Search

検索したいワードを入力してください

香典袋の書き方と見本|金額/名前/住所・横書きの場合

更新日:2020年08月20日

お通夜やお葬式で使う香典袋。正しい書き方はご存知ですか?お葬式の後には四十九日などの法要がありますが、そこでも香典袋を使います。香典袋の書き方は、故人の宗教や法要などによって異なります。中袋の金額の書き方や、香典袋の名前の書き方なども紹介します。

そもそもお香典とは?

お通夜や告別式に参列するときにお香典を持参することは、常識として広く知られていますが、そもそもお香典の意味をご存知でしょうか?香典袋の書き方を見ていく前に、そもそもお香典とはなんなのかを理解しておきましょう。

お香典とは、香料と呼ばれることもあり、故人に対する供養の気持ちをあらわす物です。故人にお供えする物として、お香典を用いますが、本来お通夜や告別式の参列者は、線香や花を持参してお供えしていました。しかし、現在では線香や花の代わりに現金をお供えします。

お葬式は、故人があの世でも幸せでいられるようにという祈りを捧げたり、残された人が、故人に別れを告げるために行われます。葬儀のあと、時間を経てから行う儀式に、法事や法要があります。これは、故人の死後の供養として行われます。

法事や法要でもお香典をお供えしますが、お通夜や告別式などのお葬式で使用する、のし袋とは書き方が異なります。

香典袋の種類は?

香典袋は、使用する場面などによって、適したものを選ぶ必要があります。文具店などにはさまざまな香典袋があり、どの香典袋を選んだら良いか迷ってしまうこともあるでしょう。

香典袋の見分け方のポイントは、「表書き」「水引き」「包み」です。「表書き」とは、「御霊前」「御仏前」「御香料」などがあります。故人の宗教や宗派によって選びます。お通夜や告別式などの葬儀では、宗教がわからない場合は「御霊前」を使用すると良いとされています。

「水引き」とは、贈答品や祝儀袋、不祝儀袋にかけられる物です。香典袋には弔事では「不幸が二度と起こらないように」という意味の結び切りの水引きを使用します。白黒もあれば、銀色の双銀と言われる水引きがありますが、香典の金額によってふさわしい物が変わります。

「包み」は、香典を包む紙を指します。基本的には白無地のものになりますが、ハスの絵が描かれた物や十字架、ユリの花の絵が描かれた物もあります。仏式ではハスの絵が描かれた物、キリスト教では十字架、ユリの花が描かれた物が使用できます。

香典袋の書き方の基本

香典袋にはさまざまな種類があり、宗教やお供えする場面、会葬者などにより、それぞれ書き方が異なります。お葬式や法事などで持参する香典袋の書き方で注意したい点は、表書きと用いる筆記用具です。

表書きとは、香典袋のおもて面にある短冊の上段にくる言葉で、「御霊前」「御香料」などがあります。表書きは、宗教や宗派により書き方が異なります。そのため、お通夜やお葬式の連絡を受けた時点で、相手の宗教や宗派を確認しておく必要があります。もし聞きそびれてしまった場合には、「御霊前」とすると良いでしょう。

香典袋に記入する際の筆記用具は基本的には、筆を使います。しかし、現代では、家庭にない場合もあるため、筆ペンを使用しても問題ないとされています。お金を入れる中袋や中包みにも、筆や筆ペンを使用するのが一般的ですが、読みづらくなってしまう場合などは、ボールペンを使用しましょう。

お通夜や告別式で持参する香典袋には、薄墨で記入するのがマナーです。しかし、四十九日以降の法事や法要では、濃い墨を使用します。最近の筆ペンは、薄墨と濃い墨が1本になっているものもあるため、間違えないように使い分けましょう。

タイプ別香典袋の書き方と見本

ここからは、香典袋の書き方を詳しく見ていきますが、香典袋には、お金を入れるための中袋がある物と、中袋のない略式タイプがあります。この2つのタイプで、書き方がどのように違うのかを説明していきます。

中袋ありの香典袋の書き方

中袋があるタイプの香典袋は、表書きに「御霊前」などと記入し、下段にフルネームで、名前を書きます。金額や住所などは、中袋に記入するので、上袋に書く必要はありません。

中袋なしの香典袋の書き方

中袋のない略式タイプの香典袋は、包む金額が少ない場合や郵送するときなどに使われます。中袋がない場合は、上袋の裏面の左下に住所と金額を記入します。

中袋がないタイプの香典袋にも、裏面に記入欄が印刷されている場合もあります。記入欄があれば、そこに必要事項を記入しましょう。

金額が横書きになる場合があるので、その際はアラビア数字で書き入れましょう。また、故人との関係の欄がる場合は、遺族が見てわかるように「親族」「町内会」などと書きます。

中袋なしの香典袋の書き方見本

中袋なしの略式タイプの香典袋には、裏面に住所や包む金額を記入しましょう。記入する欄が印刷されている場合もあり、どのような書き方をするのか迷ってしまう人もいるでしょう。ここでは中袋なしの香典袋の書き方見本を紹介しますので参考にしてください。

〈記入欄がない場合(縦書き)〉
〒○○○-○○○○
○○県○○市○○町○-○-○ ○○マンション○号室(住所)
金○○圓也

〈記入欄がある場合(多くの場合横書き)〉
〒○○○-○○○○
○○県○○市○○町○-○-○ ○○マンション○号室(住所)
○○-○○○○-○○○○(欄があれば電話番号も記載する)
¥○,○○○、○,○○○円、金○,○○○円、(¥○,○○○円とする場合もあります)

宗教別香典袋の書き方

香典袋の書き方は、宗教や宗派によって異なります。訃報を受けたら、お悔やみの言葉を述べ、お通夜や告別式の会場と日時を聞きます。その際に故人、もしくは喪家の宗教や宗派を確認しましょう。

ここでは、仏教、キリスト教、神道で使用する香典袋の書き方の違いについて説明します。宗派によっても違いがあるので、参考にしてください。

仏教の香典袋の書き方は?

仏式の香典袋は、無地ののし袋に白黒の水引がかかっている物か、ハスの花の絵が描かれたのし袋を使用します。お通夜、告別式に持参する香典袋の表書きには「御霊前」「御香典」「御香料」などと書きます。それ以降の法事・法要では「御佛前」「御仏前」と書きます。

ただし、浄土真宗では、人は亡くなると同時に、仏になるという考えがあるため、お通夜などでも「御霊前」は使用しません。葬儀や法事の際は、「御佛前」「御仏前」と書きましょう。

いずれの宗教の場合も、四十九日までのお通夜や告別式では薄墨を、これ以降は濃い墨を使用しましょう。

キリスト教の香典袋の書き方は?

次のページ:法要別香典袋の書き方の注意点

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests