Search

検索したいワードを入力してください

つる幸のランチの口コミ・ミシュランをとった時期・メニュー

初回公開日:2018年04月26日

更新日:2018年04月26日

記載されている内容は2018年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

つる幸は、金沢を代表する懐石料理店です。金沢名物の蟹や能登牛、オマール海老や鴨を使った伝統的な会席料理と料理長の創作料理を提供しています。つる幸の場所は、金沢駅と金沢城のほぼ中間という立地のため地元の人だけでなく、観光でもつる幸のランチを楽しむこともできます。

懐石 つる幸のご紹介

つる幸は、石川県金沢市にある懐石料理店です。金沢は2015年3月に北陸新幹線が開通しぐっと身近になりました。北陸新幹線の「かがやき」なら東京から2時間30分程で金沢に到着します。日帰り圏内となった金沢で観光とともに懐石料理を楽しめるお店です。

金沢駅から歩いて約15分、金沢駅と金沢城跡のほぼ中間にあたる場所にあります。おもむきのある入り口から手入れの行き届いた日本家屋の落ち着いた空間が感じられます。つる幸は、現在の料理長である河田康雄さんの父である河田三朗さんが、50年ほど前に創業した名店です。

初代の三朗さんは食材や環境から現在の場所で「つる幸」を創業し、金沢の海の幸や加賀野菜を活かした日本料理で高い評価を得ていました。金沢市では、一定の要件を満たした料亭や和風旅館を「金沢もてなしの伝統文化資産」として認定する制度があります。つる幸は、第一次認定を受けた14店舗のうちの1店です。

料理長の河田康雄さん

現在は、河田康雄さんが料理長として活躍されています。高校卒業後に京都の有名料亭である「味吉兆」に修行に入られました。7年間の修行を経て25歳の時実家である「つる幸」へ戻り、父三朗さんの元で修行を続けられました。

2007年に料理長に就任され、和の伝統だけでなく新しい食材、料理法を取り入れた創作料理も高い評価を得ています。地元のNHK金沢では、料理コーナーを担当したり、カンヌ映画祭のパーティー「ジャパンナイト」で日本料理の実演を行うなど活躍されました。

料理人としての厳しい一面とは別に、情熱大陸に出演した際には、ご自分の趣味であるアニメやマンガについて語ったています。上京した際に秋葉原を回ったことをブログで話したりする人柄が慕われています。

料理の鉄人との対戦

つる幸のランチの口コミ・ミシュランをとった時期・メニュー

河田さんは、1990年代にフジテレビで放送されていた人気番組の「料理の鉄人」への出演もされています。料理の鉄人は、番組の認定した「鉄人」と呼ばれる和洋中のシェフ達と挑戦するシェフ達が料理で競うバトル番組でした。スタジオに特設のキッチンが作られ、シェフは決められた「テーマ食材」を元にアイディアと技術を駆使し競い合います。

河田さんは、この番組に1994年に28歳で出演して「和食の鉄人」である道場六三郎さんと「あんこう」をテーマ食材として対決しました。残念ながら対戦は道場さんの勝利でしたが、河田さんの実力とアイディアから生まれる料理の数々に名勝負と呼ばれる対戦となりました。

つる幸のランチメニュー

つる幸では、12:00〜15:00(ランチ最終入店時間13:15)にランチの提供もしています。ディナーと同じコースメニューの他にランチメニューとしてミニ懐石コースやうな重のコースも用意されています。

料理の内容は、季節や当日の仕入れによってメニューが変わります。予約の際にメニューの内容を確認しましょう。また、コースでの食事は、2時間程の時間をかけての食事になるため、時間の取れない観光旅行などでは、懐石のコースよりうな重のランチを楽しむのがおすすめです。

ランチの魅力

敷居の高さを感じる懐石料理もランチなら気軽に楽しめます。つる幸でのうな重のランチは、人気メニューでリーズナブルな値段でつる幸の料理を味わえるコースとなっています。ランチといってもうな重以外に前菜・八寸・吸物・お造り・凌ぎ・蒸物・素物・果物とあります。しっかりコースとして楽しめるメニューとなっています。

うな重のランチは、平日のみとなっています。つる幸は、不定休ですので予約の際に確認が必要です。またうな重のコースは、2名からの予約で椅子席での食事となっています。座敷席を希望する時は、他のコースを選ぶ必要があります。

つる幸がミシュランに掲載された時期

つる幸は、「食べログ」で3年連続1を取るなど評価の高い店ですが、世界的に評価されたのがミシュランです。2016年に発売された地方ミシュランで2つ星を獲得しました。まさに金沢を代表する懐石料理店といえます。

ミシュランとは

ミシュランは、「ミシュランガイド」と呼ばれるレストランやホテルのサービスを紹介するガイドブックです。フランスのタイヤメーカーであるミシュランが1900年に発行した観光ガイドが元となっています。ミシュランガイドには、観光地を評価や紹介している旅行ガイドや自動車旅行に特化した道路地図など複数のガイドがあります。

ミシュランガイドは、社員が匿名で店舗や施設に訪れ直接調査した上で評価することで有名です。料理については、星の数で評価が表されます。また、サービスや快適さについては、スプーンとフォークのマークで評価が表されます。他にもワインや酒といったカテゴリやコストパフォーマンスなどさまざまなカテゴリがあり評価されています。

特に話題にあがる星の数については、1つ星から3つ星までに分類されています。ただ星の数だけでなく、掲載されること自体評価されている店であることも確かです。

ミシュランガイドに掲載される飲食店・レストランは、その時点で調査員の評価に値するお店。例え星がついていなくても、一定の基準値を超えている飲食店・レストランなのです。

出典: http://www.michelin.co.jp/JP/ja/guides-goods/michelin-gui... |

日本におけるミシュランガイド

2007年に欧米以外で初となる「東京」が発売されました。和食店や寿司店が3つ星を獲得したのは初めてのことでした。それ以降日本では、定期発行される「東京」「京都・大阪」の他、地方ミシュランとして「北海道」「広島」「福岡・佐賀」「横浜・川崎・湘南」「兵庫」が発売されており2016年に発行された「富山・石川(金沢)」は8地区目になります。

日本は、ミシュランガイドで世界中でもっとも多くの星を獲得しています。これは、日本の料理店は、ジャンルにより細分化され世代で専門的な知識や技術継承し習得しているためとされています。

つる幸の格付け

地方版ミシュランガイドである「富山・石川(金沢)」で格付けされた店舗は、1つ星が21店、2つ星が9店ありました。つる幸は、2つ星として掲載されました。料理という個人の嗜好に左右されるものを格付けすることに賛否はありますが、日本人以外にも評価されている指標ともいえるでしょう。

2007年に東京版が発売されて以来多くの日本料理店が掲載されてきました。始めての北陸を対象としたミシュランガイドに掲載されたこと自体が、つる幸の料理やサービスへの評価といえます。また、2016年12月には、ミシュランと同じくグルメガイドブックを発行している「ゴ・エ・ミヨ」の東京北陸版でつる幸は、北陸最高点 17.5点を獲得しています。

つる幸のおすすめメニュー

つる幸は、金沢という土地柄から日本海の海産物を中心としたメニューに定評があります。白子・アワビ・中トロといった食材を楽しむことができます。野菜は、加賀野菜を使い蒸し物や吸い物を作られています。また、日本の食材だけでなくトリュフやフォアグラなどの洋風の食材も取り入れられています。創作料理のメニューの幅広さやアイディアが伺える料理となっています。

金沢名物 蟹

蟹は、「黄金蟹」と呼ばれる希少な蟹を食べることができることで有名です。ズワイ蟹のオスと紅ズワイ蟹のメスが交配したものが黄金蟹と呼ばれています。黄金蟹は、幻の高級蟹と呼ばれ水揚げの中に1000匹に1匹、2000匹に1匹ともいわれる希少な蟹です。

黄金蟹は、ズワイ蟹と紅ズワイ蟹の両者からいい部分を受け継いでいます。カニ味噌の濃厚さや甘くたっぷり詰まった身が美味しい蟹です。つる幸では、シーズンになればこの黄金蟹が楽しめます。

懐石つる幸の作るカレー

懐石料理店とカレーは縁がなさそうなメニューですが、つる幸には「伊勢エビスープ・能登牛カレー」というメニューがありました。カルチャー誌BRUTUSのお取り寄せカレー部門でグランプリを受賞したカレーです。湯煎で5分温めてご飯にかけるレトルト風のカレーでルーに溶け込んだ伊勢えびの風味とたっぷりと入った能登牛が魅力でした。

河田さんが出演していたTV番組でリクエストを受けたのをきっかけに食材の残りを活用するためのメニューとして考案されたとのことです。この経緯から販売当初から稀少なカレーでした。発売後は、限定販売として電話かFAXで購入できましたが、BRUTUS掲載後は、完売状態が続き現在は、SOLD OUTとされ購入することはできなくなっています。

「伊勢エビスープ・能登牛カレー」は完売しております。
カレーについてのお問い合わせ、予約、受注もしておりませんのでご了承ください。

出典: http://turukou.shop-pro.jp/?pid=8068227 |

おせち

つる幸のおせちは、百貨店で購入できます。おせち料理一人用があり、一般的なおせち料理の量が食べきれない人などにはおすすめです。おせちの中身は、金沢の郷土料理やさまざまな厳選された食材で調理されています。おせち料理の金額は、8500円程度となります。ぜひ、お正月につる幸のおせちを味わってみてはいかかでしょうか。

つる幸の火事の原因

2012年3月19日につる幸は、火災に見回れました。火の気のない2階から出火し家屋の大部分が焼失てしまう惨事でした。テレビやラジオのニュースでも報道されました。河田さんのブログにはつる幸のファンから励ましや再開を望む声が寄せられました。

火事の原因は放火だった

つる幸の火災は、出火元が火の気のない2階だったことや灯油をまいた形跡があることから放火と判断されています。つる幸の厨房部分は、河田さんたちが消火していましたが、2階部分の延焼は激しく消防隊による消火活動が行われました。河田さんのブログには、今も火災現場の写真があり当時の様子を垣間見れます。

つる幸の営業は、火災による被害で休業を余儀なくされました。1ヶ月程で営業を再開しました。再開当初は、店舗の一部分を利用しての縮小営業でしたが、時間をかけて完全再開を果たしました。短期間での営業再開からは、河田さんの放火に屈しないという強い意志を感じました。

つる幸の予約について

つる幸は、ディナーだけでなくランチにも予約が必要です。不定休なため現地まで出かけてから休みだったということのないように事前に予約することをおすすめします。

金沢に向かう前に予約

つる幸には、公式サイトがあり、そこでメニューや予約についての情報が掲載されています。メールでの予約受付は休止中ですが、電話かFAXで予約できます。当日も空席があれば予約できますが、予定が決まったら早めに連絡するのをおすすめします。

予約には、日時・人数・到着時間といった他に好みのお料理をコースに入れるなどの相談も受け付けてくれます。またつる幸は、子供連れもOKのお店ですが、料理の内容については確認しましょう。キャンセルについても明記されていますので予約の際には、確認しておくと安心です。

【メールでのご予約の受付は、しばらくお休みします】
下記の予約時の注意事項をよくお読みのうえ、お電話またはFAXにてご予約くださいませ。

出典: http://turukou.com/reserv/index.html |

名店「つる幸」の魅力

つる幸は、創業数百年といった所謂「老舗」という料理店ではありませんが、「金沢につる幸あり」とまでいわれる名店です。懐石という格式にとらわれずに新しい食材を取り入れたり、一見客の受け入れやランチの営業など精力的に営業されています。

料理長の河田さん自ら映画を見たり、友人のシェフとの交流から新しいものを取り入れる柔軟さと歴史ある日本料理の技術のバランスがつる幸の魅力でしょう。ぜひ、金沢を訪れる機会がありましたら、懐石 つる幸に立ち寄ってみてはいかかでしょうか。

Latests