Search

検索したいワードを入力してください

ご祝儀の正しい金額の書き方|書く場所別/書字方向別/金額別

更新日:2020年08月20日

結婚式に出席する際に、必ずと言っていいほど渡すのが、ご祝儀です。ご祝儀には、金額を記載するところがありますが、みなさんは正しい書き方で金額を記載できているでしょうか。今回は、ご祝儀袋に記載する、正しい金額の書き方について解説していきます。

ご祝儀の金額の書き方は?

ご祝儀は、結婚式の際にお祝いの気持ちを込めて渡すお金のことです。大人になれば、ご祝儀を渡す機会も増えるでしょう。ご祝儀は、ご祝儀袋に入れて渡すのが一般的です。そんなご祝儀封筒には金額を記載するところがありますが、ご存知でしょうか。また、毎回正しい金額の書き方をご存知でしょうか。ご祝儀の金額の、正しい書き方について紹介していきます。

ご祝儀封筒への書き方は?

ご祝儀封筒は、表書き用として、白い帯が入っていることがほとんどです。表書き用の白い帯にご自身の氏名を記載します。白い帯は、水引と封筒の間に入れますが、水引よりも、名前が下に位置するところに名前を記載しましょう。名前は縦書きで、筆ペンで書くと良いでしょう。

連名にする場合は、白い帯には3名の名前まで記載することができます。4名以上連名がいる場合には、代表者の名前を記載し、その左となりに『外一同』と記載しましょう。代表者以外の連名の方の名前は、別の紙に記載し、中袋に同封します。

中袋への書き方は?

ご祝儀封筒には、基本的に中袋という封筒がついています。ご祝儀に入れた金額は、この中袋に記載します。中袋の表側に、縦書きで『金〇萬圓』と記載します。金額を記載することで、お金の数え間違いなどを防止する効果もあります。

また、なぜ難しい漢字を使用するのかと言うと、お金の改ざんを防ぐためです。『萬』『圓』などの漢字は、大字と言い、ご祝儀封筒には大字を使用するのが一般的です。金額別の書き方や、金額別の大字については、後ほど解説していきます。

中袋裏への書き方は?

ご祝儀封筒の中袋の裏面には、ご自身の住所と氏名を記載します。住所、氏名も縦書きで記載します。中袋に住所や氏名を記載しない人も多いですが、結婚式にはたくさんの人が出席しており、どなたから、いくらのご祝儀をもらったのか、しっかりと把握するためにも、中袋は大変重要な役割を果たします。そのため、面倒くさがらずしっかりと住所と氏名を記載しましょう。

書字方向別ご祝儀の金額の書き方は?

ご祝儀袋や、中袋の金額の書き方について解説しましたが、ご祝儀袋の中袋の中には、縦書きだけではなく、横書き用の物も存在します。縦書きの場合と、横書きの場合では、ご祝儀の金額の書き方にどんな違いがあるのでしょうか。書字方向別ご祝儀の金額の書き方について解説していきます。

横書きの場合の書き方は?

横書きの場合は、洋風の書き方になりますから、数字も漢字(大字)を使用せず、英数字を使用する書き方になります。ですので、三万円のご祝儀の場合は、『30,000円』と記載します。このとき、円のマークの『¥』は使用せず、『30,000円』と記載します。また、縦書きの場合に金額の前に記載する『金』という字も使用しないのが一般的です。

金額が横書きの場合は、住所や氏名も、指定がなければ横書きで記載しましょう。横書きの場合は、中袋の下方向に寄せて書きましょう。横書き用の中袋は、あまり多くありませんが、もし購入したご祝儀袋が横書きの場合は、こちらの書き方を参考にしてください。

縦書きの場合の書き方は?

縦書きの場合は、普通に漢字(大字)を使用して金額を記載します。三万円のご主義の場合は、『金参蔓圓』と記載します。このとき、『圓』の字のあとに、『也』と記載する人も多いですが、『也』の字は、入れるべきという意見と、そうでない意見があります。そのため、『也』と書いても間違いではありませんが、無くても構わないので、迷った場合は記載しない方が無難です。

金額を縦書きにした場合は、当然の如く、裏面の住所と氏名も縦書きにします。中袋裏の左側に寄せて書きましょう。

金額別ご祝儀の書き方は?

ご祝儀は、渡す相手との関係の深さによっても、金額が変わります。例えば、友人や同僚などの場合は三万円のご祝儀が一般的です。ご自身が上司の立場だったり、姪や甥、または兄弟姉妹などの結婚式の場合には、五万円のご祝儀などと、相手との関係でご祝儀の金額が変わります。そのため、中袋に記載する数字の書き方も変わってきます。ここからは、金額別のご祝儀の書き方について解説していきます。

一万円の場合は?

次のページ:マナーを守ってご祝儀を渡そう!

初回公開日:2017年10月16日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests