Search

検索したいワードを入力してください

御霊前の正しい金額の書き方|5000円/3000円/横書き

更新日:2020年08月20日

皆さんは御霊前の金額の書き方を知っていますか?正式な御霊前金額の書き方は縦書きで旧漢数字を使って書きます。私たちが普段使っている漢数字は略式です。御霊前金額を横書きする書き方は算用数字で書いてください。御霊前の金額別の書き方や注意点をご紹介します。

御霊前の金額の書き方と注意点は?

皆さんは、御霊前の金額の書き方をご存知でしょうか。御霊前の正式な金額の書き方は、縦書きで旧漢数字を使います。略式の書き方は、私たちがいつも使っている漢数字を使います。算用数字は横書きの書き方です。金額別の御霊前の書き方や注意点などを紹介します。

御霊前は助け合いの心?

御霊前は、故人を敬い捧げ供えるという意味です。また、霊前は「故人の前に」を意味します。香典の表書きやお供え物の台紙にも使われます。昔は、村や町単位のコミュニティーの繋がりが強く、共同体として共存しあう仕組みでした。

人が亡くなった知らせを聞くと、周囲の人たちは自宅から飲食物や香などを持ち寄り、故人のお宅で料理を作って、参列者に食事を振舞ったりしてお手伝いをしていました。お通夜から墓地に埋葬するまで全て周囲の人たちの手で行われていました。ご遺族は、故人のそばで思う存分に別れを惜しみました。

ご遺族は、何から何まで手伝ってくれた周囲の人に感謝の気持ちを示したいでしょう。そこで、他のお宅で亡くなった知らせを受けると、同じように食料品や香などを自宅から持っていき、故人宅でお手伝いをしていました。これが、今でいう香典返しです。

現在では、時代の流れとともにコミュニティーが変わってきています。食料や香を持ち寄って手伝いをすることが現金になり、香典として御霊前として形を変えています。根底に流れる共存や助け合いの心は今も変わりません。

御霊前は全ての宗教に使える?

御霊前は、宗教や宗派を問わない香典の表書きです。仏教・神道・キリスト教にも使えます。故人の、または喪主の宗教がわからない場合にも、御霊前という書き方をします。しかし、御霊前が使えるのは四十九日までとなります。

御霊前以外の書き方があるの?

御霊前以外の香典の書き方もさまざまです。四十九日までの表書きの書き方は、御香典・御香料と書きます。一部の仏教の宗派では、四十九日前でも御仏前と書きます。四十九日を過ぎた香典の表書きは、御仏前・御佛前・御供物料です。

神道の香典の表書きは、御神前・御榊料・御玉串料などと書きます。キリスト教は、御霊前・御花料と書くのが一般的です。キリスト教では、故人は霊魂となって神に召されるという教えがあります。宗教や宗派に合わせた香典の表書きをしてください。

御霊前はいつ持参するもの?

御霊前は、四十九日の法要までに参列する時に持参します。お通夜や初七日、葬儀や告別式に持参します。お通夜と葬儀や告別式のいずれかに、御霊前を持参してください。ここで注意していただきたいのは、初七日です。初七日のみ、別の御霊前を用意してください。

今では、初七日と葬儀や告別式が同じ日に行われるのが主流です。地域や宗教や宗派にもよります。その場合は、地域の慣習は宗教や宗派に従ってください。

御霊前は郵送できるの?

お通夜や葬儀などに参列できない場合に御霊前を郵送します。葬儀の場所が遠方だったり、家庭や仕事の事情もあるでしょう。それでもお悔やみとして御霊前をお渡ししたいあなたの気持ちは、ご遺族も嬉しく思うでしょう。

御霊前を郵送する場合は、お悔やみの手紙も一緒に同封して現金書留で郵送してください。お悔やみの手紙の書き方は、無地で落ち着いた色の便箋に一枚だけ使用してください。また、故人との関係も記入しておけば、ご遺族もあなたと故人の関係を知ることができて安心されます。

ポストに御霊前を投函するの?

御霊前を郵送する場合は、ポストに投函しないでください。現金書留は、郵送する金額と重さで変わるからです。必ず郵便局の窓口で手続きをしてください。郵便局の営業時間外でも受け付けてくれる窓口があります。休日や夜間でも、現金書留の封筒が購入と郵送ができます。

どこに御霊前を郵送するの?

御霊前を郵送する時は、必ずご遺族または喪主の自宅に郵送してください。葬儀に間に合うように斎場に送ろうとおもっていませんか。斎場に送っても、ご遺族や喪主が斎場にいないと受け取ることができません。また、現金書留は日時の指定ができません。

郵便配達の人は持ち帰ることになります。せっかく郵送した御霊前が戻ってきてしまう場合もあります。こういった事態にならないようにご遺族や喪主の自宅に郵送してください。

次のページ:御霊前の金額の書き方は?

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests