Search

検索したいワードを入力してください

少年野球の審判をするときに覚えておくべきルール・資格の取り方

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

少年野球の審判をする時にはコールやジェスチャーなど、覚えておくべきルールがたくさんあります。その他にも資格を取らなければいけなく、そのために審判講習会に参加したり、勉強も行う事も大事になっているので、積極的に取り組んでいくようにしましょう。

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールとは?

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールはたくさんあるため、しっかり丁寧に一つずつ頭の中に入れていくと良いです。普通の野球と同じように、少年野球も審判がとても大事になってくるので、実際に審判をする人は自分自身の行動に責任を持ちながら、少年野球の試合を進めていきましょう。

野球をしている少年にとっても、審判の判定は試合を左右する物とわかっているため、審判がどういうコールやジェスチャーをするかを細かく見ています。その際に、曖昧にコールやジェスチャーをしてしまうと、少年達を混乱させてしまう可能性が充分にあるので気を付けましょう。

用語

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールの一つ目は用語です。野球には多くの用語があり、実際に知っていないと審判を務める事が難しくなるため、積極的に学んでいく方が良いでしょう。特に審判は、用語に関して詳しくなければいけない部分もあり、とても大事です。

具体的にどうすれば用語を簡単に覚えられるかと言うと、テレビやラジオなどで解説を聞きながら試合を見るようにする事です。テレビやラジオなどの解説では、実況をしている人が用語の説明をしてくれる場合もあり、頭の中に入ってきやすいです。そのため、できる限り多くの用語を覚えたければ、テレビやラジオをとおして試合を見ると良いでしょう。

立ち位置

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールの二つ目は立ち位置です。選手にそれぞれのポジションがあるように、審判にも特定の立ち位置が存在しています。決められた立ち位置に立っていなければ、今行われているプレイがセーフやアウトかを判断できなくなるため、充分に気を付けましょう。

最初の内はどこに立っていれば良いかがわからなかったとしても、徐々に慣れていけば大丈夫です。初めから上手くできる人は中々いないため、何回も審判をするごとに適切な立ち位置を理解すると良いです。そうすれば、セーフかアウトかの判断も簡単にする事ができるようになり、ちゃんと審判をこなせます。

コール

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールの三つ目はコールです。ストライクやボールに限らず、セーフやアウトのコールの言い方やどのタイミングで言うと良いかは、とても大切になってきます。少年野球を円滑に進めていくためには、コールをどれだけ的確にできるかにも関わってくるので、審判はコールの練習を充分にしておくと良いでしょう。

実際にコールをする際には、可能な限り大きい声を出せるように頑張ると適当です。小さい声だと周りにストライクやボールの判定が伝わってこないので、試合も中々進まないです。そのため、普段から大きい声を出す練習も行い、試合を良いリズムで進行させられるようにしましょう。そうすると、実際に試合をしている少年達も野球に集中する事ができます。

ジェスチャー

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールの四つ目はジェスチャーです。特にセーフかアウトかを現すジェスチャーをする際には、大きく表さなければ周りに伝える事ができないため、実際にジェスチャーをどれぐらいの大きさでするかに焦点を当てると良いです。そうすれば誰が見てもわかりやすくなり、遠くからでも充分に判断できるようになります。

少年野球ではセーフかアウトかを言葉で言うよりも、ジェスチャーで伝える方がわかりやすいため、ジェスチャーに重点を置けくのが適当です。しかしながら、ただ単に行えば良いと言う事ではなく、ジェスチャーにもさまざまなやり方があるから、そこだけは理解しておくと良いです。そのことが少年野球で審判としてジェスチャーをする時に役立ってきます。

動き

少年野球の審判をするのに覚えておくべきルールの五つ目は動きです。審判はセーフかアウトかを判定しやすくするために、ボールの見やすい位置に移動する事や少年達の邪魔にならないようにする事が大事になっています。少年野球のプレーは特に早いから、その時の判断力が頼りです。

少年野球の審判をしている時に常に適切な動きをしたいならば、実践練習が良いでしょう。何回も練習する内に身体が慣れてきて、自分がどこに動いたら適当かが自然にわかってきます。実際に適切な動きができていれば、少年野球のリズムを崩す事は無くなり、少年達にも迷惑をかけなくても済みます。

少年野球の審判をするときの服装って?

少年野球の審判をする時の服装は、特定の物にしなければいけない決まりはないため、ジャージや自分にとって動きやすい服装で大丈夫です。実際に少年野球では審判もよく動くので、動きにくい服装だと中々大変です。なので、服装の選び方にも充分に気を遣い、身体にできる限り負担がかからないような物にすると良いでしょう。

実際にジャージや自分にとって動きやすい服装で全く問題は無いのですが、周りから見て客観的に少年野球の審判に適切な服装かどうかを判断すると良いです。少年野球をしている最中には少年達の親が見に来ている事がよくあり、その人の印象を悪くしてはいけないため、服装にも多少なりとも気を付けましょう。

少年野球の審判の資格の取り方とは?

少年野球の審判をするときに覚えておくべきルール・資格の取り方
※画像はイメージです

少年野球の審判の資格を取るには、まず公益財団法人全日本軟式野球連盟の自分が住んでいる都道府県の支部に問い合わせてみると良いです。何もわからない状態で行動したとしても上手くいく事は中々ないため、情報を集める所から始めていきましょう。

そして、実際に公益財団法人全日本軟式野球連盟にどうすれば資格を取る事が可能かを聞くと、できる限り審判の経験を積むようにする事や審判講習会を出席する事を言われます。

それらを何回も行っていけば、審判員試験を受けても良いと言われ推薦されます。その審判員試験に合格する事ができれば、少年野球の審判の資格を取れて実際の試合で審判として出れます。

講習

審判員試験を合格するためには、審判に関する知識をたくさん覚えなければいけなく、とても大変です。そのような時には審判講習会の場を上手く利用すると良いでしょう。

審判講習会は実際に審判の資格を取っている人が教えてくれるため、非常に分かりやすく、審判に関する知識も入ってきやすいです。自分一人で勉強するよりも非常に良く、記憶の定着率も違ってきます。

特に審判講習会では座学だけではなく実技の時間もあるので、その時に審判に関する知識を身体に染み込ませる事もできる方法になっています。身体を上手く使って覚えれば、もし忘れてしまった際にも思い出しやすい利点があります。そのため、座学よりも実技の時間により集中して、審判に関する知識を覚えるようにすると良いです。

審判員試験を合格するためには、審判講習会を出るだけではなく本を活用すると良いです。最近では、審判員試験によく出題される問題を纏めている本がたくさん出されているため、勉強しやすい環境が整っています。本を使う事でも充分に効果が期待でき、実際の試験でどんな問題が出たとしても対応できるようになります。

本はただ単に問題を解くだけではなく、審判講習会でわからなかった部分の復習にも使う事ができます。本で復習を行えば知識がより身に付くため役立つでしょう。なので、積極的に本も活用するようにして、少しでも審判に関する多くの知識を頭の中に入れましょう。

審判員試験の問題とは?

審判員試験の問題は毎回同じような物が出るため、対策はしやすいです。普段からしっかりと勉強をしていれば一定の得点を取る事は可能で、あまり心配し過ぎない方が良いです。そうは言ってもたまに難しい問題やひっかけ問題も出る事があるので、その時のために多くの知識を身に付けたり、問題の文章をよく読む癖をつけておくと良いでしょう。

審判員試験をなぜ行うか?

審判員試験を行う理由は、本当に審判として少年野球の試合を任せる事ができるか判断したいからです。何も知識が無い人に審判を任せたら少年野球が全く進まず、少年達にも迷惑がかかってしまうため、やはり一定の知識がある人が必要になってきます。その一定の知識がある人を選別する物が審判員試験です。

少年野球の審判をするときに参考にしたい動画

少年野球の審判をする時に参考にしたい動画は、プロ野球の試合の映像です。プロ野球の審判をしている人は、審判の基礎が成り立っていてとても参考になります。その他にも動きやジェスチャーも的確で、誰が見たとしてもわかりやすいのでとてもおすすめです。皆さんも、プロ野球の試合の映像を見て勉強すると良いでしょう。

少年野球の審判をする際に大事な事

少年野球の審判をする際に大事な事は、危ないプレーをしている少年がいれば注意をする事です。危ないプレーは周りの少年に危険がおよび怪我をする可能性があるので、審判が率先して今後はなるべくしないように指導しましょう。正しく指導すれば、危ないプレーをしている少年もわかってくれて今後は行動を改めるようになるでしょう。

少年野球の審判で気を付ける事

少年野球の審判をするときに覚えておくべきルール・資格の取り方
※画像はイメージです

少年野球の審判をする時に気を付ける事は、公平な審判をするように心掛ける部分です。少しでも公平性に欠けてしまうと、少年達の野球に対するやる気を無くしてしまう可能性があります。実際に少年達のやる気を無くさせないためにも、ストライクかボール、セーフかアウトかの判断をする際には、細心の注意を払うようにしましょう。

少年野球の審判をする事に関して

少年野球の審判をする際には、用語や立ち位置、コール、ジェスチャーなどの覚えておくべきルールがたくさんあるため、しっかりと頭の中に入れておきましょう。審判が少年野球のルールをわかっていないと試合がスムーズに進まないため、そこだけは気を付けるようにしましょう。

実際に少年野球の審判をしたいならば資格が必要になります。その資格を取るためには、審判員試験に合格しなければいけませんので、審判講習会や審判員試験の問題が載っている本を活用して勉強をすると良いでしょう。

少年野球の審判をするにはルールを覚える事や資格を取る事など、行わなければならない事が複数あるので中々大変です。そうは言っても、積極的に取り組んでいけばそこまで心配する必要もありません。資格取得に向けて頑張ってください。

Latests