Search

検索したいワードを入力してください

お見舞いの金額相場|お見舞い金額の書き方・お見舞金は新札?

更新日:2022年06月26日

入院、地震、火事など親戚あるいは友人が災いに遭った時のお見舞いについて知りたいことは山ほどありますよね。金額の相場は?表書きや漢数字の書き方は?熨斗(のし)ってなに?お見舞いのマナーは?郵送の場合は?そんな疑問に丁寧にお答えします。

お見舞いの金額相場が知りたいー相手別編ー

入院や地震、火事など親戚や友人が災いに遭った時に用意するお見舞い金ですが、相手によって、また事態によって金額の相場が違います。こちらでは相手別に補足を入れながらわかりやすく紹介していきます。

金額相場ー親戚の場合

入院や災害の程度や自分の年齢によって相場はかなり差があります。自分が学生だったり年齢が若かったりすると金額も低めが相場です。

◆ 病気(入院)お見舞い金額の相場:5,000~30,000円
◆ 災害お見舞い金額の相場:10,000~50,000円

ちなみに親と同居している場合や近所に住んでいる場合は、お見舞い金を包むよりもこまめに顔を出してお世話する方が自然な形だと思われます。

自分に兄弟姉妹がいる場合は話し合って金額や世話係を決めましょう。また、災害お見舞いの場合は金額に上限はありませんので参考にしてください。

金額相場ー親の場合

付き合いの程度やそれぞれの家の慣わしによって金額は異なるので相場も幅が広いですが、一般的には次のような金額を包むことが多いです。

◆ 病気(入院)お見舞い金額の相場:5,000~10,000円
◆ 災害お見舞い金額の相場:10,000~30,000円

災害お見舞いの場合は金額に上限はありませんので、参考にしてください。

金額相場ー兄弟姉妹の場合

兄弟姉妹の入院の場合、お見舞い金の必要性に賛否あります。基本的に親が入院費用を支払っている場合、お見舞い金は不要です。また、自分や相手が未婚で若い場合も不要とすることが多いです。

◆ 病気(入院)お見舞い金額の相場:5,000~10,000円
◆ 災害お見舞い金額の相場:5,000~30,000円

他に兄弟姉妹がいる場合は話し合って金額を揃えたり、親に相談したりと家族間で足並みを揃えることが大切です。また、災害お見舞いの場合は金額に上限はありませんので参考にしてください。

金額相場ー友人の場合

友人と自分との付き合いの深さで相場が変わってきます。また、年齢が若かったり、学生有志(サークルなど)で包む場合は一人当たり3,000円となります。社会人だと5,000円が妥当です。

◆ 病気(入院)お見舞い金額の相場:3,000~5,000円
◆ 災害お見舞い金額の相場:3,000~10,000円

金額相場ー上司(会社関係)の場合

会社関係の場合は有志一同で包むことが多く、一人当たり3,000円が相場となっています。

◆ 病気(入院)お見舞い金額の相場:3,000~10,000円
◆ 災害お見舞い金額の相場:3,000~10,000円

しかし、目上の人に対してお金を包むことに抵抗を持つ方も多く、お見舞い品か商品券などに換えて包む方法もあります。なぜならお金に困っているとみなしたり、本人に品物を選ぶ手間を押し付けてしまうといった意味を含んでしまうからです。

しかし、現在はあまり気にせずお見舞い金を包む方も多いです。また、災害お見舞いの場合には目上の人であっても現金は失礼に当たらないといわれています。なぜなら被害を受けた後なので、現金が役立てやすいと考えられているからです。

お見舞い袋と金額の書き方

金額で避けるべき忌み数とは

金額を決める際、縁起の悪い数字と言われる「忌み数」に注意する必要があります。

◆ 4(シ):「死」を連想する
◆ 6(ム):「無」→「失」を連想する
◆ 9(ク):「苦」を連想する
◆ 13:西洋で最も忌避される(理由は諸説あり)

すなわち6,000円や40,000円といった金額は忌み数が入っているので避けます。有志一同で包む場合も合計金額が忌み数を含まないように注意します。

使用できるお見舞い袋の種類

お見舞いで使用できる包み袋は下記の4通りです。

◆ 紅白の結びきりの水引がついた袋
◆ 赤い帯が中央や左端に入ったお見舞い用の封筒
◆ 白無地の封筒
◆ 市販の御見舞い用封筒

ここで注意したいのが、熨斗(のし)がついている袋は使用しないということと、火災見舞いの場合は白無地の封筒を使用することです。

熨斗(のし)とは本来、干して薄く延ばしたアワビを縁起物として添えていたものが形を変えて残っています。その為「延ばす」という言葉を連想させるので、「病気を延ばす」と受け取られることもあり、お見舞いには不向きです。また、お見舞いは祝い事ではないので縁起物は使用しません。従って、熨斗(のし)がついている袋は避けましょう。

火災見舞いの場合、「赤(紅)=火」を連想するため、赤白の水切りや赤い帯のついた封筒を使うことは避けます。

次のページ:お札の包み方と使うお札について

初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests