Search

検索したいワードを入力してください

香典の金額の書き方と例|三千円/一万円/お通夜/葬式/横書き

更新日:2020年08月20日

皆さんは香典金額の書き方を知っていますか。正式な香典金額の書き方は、縦書きで旧漢数字を使います。私たちが普段使う漢数字は略式の書き方です。また算用数字を使った金額の書き方もあります。今回は香典の金額別の書き方を中心にご紹介します。

金額別の香典の書き方は?

皆さんは香典の金額の書き方をご存知ですか。私たちが普段使っている漢数字は略式の書き方です。香典の金額の正式な書き方は私たちが普段使わない旧漢字を縦書きで書きます。香典の金額を横書きで書く場合は算用数字を使います。

香典金額の書き方は特に決まりはありません。しかし失礼の無いように書くことが大切です。ご遺族が、後で整理しやすいように読みやすく丁寧に書いてください。字体別や金額別に応じた香典の書き方などをご紹介します。

香典は助け合い?

香典はご存知のとおり故人を偲び、供養の気持ちをあらわすものです。香典は線香や花の代わりに通夜や葬儀などに持参します。お香や線香の煙はこの世とあの世を結ぶものとされています。お香や線香の煙を道しるべにして故人の魂があの世へ行けますように、という気持ちを込めてお香や線香を焚いているのです。

香典は香料とも呼ばれています。昔は葬儀にお香を持ち寄って参加していました。以前は焼香の時に使われるお香が使われていました。長い時間灯せる線香が開発されてからは、お香を持ち寄る代わりにお金を包むようになりました。これが現代の香典になります。現代での香典は、助け合いという意味です。

急な葬儀で何かと物入りで、お金もかかるだろうという参列者の助け合いの気持ちが、香典です。それを受け取った遺族が、わざわざ参列してくれた上にお金も包んでくれて何もしないのは申し訳ない、気持ちだけでもお返ししたいという気持ちから香典返しをします。

しかし、もらった金額と同額のものを返してしまったら、助け合いの意味がなくなってしまいます。そこで香典の金額の半額が香典返しとなっているのです。

香典はいつ持参するの?

香典はいつ持参すればいいのでしょうか。香典は、いつまで持参しなくてはいけないという決まりは特にありません。地域によって異なる場合もあるので、その地域の風習に従ってください。一般的に香典を持参するのは、お通夜や葬儀、告別式のいずれかの法要です。

主な法要は、初七日から七日ごとに四十九日までの間にあります。四十九日を過ぎた法要においての香典の書き方は、御仏前または御佛前です。仏教では、死後四十九日で成仏する、あの世へ旅立つという教えから来ています。

お通夜に出席する場合は?

本来お通夜は、遺族や親戚、故人と親しかった友人が集まって夜通し故人に付き添うものでした。お通夜に参列した人たちは、お香やろうそくを絶やさず、故人に付き添い遺族を慰めていたのです。今では2時間ほどの半通夜が主流です。

香典は、お通夜か葬儀のいずれかに持参するのが一般的です。お通夜と葬儀に両方出席する場合は、どちらかに香典を持参します。初七日にも参列する場合は、別に香典を用意してください。地域によって異なるので、その地域の慣習に従ってください。

急な知らせを受けて、お通夜に駆けつける場合もあるでしょう。その場合は、受付で記帳だけにして、葬儀の時に香典を持参してください。また、葬儀や告別式に出席できない場合に、お通夜のみ参列します。

神式では通夜祭と遷霊祭に当たります。キリスト教では、正式には仏教におけるお通夜に当たる儀式はありません。日本でのキリスト教では、通夜式や前夜式に当たります。

初七日の香典は別に持参するの?

初七日は、死後七日目に行われる仏教の法要です。ご遺族や親族、親しい友人などが出席します。初七日に出席される場合は、初七日の香典を用意します。ここで注意していただきたいのは、葬儀の香典とは別に初七日の香典を用意することです。最近では、葬儀や告別式と同じ日に初七日を行う場合も増えています。

葬儀や告別式と初七日が、同じ日でも別の日でも葬儀の香典と初七日の香典を別に用意してください。初七日の香典金額の書き方は、お通夜や葬儀と同じです。香典の表側の右上に「初七日」と書くとご遺族が整理しやすいです。

葬儀に出席する場合は?

仏教において、葬儀は故人の成仏を祈る儀式です。遺族や親戚、故人と親しかった友人たちのみで営まれていました。最近では初七日や葬儀、告別式が一緒に行われています。お通夜に出席して香典を出した場合は葬儀では記帳のみです。お通夜に駆けつけて香典を持参しなかった場合は葬儀で香典を持参します。

神式において、葬儀や告別式は葬場祭に当たります。キリスト教において、葬儀や告別式は各教会によって異なるのです。追悼ミサとして営まれる場合もあります。

告別式は葬儀と違うの?

告別式は、生きている人たちが故人に最後の別れを告げるものです。出棺の前に行われます。親戚や故人と親しかった友人以外の一般の弔問客は、告別式のみに参列していましたが、最近では葬儀と告別式を続けて行われているのです。

この場合は、一般の弔問客も葬儀から参列します。お通夜に参列できなかったり、香典を持参しなかった場合は、葬儀に参列する時に香典を持参してください。

葬式は葬儀と違う?

次のページ:なぜ香典に金額を書くの?

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests