Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】語彙力をつけるにはおすすめの勉強法と教材|子ども

初回公開日:2017年11月06日

更新日:2019年02月19日

記載されている内容は2017年11月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

語彙力とは、多くの種類の言葉を知っている力のことです。語彙力アップのためには何をすれば良いでしょうか。語彙力をつけるには最適な勉強法が必要です。この記事では、幼児、子ども、小学生、中学生と年代別に「語彙力をつけるには」をテーマに具体的な学習法を紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

年代別語彙力をつけるにはオススメの勉強法

語彙力とは、多くの言葉を使い分けることができる力です。語彙力があれば文章を書く時もプレゼンテーションやスピーチで話をする時も、さまざまな表現を用いることができます。語彙力があるとビジネスの場でも日常生活でも人に知的な印象を与えます。

語彙力をつけるには適切な勉強法が必要です。そこで、幼児、子ども、小学生、中学生と年代別の勉強法を見ていきましょう。語彙力をつけるには日々の努力が大切です。特に十代の若い時期から語彙力を高める勉強をすれば、巧みな表現方法をたくさん知っている大人になれます。

語彙力は聴く力でもあります。相手が難しい言葉を語って意味が分からないと会話が途切れてしまいます。語彙力がある人は難しい言葉を言われても意味がわかるので相手も喜びます。1を言われて10をわかる人と対話をするのは喜びです。

幼児が語彙力をつけるには

よく喋るお母さんの子どもは言葉を覚えるのが早いと言われます。幼少期に語彙力をつけるには親の言葉が重要になってきます。子どもと一緒にいる時間が一番長いのは一般的に母親ですが、父親や祖父母など子どもと接する大人も、語彙力を高める勉強法を意識して話しかけると良いでしょう。

例えば「テレビをつけます」「新聞をポストから取ってきます」「電気をつけます」と正しい日本語を声に出して子どもに聴かせます。まだ赤ちゃんで喋ることができなくても耳で聴いています。「チャリ」と言わず「自転車」と意識して正しい日本語を聴かせます。

幼児が語彙力をつけるには親の語彙力が問われます。幼少期にどれだけ多くの言葉を聴かせることができるかが重要です。「布団を畳みましょう」「パジャマを脱ぎましょう」「Tシャツを着ましょう」「石鹸で手を洗いましょう」「しっかりうがいをしましょう」と言葉の海の中で育てます。

語彙力をつけるには絵本が最適

幼児が語彙力をつけるには絵本が最適でしょう。絵本を読み聴かせれば自然に色々な言葉を覚えていきます。幼児向けの絵本は簡単な言葉で書かれているので、物語を楽しみながら無理なく学習することができます。

語彙力をつけるには親の読み聴かせだけでなく、子ども自身が読むと良いでしょう。子どもが音読して親が聴きます。読めない字があれば教えてあげます。語彙力をつけるには絵本を読むことを習慣にすると良いでしょう。

語彙力をつけるには会話が大切です。子どもが一生懸命話しかけているのにスマホを見て「後で」と親に言われたら、子どもは悲しい気持ちになります。幼児が語彙力をつけるには、しっかり向き合って会話の時間を増やすことです。

子どもが語彙力をつけるには

幼稚園や保育園に通う年代になれば、親だけでなく先生との会話も増え、語彙力を高める良い環境になります。子どもが語彙力をつけるには会話のキャッチボールをすることです。子ども同士だとまだお互いに多くの言葉を知りません。子どもが語彙力をつけるには語彙力のある大人との会話が最適です。

成長すれば絵本だけではなく、普通の本を読むことができます。語彙力をつけるには、何といっても読書が最適な勉強法でしょう。本には色々な言葉が出てきます。知らない言葉も多く出てくるので読書は自然に語彙力を高めます。

9歳までは頭脳が柔軟な時期なので難しい言葉も自然に覚えます。大人が子どもに「よくそんな難しい言葉を知ってるね」と言って驚く場面があります。子どもだからこそ多くの難解な言葉も覚えられるので、どんどん難しい言葉も聴かせることが大事です。

小学生が語彙力をつけるには

小学生が語彙力をつけるには、小学校の国語の教科書が最適なテキストでしょう。小学生になれば、親が勉強法を教えるだけで後は自力で学習できます。語彙力をつけるには、国語の教科書を音読し、意味の分からない言葉が出てきたらノートに書き込み辞書で調べます。

読んでは初めて聞く言葉をノートに書き、辞書で調べるという勉強を繰り返せば、語彙力が高まります。国語の教科書は、その年代の児童に覚えてほしい言葉が盛り込まれているので、語彙力をつけるには最適なテキストになります。

小学生になれば小説も読みます。小説はストーリーを楽しみながら自然に語彙力を高める最高の勉強法です。新しい言葉だけでなく、初めて目にする表現方法に関心を抱くこともあるでしょう。語彙力をつけるには読書の習慣を身につけることです。親が良書を選んであげるのも良いでしょう。

作文や詩を書く勉強法

小学生の国語の授業では作文を書きます。作文や詩を書くのは語彙力をつけるには最適な勉強法になります。書くことにより知っている言葉の少なさに気づくことがあります。作文や詩を書く時に「もっと他の表現方法はないか」「もっと別の言葉はないか」と知恵を絞り、紡ぎ出す作業が大切です。

子どもは好奇心が旺盛です。「もっと言葉を知りたい」という欲求が、語彙力をつけるには大事なことです。語彙力をつけるには多くの詩を読み、作文コンクールの優秀作品などを読み、書きたい欲求を刺激します。語彙力をつけるには読むと書くの繰り返しを実践することです。

画家は自然の風景を見てスケッチします。語彙力をつけるには自然の風景を見ながら文でスケッチします。小学生もよく公園などでスケッチしますが、絵ではなく言葉でノートに書きます。「大きな噴水」「ベンチにはお母さんと小さな子ども」など、見て感じたものを言葉で表現する勉強法は効果があります。

中学生が語彙力をつけるには

中学生が語彙力をつけるには、小学生と同じで国語の教科書をテキストにします。国語の教科書を読み、初めて見る言葉や漢字、意味の分からない言葉をノートに書き込み、辞書で調べます。この繰り返しで着実に語彙力が高まります。

語彙力をつけるには本をたくさん読み、作文や詩を書くことです。読むと書くの繰り返しで使える言葉が増えていきます。百人一首も語彙力を高める遊びとして良いでしょう。「キモイ」「ウザイ」「キョドッテル」などはビジネスの場では一切使えない言葉です。語彙力があれば知的な会話をすることができます。

テレビの食リポでも「超絶うまい」「マジヤバイ」では伝わりません。語彙力をつけるには、上手な食リポも参考になります。「芳ばしい香り」「甘味の中にもいちごの酸味が広がります」「生地に秘伝のたれが染み込んでいます」と、テレビを見ながら印象的な言葉をインプットするのも良いでしょう。

英語の語彙力をつけるにはオススメの教材

英語の語彙力をつけるには最適な教材を見つけることが大事です。自己流で覚えられるものではありません。「イングリッシュアドベンチャー」や「スピードラーニング」が有名ですが、他にもベストセラーがあります。

英会話なるほどフレーズ100

『英会話なるほどフレーズ100』が人気です。著者は日本語の弁論大会で優勝したこともあるスティーブ・ソレイシイと、その母ロビン・ソレイシイです。ロビン・ソレイシイは講師として幅広く英語を教えている人です。

日本人に対して「もっと簡単な英語を話そう」をモットーに、実際にアメリカ人が日常的に使っている生きた英語を教えてくれます。イラストが豊富なので分かりやすく、CDも付いているので正しい発音を聴くことができます。暗記用に「100フレーズ・リスト」もあります。

基本フレーズ100と、応用のための発展フレーズ100をマスターして、ナチュラルな英語を覚えることができます。英語の語彙力をつけるには楽しく学べる『英会話フレーズ100』がおすすめです。単行本239ページで、価格は1814円です。

語彙力をつけるにはに関するオススメの本

語彙力をつけるには、語彙力を高めるための本を読むことも大切でしょう。読書をすること自体が語彙力を高めるために効果があります。ましてや「語彙力をつけるには」というテーマで書かれている本を読むことが、語彙力アップのために最適なことは言うまでもありません。

大人の語彙力が面白いほど身につく本

『大人の語彙力が面白いほど身につく本』は15万部突破のベストセラーで、シリーズ2も発刊されています。小学生・中学生のための語彙力アップの本もたくさん売られていますが、大人こそ語彙力の少なさはビジネスにも支障をきたします。

本の帯には「あなたの会話力に革命が起きる」とあります。説得力のある便利な言葉や交渉に役立つ言葉も紹介されています。「補助線」や「最適解」など日頃使わない言葉を覚えることで、知的な相手とも格調高い会話が可能になります。

「ジャイアント・キリング」などカタカナ言葉の意味や、間違いやすい言葉、多くの人が意味を間違えている言葉の例文も豊富です。例えば「姑息」は「卑怯」という意味ではありません。「話題の達人倶楽部」編集で1080円です。831ページとボリューム満点なので一気に読めなくても辞書として活用できます。

語彙力をつけるにはオススメのアプリ

『語彙力診断 FREE』は、あなたの語彙力を診断し、足りない語彙力を補ってくれるアプリです。全20問で語彙力をチェックします。画面に手書き入力で直接文字を書き込むクイズが特徴です。語彙リストや漢字練習など豊富な学習コンテンツで語彙力アップを目指します。

『カタカナビジネス用語問題集』は、ビジネスの場で登場する頻度が多いカタカナビジネス用語をクイズで学習し、意味を覚えます。新入社員には聞き慣れないカタカナ言葉を覚えられる便利なアプリです。ビジネスの場では、カタカナで語るべきか日本語で語るべきか判断することも大切です。

『国語力クイズ4500問 無料国語学習の決定版』は、一問一答形式の問題3800問と、四択クイズが700問というボリューム満点の問題集で語彙力をアップします。

日本語の語彙力をつけるにはオススメの教材

『生きる現代文読解語』は、900語以上の言葉が網羅されています。穴埋めや要約型の問題で生きた語彙力を身につける教材です。

『現代文キーワード読解』は、小説の中によく登場する言葉を学びます。そして、センター試験から厳選した問題を解く実戦的なトレーニングができます。図解やイラストで分かりやすい解説が特徴の教材です。

『読解評論文キーワード頻度225語&テーマ理解&読解演習50題』は、哲学、思想、文化、科学、近代、現代などテーマに沿った50題の評論を読みながら語彙力をアップします。図解が豊富で多角的に学べる教材です。

語彙力をつけるには書くことが一番

「語彙力をつけるには」というテーマで、年代別の勉強法などあらゆる角度から語彙力アップの秘訣を見てきました。やはり語彙力を高める一番の近道は書くことです。パソコンでも良いです。文章を書く時、語彙力不足を痛感することがあります。そして「もっと語彙力を高めたい」という欲求が湧いてきます。

文章を書く機会が少ない人は語彙力のことなど考えないでしょう。日頃から文章を書くことにより、色々な表現方法を知りたくなり、自発能動で意欲的に語彙力アップの勉強を始めます。一流の文学作品に触れ、語彙力が高まると文章を書きたくなります。よく書く人は自然に語彙が増えていきます。

語彙力が高まれば、プレゼンテーションやスピーチで力を発揮することができます。巧みな比喩や明快な表現力を披露すれば、皆に知的な印象を与えることになるでしょう。語彙力は人間的魅力を輝かせます。

Latests