Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】メッセージカードのデザインの手書きでのデザイン

初回公開日:2017年11月25日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年11月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

卒業したとき、結婚したとき、誕生日のときなど、お祝いの品とともに添えたいものがメッセージカードです。今やメッセージカードは数多くのデザインが用意されていて、選ぶ側も目移りしてしまいます。状況に合わせたデザインの選び方や、手作り方法について紹介して行きます。

メッセージカードの手書きでのデザイン

【状況別】メッセージカードのデザインの手書きでのデザイン
※画像はイメージです

メッセージカードは文房具屋さんや、雑貨屋さんでとてもおしゃれなデザインが多くあり、それらを選ぶのも良いですが、手作りをするのもとても喜ばれます。

手作りと言っても絵が得意な人は絵を描いてみたり、苦手な人も、きれいな紙にシールや紙を貼るだけでも、手作りデザインになりますし、作って楽しい、もらっても嬉しいカードになることでしょう。

さまざまな手作りカードの作り方

絵は苦手?それでも作れます

手作りのメッセージカードというと、イラストが描けたりしないとダメとおもっていませんか。そんな事はありません。イラストが描けなくても、素敵なカードを作るアイデアはあります。

文房具屋さんで見かけるマスキングテープは、味気ない無地の紙や箱でも、貼るだけでカラフルにデコレーションできるので、一番気軽に使えるアイテムです。今は多くのデザインの柄もあるので、アイデア次第で素敵なメッセージカードが作れます。

一番簡単なマスキングテープの使い方は、紙の四方をマスキングテープで縁取りをするもの。縁取りをするだけでとても鮮やかになって良いです。

他にも、カッティングボード上にテープを貼り、花びらの形にカットしたものを貼り合わせれば、花束のようなコラージュ作品も作ることができます。決まった使い方はありませんから、自由な発想で使ってみましょう。

スタンプを使う

同じく文房具屋さんでは、スタンプも販売されています。スタンプもマスキングテープ同様に、最近は手作りグッズの流行などから、可愛いものから、ビンテージ風な格好良さを感じるデザインまで、多くの種類のメッセージカードが出ています。

もちろんこのスタンプをメッセージカードで使わない理由はありません。アルファベットや数字が1文字ずつスタンプになったセットと言うものもあるので、自由に文章を作ることも可能です。

また、スタンプを買わなくても、消しゴムはんこを作るという方法もあります。一見難しそうですが、コツさえわかれば案外簡単に彫ることができるので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。YouTubeなどで、消しゴムはんこの彫り方を紹介した動画は多くあるので検索してみましょう。

飛び出すメッセージカード

市販のメッセージカードでは、開くと絵が飛び出す仕掛けのものがあります。このタイプのカードは、自分でも簡単に作ることができます。基本的な飛び出すカードの原理を覚えておけば、どのような形の飛び出すデザインでも自由に作ることができますから、送る相手が「あっ」と、驚くデザインを考えてみましょう。

画用紙でパーツを貼り合わせてみたり、前述したマスキングテープやスタンプを合わせて作ってみたりできますし、とにかくインパクトが強いデザインなので、相手の印象にも残りやすいです。

穴あけパンチ

また、デコレーションの素材で便利なアイテムが、穴あけパンチです。ハートや星、デザイン枠のようなものまであり、例えばメッセージカードの四隅を開けるだけでも綺麗ですし、開けた部分の裏に違う色の紙を乗せれば、そこだけ色が見えて、とてもおしゃれです。

また、最近はこのような穴あけパンチは、大きめの100円ショップにも販売されるようになりました。スタンプやマスキングテープも見つけることが可能です。

綺麗な角抜きが出来ます
投稿者かごめとあんず2016年7月7日
スタイル: POPHEART|Amazonで購入
綺麗な角抜きが出来ますがたまに切れ端がボサボサします
全部がそうなるわけではありませんのでハサミで修正できます
何より力も要らず楽に抜くことが出来ます
カール製品に比べてたまに切れ端がボサボサしてしまう点でマイナス1ですが
軽く切れるので本当はプラスマイナスゼロでも良いと思うくらいです
でもやっぱりこれくらいの柄ならスパッと切れて欲しいですね

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R33XPLOBJ8YS... |

状況別のメッセージカードのデザイン

【状況別】メッセージカードのデザインの手書きでのデザイン
※画像はイメージです

幼稚園の先生

幼稚園の先生(もしくは保育園の先生など)に贈るのに相応しいメッセージカードのデザインとは、どのようなものでしょうか。最近では、通園中にお世話になった先生へメッセージカードのようなものを描いて贈るというものが、定番になっています。

保護者や子供から先生へ贈る場合のデザインで、見栄えがよく見えるものの一例といえば、お子さんの写真、先生とお子さんのツーショット写真などを使うというものはとても有効的です。

写真はただ貼るのではなく、色画用紙を台紙にしてみたり、マスキングテープで縁取りをしてみるなどのデザイン的な装飾をすると、より綺麗に見えます。メッセージは、お子さんが書けるスペースも用意すると、より一層、先生への気持ちが伝わります。

結婚祝い

人生の一大イベントと言える結婚式に、贈り物と一緒にメッセージカードを添えるというのは、非常に良いことです。形の残るものとして送られたメッセージというものは、一生の思い出として残り、新郎新婦ともに大切にしてくれるでしょう。

結婚のお祝いで定番のデザインと言えば、やはりハートやキューピッドの絵が描かれたものは、幸せな愛を象徴しているデザインですので、積極的に取り入れて行くと良いです。それ以外には、花や花束のデザインも、祝福のイメージが強いデザインです。

それ以外にも、友人や仲間内で寄せ書きのようにして、メッセージカードのように色紙に描くのも有効的です。この時、絵が得意な方がいれば、新郎新婦の似顔絵を描いたものを用意すると、とても喜んでもらえます。

卒業

卒業シーズンにメッセージカードを送る場合、小学校、中学校、高校、大学、どのシーンでも贈ることが可能です。家族や親戚から、またはお友達どうしでメッセージカードを交換するというのも楽しいです。

卒業のイメージのデザインと言えば、桜の木と花びらは、季節柄にもぴったりのデザインですし、ピンク色がとても爽やかで、新たな門出を祝うには相応しいでしょう。また、在学中思い出の写真をアルバムのように貼り付けるというのも、アイデアです。

その他には、進学先や就職先にちなんだモチーフをデザインとして貼り付けるのも良いでしょう。将来の夢に向かう相手を、応援する気持ちが現れます。または、部活動など、在学中に励んでいたもののモチーフも、思い出に残りやすいので有効的です。

誕生日カード

Latests