Search

検索したいワードを入力してください

お香典の金額の相場|親戚・友人・ご近所さん等/香典袋の書き方

更新日:2020年08月20日

訃報は突然にやってきます。お香典の金額は知らないのではないでしょうか?この記事では、お香典の金額や書き方などを詳しく説明しています。訃報を聞いてお香典の準備をする方や今後のためにも知っておきたい方は是非読んでみてください。

初めての訃報!お香典の金額は?

社会人になればお通夜、お葬式に列席する機会がいつかやってきます。子供の頃は、親に連れられて行った経験はあっても実際に社会人としてお香典はどうすればいいのか慌てる事でしょう。初めての方にもわかりやすくお香典の金額のことを書いていくので、最後までおつきあいください。

お香典って何?

一度でもお葬式に参列した人はお香典のことはわかっていますが初めてでは、わからないことばかりです。現金を入れるための不祝儀袋とは水引を結んだ封筒のような袋でお香典とは不祝儀袋にいれた現金のことです。お香典は死者の霊前にお供えします。

お香典は突然の葬儀の出費に対してお互いに助け合うという意味があります。一般的に訃報を受けたらお通夜かお葬式のどちらかでお香典を持参します。訃報(ふほう)とは誰かが亡くなったという知らせのことです。

訃報を受けたらお葬式が日曜、祝日の場合もあるので前もってお香典を準備しておきます。お香典の袋はコンビニ、スーパー、文具店などで購入できます。コンビニは種類が少ないですが大手100円ショップではお香典袋の種類も豊富にそろっています。

お香典の金額っていくらくらいなの?

お香典の金額の決まりはあるのでしょうか。

お香典の金額は故人との関係性や生前の時のお付き合いの程度によっても変わってきます。お香典とは故人に対する気持ちを表すもので、いたわりの心を包みます。特に親しい付き合いでなければ気持ちだけで、場合によっては控えてもいいでしょう。真心で、ご焼香だけあげさせてもらう場合もあります。

お香典の金額は喪家が恐縮してしまうような金額はNGです。あくまでも常識的な範囲で持参します。それでは標準的な金額を関係性別に具体的な金額を紹介していきますので、参考にしていただければ嬉しいです。

関係別のお香典の相場の金額を知りたい

地方や習慣、宗教上のしきたりで金額の違いはあります。先方の宗教を確認することも大事ですが実際には、お香典の金額に特に決まったものはありません。金額が多ければ良いというものではないので関係性、故人、ご遺族とのお付き合いの程度、年齢、立場などによって違いますが一般的には5000円~10000円の金額が多いです。

祖父母が亡くなった場合は?

祖父母が亡くなった時のお香典の金額ですが、両親に扶養されている孫の場合は、両親がお香典をだすので孫はださなくていいという考え方が多いです。

社会人になっている場合は、お香典は持参したほうがいいでしょう。孫が数名いる場合は同世代の孫同士で同一の額をだしあって「孫同一」という形をとることもできます。結婚していてご夫婦で参列する場合はひと家族と考えて一人の時と同額の金額でいいでしょう。

祖父母が無くなった場合のお香典の金額の目安
・20代(10000円)
・30代(10000円~30000円)
・40代以上(10000円~50000円)

兄弟、姉妹が亡くなった場合は?

兄弟、姉妹が亡くなった場合のお香典の金額の目安
・20代(30000円)
・30代(50000円)
・40代以上(50000円)

両親が亡くなった場合は?

両親が亡くなった場合のお香典の金額の目安
・20代(50000円~100000円)
・30代(100000円)
・40代以上(100000円)

叔父や叔母が亡くなった場合は?

叔父や叔母が亡くなった場合のお香典の金額の目安
・20代(10000円)
・30代(10000円)
・40代以上(10000円~30000円)

同僚が亡くなった場合は?

会社の同僚が亡くなった場合のお香典の金額の目安
・20代(5000円)
・30代(5000円)
・40代以上(5000円~10000円)

次のページ:お香典の金額の書き方は?

初回公開日:2017年10月20日

記載されている内容は2017年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests