Search

検索したいワードを入力してください

正しい御霊前の書き方と例|金額別/会社/連名/夫婦/裏/薄墨

更新日:2020年08月20日

宗教によって、用いる香典が変わる中、御霊前はほぼすべてのお通夜や葬儀で使用することができます。その御霊前での、基本的な名前や金額の書き方から、個人名だけでなく連名、家族、夫婦、親子の名前の書き方なども詳しく記載しています。

基本の御霊前の書き方

香典の表書きは相手の宗教に合わせる必要があります。表書きの書き方としては、どの宗教でも、不祝儀袋の水引の上に書き(御霊前や御仏前など)、送り主(自分)の氏名は水引の下に記載します。表書きはそれぞれの宗教によって異なるため、宗教が分からない場合は、無地の熨斗袋、または無地の熨斗袋に白黒の水引がかかっているものを選び、表書きの書き方は「御霊前」と書きましょう。

御霊前に使用する香典袋は、水引が印刷されたものや、豪華な水引がかかっているものがあります。目安としては、5千円までが水引が印刷されているものを、1万円以上の場合は実物の水引がかかっているものを使用するほうがマナーとしても良いでしょう。

薄墨で書いたほうが良いのか

薄墨を使用する理由は、「故人が亡くなった悲しみで思うように墨がすれずに薄くなってしまった」「故人への悲しみの涙で墨が薄まってしまった」という意味があるからです。しかし、御霊前への表書きの際に使う筆としては、薄墨でも濃い墨でもどちらもマナー違反にはなりません、ただし、ボールペンやサインペンなどは使わずに、書き方としては、筆ペンを使用をした方が良いでしょう。

宗教にはどのような種類があるのか

仏教、 浄土真宗、神式、キリスト教などのさまざまな宗教があります。一般的に「御霊前」がどの宗教にも使えるとされています。通夜、葬儀、どちらの場合にも「御霊前」の表書きの書き方で大丈夫でしょう。

仏式の場合

仏教では、亡くなったあと49日目に成仏し「仏」になると考えられています。霊として存在しているときに香典をお供えする場合の表書きの書き方としては「御霊前」を、49日を過ぎて成仏したあとにお供えする場合の表書きの書き方としては「御仏前」となります。蓮の花が書かれたものは仏教のみに使われるものなので注意しましょう。

使われる表書きの書き方として、御霊前、御香典 、御仏前 、御香料 、御弔料があります。

神道(しんとう)神式の場合

表書きの書き方は、「御玉串料」となります。葬儀後の法事の場合も、表書きは、「御玉串料」で問題ないでしょう。使われる表書きの書き方として御霊前、御玉串料 、御榊料 、御神前があります。

キリスト教の場合

キリスト教は、ユリの花が描かれた封筒や無地の白い封筒を選びましょう。表書きの書き方としては、「御花料」です。御霊前の場合は、色は特に決まりはないです。ただし、蓮の花が描かれたものは避けましょう。キリスト教ではお香を供えるという考えがないので、葬儀後の法事の場合も表書きの書き方は「御花料」となります。

使われる表書きの書き方として御霊前、御花料 、御弥撒料などがあります。

浄土真宗の場合

浄土真宗の教えでは、亡くなったと同時に仏になると考えられており、仏様の前に供えると考えられているため、「御霊前」という言葉は使用しません。お通夜、葬儀の際の表書きの書き方としては、「御佛前」「御仏前」となります。

内袋

中包み(内袋)のない香典袋があり、そのようなタイプのものには直接封筒に現金を入ます。このこうな香典袋は、中に入れる金額が少ない場合によく用いられます。(5千円未満など)

また、決まりはないとされますが、御霊前などの香典袋にお札を入れる場合、お札の顔のある方がおもてと言われており、お札の顔がこちら(中包みや内袋)に対して見えないように、お札の裏面をこちらに向けて入れるようにするほうが良いとされています。2枚以上のお札を入れる時には、お金の向きを揃えて入れるようにしましょう。

内袋にも薄筆を使用するべきか

御霊前の表を薄墨筆ペンで書いた場合に内袋(中袋、中包み)も薄筆で書いたほうが良いのか悩まれるところでしょう。内袋には住所と金額を書く欄がありますが、スペースが小さいので表書きと同じように薄墨の筆ペンで書くのも一苦労です。

表袋と中袋は同じ物を使わなければ辻褄が合わないとも言われますが、一般的に内袋の書き方としては、読みやすい文字で書くことを心掛けたほうが受け取る側の労力も少ないでしょう。薄墨筆ペンを使って読みやすい文字を書ける場合は問題ありませんが、無理せず内袋だけボールペンなどで記載しても、マナー違反にはなりません。

次のページ:金額別御霊前の書き方

初回公開日:2017年12月02日

記載されている内容は2017年12月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests