Search

検索したいワードを入力してください

法事のお布施の金額の相場・封筒・のし袋と書き方・渡し方

初回公開日:2017年12月19日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ご親族のご不幸の後、法事の度にお坊さんにお渡しするお布施。いくらをどのように準備し、いつお渡ししたらよいのでしょうか。この記事ではお布施と御車代・御膳料の相場や、お金を包む封筒とのし袋のルール、お渡しする際の作法をまとめてご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

法事のお布施の金額の相場

お布施とは

お布施とは、従来「見返りを求めずに施されるもの」という意味ですが、現在では「読経して頂いた謝礼としてお坊さんに金銭をお渡しすること」を指すようになっています。ご親族が亡くなられた後に行う葬儀のほか、初七日・四十九日・命日などの法事のたびにお布施をお渡しします。

法事は故人を供養する仏教ならではの行事ですが、神道やキリスト教でも命日にあたる日にゆかりの人々が集って祈りをささげる場合があり、神官や牧師・神父へ儀式に協力いただいた場合は、お布施に該当するお礼の金銭をお渡しします。

お布施の相場

法事でお渡しするお布施の相場は「お気持ち」という言葉で表現されてわかりにくい上、寺院の格がどのぐらい高いか、同じ寺院であってもどれぐらい関係が深いか、世帯収入がいくらか、などの条件で変わってきますので、できれば同じ寺院にお世話になっているご親族に相談されることをおすすめします。

なお、法事の一般的なお布施の金額の目安は次のとおりです。
・祥月命日のお布施:5千円から1万円程度
・初盆のお布施:3万円から5万円程度
・2回目以降のお盆のお布施:5千円から1万円程度
・その他:3万円から5万円程度

夫の7回忌と妻の3回忌を一緒に行うなど複数の法事を一度に行う場合は、合計の金額が目安となります。また葬儀より後に法事のタイミングで戒名を授与してもらう場合は、戒名代として3万円前後多く包みます。

御車代と御膳料の相場

法事の際は、お布施のほかに御車代や御膳料を用意する場合が多くあります。御車代は、お寺の本堂ではなく式場や自宅、お寺以外の墓地にお呼びした場合にお渡しします。御車代の相場は5千円から1万円前後です。

法事のあとには通常お斎(お食事)をお出ししますが、ご住職がお斎に同席されない場合は「御膳料」を別途お渡しします。御膳料の相場も5千円から1万円前後とされます。地方にもよりますが、ご住職はお斎には同席されないことのほうが多いので、御膳料は事前に用意しておくことをおすすめします。

御車代と御膳料をそれぞれ別に1万円を用意する場合、両方を合わせて1万円としてお渡しする場合がありますが、金額をあわせる場合も別の封筒で用意します。

法事のお布施の封筒

お布施の封筒

白無地の封筒

お布施の正式な包み方は、半紙の中包にお金を入れて奉書紙で上包みに折ることとされています。けれども現在では、宗教に関わらず、一重で郵便番号枠もない白無地の封筒に入れてお渡しするほうが主流です。

祝儀袋・不祝儀袋は中の金額に応じたものを用いるため、特に5千円から1万円程度のお布施であれば、のし袋よりも封筒のほうが相応しいです。封筒の表の中央に、上部に表書きを下部に法事の施主の名前をフルネームで書きます。

オキナ ホワイト封筒 長形40号 枠無し 100枚入 80g WP403N

お得な100枚入りのシンプルな白封筒です。少し厚みがあるので、法事のお布施用に使っても、中のお金が透けることなく安心です。

「今まで使っていた他社の品より、厚みも紙質も良かった。今後もこの封筒をリピートしていきたい。」「ペラペラと紙が薄くて透けてしまうのは困るのですが、これはしっかり。中身も見え難い。高級感も少しあり、使いやすいでしょう。」

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1HNQ41CMAS0... |

お布施専用の封筒

あらかじめ「御布施」の表書きが印刷されている専用封筒も販売されています。文字に自信がない方は、こちらを利用してもいいでしょう。

のし袋 大 お布施 (10枚入り)

特に5千円程度の法事のお布施に、豪華な不祝儀袋を使うと恥ずかしい思いをします。この商品ぐらいのシンプルな白封筒がおすすめです。

御車代と御膳料の封筒

御車代・御膳料も一重で郵便番号枠もない白無地封筒に入れます。それぞれ別の封筒を用意し、封筒の表中央に表書きと施主の名前をフルネームで書きます。

どうしても手書きが心配な方は、専用封筒も販売されています。また、表書き専用のスタンプを使用するのも一考です。

シヤチハタ スタンプ ビジネス用 B型 XBN-220V4 印面13×42ミリ 御車代 タテ 黒

本来はビジネス用の文具ですが、意外に活用頻度が高い「御車代」であればスタンプを購入しても良いでしょう。手書きでないからと失礼になることはありません。

「さすがシャチハタ、何も不安も問題もない。印面もきれいで安定感有ります。」

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1D1CHOIC4I9... |

法事のお布施におすすめの袋

のし袋

葬儀以降の法事での機会は少ないのですが、10万円以上の高額のお布施の場合は、封筒ではなくのし袋を使います。大手のスーパーマーケットや文具店で手に入る「御布施」と印刷がはいったのし袋を用います。

お布施はお寺などに渡すものであり相手に不幸があったわけではないので、水引は不要です。ただし独特の風習がある地域の場合は、双銀や白黒の水引とします。関西では黄色と白の水引を使用することもあります。

マルアイ 仏のし袋 新本折多当 御布施 10枚 Pノ-865×10P

シンプルながらも高級感のあるデザインは、幅広い金額のお布施に対応できます。また、蓮花が印刷されていないこともポイントで、宗派に関わらず使用することができます。

「仏のし袋は、7日毎の法要もあり数が必要になるので、何かと慌ただしい四十九日の法要や初盆まで十分足りる10枚組は大変助かりました。」

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3H8R1BVG7VE... |

菅公工業 中金封 檀紙 黄白10本 キ5593

大阪を中心に、関西や中部では黄色と白の水引をかけたのし袋を使う地域があります。こちらののし袋は10万円以上のお布施にふさわしい品格です。

法事のお布施の書き方

表書き

お布施は仏教の風習ですが、異なる宗教でも法事と類似の儀式がある場合は、宗教に応じた表書きを用います。

仏教:「御布施」「御礼」
神道:「御祭祀料」「御神饌料」
キリスト教:「献金」「御礼」

表書きの下には施主の名前を書きます。フルネームが一般的といわれていますが、名字だけで「○○家」としても構いません。

裏書き

必須ではありませんが、封筒やのし袋の裏に住所・電話番号を縦書きで記入するとより丁寧です。縦書きなので、住所や電話番号の数字は通常の漢数字を使い、「ゼロ」は「0」、「-」は「1」とします。

金額欄が印刷されていれば「金+金額」を大字(古い漢数字)で記入しますが、本来の意味からすれば金額は記入しないのがマナーです。大字は次のように書きます。

一→壱、二→弐、三→参、五→伍、(七→漆)、十→拾、千→阡、万→萬、円→圓
例えば5千円の大字での書き方は「金参伍圓」となります。伍の字を五、阡の字を千、圓の字を円としても失礼にはあたりません。また金額の終わりの「也」は、円未満のお金が流通していた時代の表記方法ですので、つけてもつけなくても構いません。

薄墨か黒墨か

お渡しする寺院などに不幸があったわけではないので、どの宗教でも薄墨ではなく普通の黒墨で書きます。ボールペンや鉛筆類はマナー違反となりますので避け、筆もしくは筆ペンを使います。

法事のお布施の渡し方

タイミング

法事のお布施を渡すタイミングには特に決まりがありません。法事が始まる前、最初のご挨拶の際に渡すことが多いですが、会葬者の対応などで時間がなく渡せない場合は、お式が終わってからで構いません。

渡し方のマナー

お布施は手渡しではなく、お盆やふくさの上に置いて、相手にすっと差し出します。封筒の方向は相手から見て正面となるよう、ご自身から見て上下逆向きにします。お盆は床をすべらせてはいけません。

お渡しする際には「本日は(故人名)の(儀式名)に際し、供養いただきありがとうございます。こちらご本尊にお供えください。」といったお礼の言葉を添えます。

法事のお布施は新札を使っても良いのか

法事のお布施に入れるお金の新旧に厳密な決まりはありませんが、新札をおすすめします。なぜならば、お渡しするご寺院などに不幸があったわけではないということ、さらに、法事は葬儀とは異なり事前にお渡しする予定がわかっているからです。

複数枚数のお札を入れる場合は、お札の向きを揃え、封筒の表側・上側に顔が来るように入れます。香典とは逆になりますので、注意してください。

お布施の準備は形よりも気持ちを大切に

ご親族の法事にあたりご寺院などに用意するお布施の相場は法事の内容によって変わり、5千円から1万円か、3万円から5万円程度のどちらかです。お布施の他に御車代・御膳料を用意する場合が多いです。

お布施のマナーは、表書きと封筒と渡し方を抑えていれば大丈夫です。表書きは、仏教であれば宗派に関わらず「御布施」か「御礼」と、普通の黒墨で書きます。封筒は一重で無地の白い封筒を使います。法事の前または後に、お盆かふくさの上に相手向きに置き、お礼の言葉を添えてすっと差し出します。

大切なのは感謝の気持ちですので、形式に気を取られずに心をこめてお渡ししましょう。

Latests