Search

検索したいワードを入力してください

香典の正しい書き方と見本|中袋/裏/住所/金額/連名/会社

更新日:2020年08月20日

皆さんは香典の書き方に迷ったことはないですか?宗教や宗派によって香典の書き方は異なります。故人を偲びご遺族をいたわる気持ちで香典を書きましょう。失礼の無いように宗教や宗派に合わせた香典の書き方をしてください。宗教や宗派別の香典の書き方や金額、人物別の香典の書き

香典の書き方は?

皆さんは香典の書き方に迷ったことはないですか。宗教や宗派、参列する時期によって香典の書き方が異なります。昔は人に贈り物をするときに必ず紙を敷いた台にのせて目録をつけていました。その名残が香典の表書きになっています。

失礼のないように故人の宗教や宗派に合わせた香典の書き方をしましょう。宗教や宗派別などの香典の書き方について紹介します。

大:香典とは?

香典の由来はお香をお供えしたり、お香の代金をお供えするものです。昔のお葬式は村や近所のコミュニティーで行われていました。人が亡くなった時は近所の人たちがそれぞれ食料を持ち寄り、故人のお宅に集まって料理をしていました。

ご遺族は故人のそばで最後のお別れをしていればよかったのです。全てみんなで協力しあって故人を弔っていました。ご遺族はとても感謝します。別の家で不幸があった時は同じようにみんなで協力しあって弔いをします。こうしてコミュニティーの中でお互い助け合って共に生きていました。

時代とともに助け合いの形が変わってきます。近所づきあいも少なくなりました。ご遺族がお香や食事を用意して、訪れる人たちは香典としてお金を持参するようになりました。しかし今は別の家で不幸があっても食料を持ち寄ったり協力し合うのが難しい時代です。

そこで葬儀後に香典返しという形でお礼をします。時代が変わってもお互い助け合うことは変わらずに香典や香典返しという形で受け継がれています。

大:香典袋は何を選べばいい?

香典袋は黒白または双銀の結び切りである水引を選ぶのが各宗教において一般的です。ハスの花が印刷されているのは仏式です。神式の香典袋は黒白または双白、双銀結び切りである水引にしてください。キリスト教の香典袋は十字架が印刷されているものを選んでください。

また香典の表書きにも注意してください。四十九日までの法要には香典の表に御霊前と書く書き方が宗教関係なく使われています。四十九日後に参列する場合の香典の書き方は御仏前、御供物料です。

香典の書き方はどうすればいい?

まず訃報を聞いた時に故人の宗教、宗派の確認をしましょう。しかし故人の宗教や宗派がわからないからといってご遺族に連絡して聞くのは控えてください。ご遺族は葬儀などの準備で忙しいのでやめましょう。宗教がわからない場合の香典の書き方は表に御霊前と書いてください。仏教の宗派によって御霊前を使わずに御仏前という書き方もあります。

香典の表の書き方ですが水引の上部だけ宗教や宗派によって異なります。その他は宗教や宗派が異なっても書き方は同じです。

香典の書き方はボールペンでもいい?

一般的な香典の書き方は毛筆で薄墨とされています。香典の表書きには毛筆や筆ペン、サインペンなどを使ってください。香典の表書きにはボールペンや万年筆は使わないでください。

中袋の金額や住所、氏名はボールペンや万年筆など書きやすいもので書いても問題ありません。香典の書き方は特に決まりはありませんが読みやすいことが大切です。

香典は薄墨で書かなくてはいけないの?

薄墨で香典を書く意味は悲しみを表します。故人を想う悲しみの涙で墨が薄くなってしまったことを意味します。濃い墨で香典を書く意味は故人を想いながら墨を摺った証です。香典の表書きは薄墨で書くのが良いとされていますが、薄墨も濃い墨も故人に対する思いの深さを表します。

香典の書き方は?

香典の書き方は故人の宗教や宗派に合わせて書いてください。コンビニなどで香典袋の表に御霊前または御仏前とあらかじめ印字されているものが販売されています。故人の宗教や宗派に合わせて選びましょう。香典の水引の下に氏名を筆ペンなどで書いてください。

字を書くのが苦手な方は慶弔印というスタンプも販売されてそちらを使うのもいいです。結婚式などの慶事にも使えます。

香典の水引の下、中央に縦書きで参列する方の氏名をフルネームで書きます。会社で出す場合や夫婦で出す場合などはのちに説明します。

香典中袋の表の書き方は?

次のページ:香典を持参する時期によって書き方が違う?

初回公開日:2017年10月20日

記載されている内容は2017年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests