Search

検索したいワードを入力してください

祝儀袋の書き方とマナー|金額/名前/住所・中袋の書き方

更新日:2020年08月20日

ケース別の祝儀袋の書き方やマナーご存知ですか?いざ、祝儀袋を用意しないといけないときに、正しいマナーや書き方を知る人も多いでしょう。祝儀袋といってもケース別でデザインや書き方も異なります。いざというときに困らないためにも祝儀袋のマナーと書き方をご紹介します。

ケース別祝儀袋の書き方とマナー

祝儀袋のマナーや書き方をご存知ですか?

祝儀袋と言っても、シーン別によってそれぞれの書き方やルールが多少異なります。いざ祝儀袋を渡すタイミングで正しいマナーや書き方を知る人も多いでしょう。

いざといった時に困らないためにも下記では、結婚式や出産などのシーン別の祝儀袋の書き方とマナーについてご紹介いたします。

祝儀袋とは?

古来日本では、人は汚れがあると考えられていました。そのため、お参りをする際に口や手を水で清めます。この事から、祝儀袋「お祝いの品」を直接手で持つことによって汚れがうつると考えられており、真っ白な紙に包むようになりました。

祝儀袋は、お祝い時に渡すお金を袋に包み、慶事用の熨斗紙や奉書紙を折って作ったものもあります。

祝儀袋のマナー

祝儀袋の正しい書き方は、筆ペンや毛筆、サインペンを使用します。この際にボールペンや万年筆で記入をするのは失礼なことにあたるため注意が必要です。

墨は濃いものを利用します。薄墨は弔事に使用するものですので必ず濃い墨で記入しましょう。

結婚のお祝いで使用する祝儀袋の表書きの短冊の書き方は、「寿」が最も格式が高いです。なお、結婚式当日にお世話になったスタッフに渡す祝儀袋(心付け)の表書きの書き方は、「寿」もしくは「ご祝儀」と記入します。

お祝い返しの祝儀袋の表書きの書き方は「内祝い」と記入します。お祝いではない贈呈の場合の祝儀袋の書き方は、「贈呈」「進呈」や「金一封」と記入をします。目上の方に贈る場合の書き方は「贈呈」と記入するのがマナーとなります。

祝儀袋のお金のマナーとは?

お祝い事で使用するのでお札は必ず新札を使用します。弔事においては、逆に新札を包んではいけません。これは、弔事を前もって予測し準備していたかのようになるためです。

祝儀袋の種類

祝儀袋にはいくつか種類があり行事によって祝儀袋のデザインが異なります。

結婚や結納で使用する場合

結婚式や結納で使用する祝儀袋の水引は、金銀の飾り結びとなり豪華な装飾がされています。水引の結び方は引っ張ってもほどけることのない結びきりとなります。

結婚は何度もあっては困るため、この結び方となります。

一般的なお祝い事

水引は、紅白もしくは金銀となります。何度も良い事があって良いという意味合いから水引の結び方は蝶結びが一般的です。

病気見舞いなど

次のページ:水引とはなにか?

初回公開日:2017年10月22日

記載されている内容は2017年10月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests