワードを入力してください

オイル漏れの修理方法・添加剤・修理代の目安

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は、エンジンオイル漏れの修理方法や、オイル漏れを修理する添加剤のご紹介、オイル漏れを実際に修理した時の修理費用について詳しく解説していきます。車検時にオイル漏れが発覚し、車検に通らない方や、オイル漏れを修理したい方は必読です。

オイル漏れの修理方法について

今回は、車やバイクの走行距離が伸びて行くと発生することが多い、オイル漏れの修理方法について詳しく解説していきます。

多くのオイル漏れの要因は、過走行によるエンジン内部パーツの劣化であり、高温と低音を繰り返すエンジンは少しずつ弱っていきます。特に、エンジンのパーツが組まれている間のパッキンはは熱によって劣化しやすく、ほとんどのオイル漏れの原因は、このパッキンとなっています。

それでは、詳しくオイル漏れの修理方法や車検の際にオイル漏れはバレてしまうのか、オイル漏れの修理代金について詳しくご紹介していきます。

油圧ジャッキ

自動車の整備などする際に、油圧ジャッキという整備用品を利用しますが、この製品もパッキンの劣化によって、オイル漏れが発生することがあります。

多くのオイル漏れは油圧がかかる部分で起こり、油圧ジャッキのオイル漏れを修理するには、取り扱い説明書に書かれているパッキンの交換を行うことで、オイル漏れを治すことが可能です。

この際に漏れた分のオイルを注入する必要があるので、別途ホームセンターなどに販売されている油圧ジャッキ専用のオイルを購入しておきましょう。

自動車

自動車のオイル漏れを修理する方法は、エンジンをオーバーホールする必要があります。どの部分からオイル漏れがあるのか下調べし、漏れている部分のパッキンまたは、ヘッドガスケットなどの交換を行うことで修理することが可能となっております。

しかし、この作業はエンジンを組み直す知識が必要ですので、最寄りのカーショップに依頼するのがな修理方法です。

エンジン上部にあるヘッドカバーからのオイル漏れなどは、数カ所のナットを緩めるだけで、パッキンなどの交換が行えるので、ある程度の知識があれば修理することも可能です。

オイル漏れに添加剤

オイル漏れが発生した際に、なオイル漏を修理する添加剤をご紹介していきます。

ピットワーク オイルシーリング

こちらのピットワークのオイルシーリング剤は、エンジンやミッション、パワステなどのオイル漏れを修理する添加剤です。この添加剤は、オイルと一緒に混合して注入し、このピットワークの成分がオイル漏れをしている箇所を、上から埋めるようにしてオイル漏れを治す効果があります。

この製品を使用することで、オイル漏れを治す整備費用などよりも、大幅に安く済ませることができますし、長期間オイル漏れを防ぐことで実績もありますので、他のオイル漏れ添加剤よりもできる製品となっております。

スバルのサンバーに乗っています。持病とも言われているエンジンオイルの漏れを車検の際に直すとかなりの金額がかかると言われ,試しに入れてみようと思いました。他のかたのレビューにもある通り最終兵器といえる商品かと思います。使用した結果しっかりオイル漏れは止まりました。素晴らしいです!!値段も他製品に比べて高いですが当たり前!性能良しです!!また困ったときには頼ろうかと思います(^^)

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B5%E3%8... |

車検でオイル漏れは分かるのか

車検時に車体下などを確認しますが、その時にオイル漏れは発覚してしまうのかをご紹介していきます。

微量なオイル漏れ

オイル漏れが発生している場合は、車検に通すことが難しく修理する必要が出てきます。その場合にオイル漏れの量が微量であれば、問題なく車検に通すことが可能です。

車検の際に車体下の確認などを行う場合があるために、微量のオイル漏れであれば目立ちにくく、そのまま車検に通ることが多いです。そのような場合はオイル漏れの添加剤を注入してみるか、パーツクリーナーなどで洗浄しておくとより目立たなくさせることができるでしょう。

地面に落ちるオイル漏れ

エンジンオイル漏れが車体から、地面に落ちるぐらいになってしまうと、エンジン下部のオイルパンなどがオイルで汚れたりするので、車検で指摘されることが多くなります。

こちらは、車検場の方の判断によりますがエンジンをかけていて、すぐにエンジンオイルが地面に落ちるようであれば、車検にとおりにくいと言っていいでしょう。

このようなシュチュエーションの場合は、エンジンオイル漏れ防止添加剤やタペットパッキンなどの修理が必要となるでしょう。

オイル漏れの原因とは

なぜ、エンジンオイルの漏れが発生してしまうのか気になる方もおられるでしょう。オイル漏れの原因のほとんどは、エンジンのつなぎ合わせに使用されるパッキン類の劣化となります。

日常でよく使用する車や、バイクのオイル漏れが発生する他の要因や、オイル漏れを少しでも抑える方法などを踏まえてご紹介していきます。

自動車

普段よく使用する自動車ですが、エンジンに負荷がかかればかかるほど、エンジンオイル漏れの発生を促す傾向にあります。この負荷は、停車中であってもかかっており、特に夏の停車中にエアコンを使用していると、エンジン類にダメージを与えることが多いです。

走行しているときは、風によって冷却されておりますが、停車中は熱がこもりやすく過酷な環境となっております。このような過酷な環境が続くことで、エンジン内部に使用されているパッキンにダメージが加わり劣化していきます。

そして、この劣化が進行していくと、エンジンオイルを密封できなくなってしまいエンジンオイルが漏れてしまうシュチュエーションとなります。

Latests