Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】地鎮祭に服装・季節別|ネクタイ/スーツ

更新日:2020年08月20日

地鎮祭とはどんなことをする儀式でしょう。そしてどんなマナーが求められるのでしょう。更には地鎮祭に参列する場合にはどのような服装で行くべきでしょう。マナー違反にならない服装とはどんなポイントに注意するべきなのか、地鎮祭のアレコレを紹介しています。

地鎮祭とは?

地鎮祭を知っていますか。「じちんさい」と呼びますが、地鎮祭とは建物を建てたり土木工事を施す際に、その土地を守る神様にお供え物をしたり、土地をお祓いして悪い気が入り込まないよう清める儀式をいいます。

地鎮祭はまさに日本的文化です。そもそも日本では古来より自然界には多くの神様が存在していて、その神様の保護があるからこそ人間が無事に生活できているという考えが受け継がれてきました。

地鎮祭は今でも行われています。信心深いご家庭の家屋や土地だけでなく、企業の施設や寺社仏閣など幅広い分野で取り入れられている行事でもあります。そのため社会人になると、何らかの地鎮祭に出席する機会も増えます。

こうした地鎮祭に出席する場合の服装や失敗しないマナーについて紹介します。

地鎮祭の基本的マナーを知っておこう

地鎮祭は神社の行事です。その土地の氏神様を祀っている神社が執り行うものとされている儀式です。ですから儀式を執行するのは神主さんです。

地鎮祭を行うのは吉日と考えられています。一番良い日取りは大安とされていますが、先勝や友引でも問題なしと考えられています。行うのは必ず午前中です。日本の神様の考え方として神様にお願いしたりお詣りするのは、全て午前中と考えられています。

この行事は土地の神様にお祀りするもののため、祭壇やしめ縄などが必要になります。こうした祭壇やしめ縄の配置には決まりごとがあります。素人が思いつくまま行うことは不可能ですから、専門業者や神社の指示を受けましょう。

地鎮祭に出席する前に確認しておくこと

地鎮祭に出席する際に持参しておくべきもの、また参加する際の決まり事やマナーについて紹介します。事前に抑えておくことで、式典で恥ずかしい思いをすることもありません。

お供えや初穂料などは施主が準備する

地鎮祭は式典だから出席者も初穂料やお供えなどを持って行くべきなのかと、初めて参加される場合は気になるところでしょう。こうしたお供え物や初穂料は施主が準備します。ですから出席する場合には準備する必要はありません。

地鎮祭は神様に無事をお祈りするお祭りです。施主がその代表者としてお供えするというのが一般的です。

地鎮祭の基本的な流れとは?

地鎮祭の簡単な流れを説明します。式典の流れを把握しておけば、初めて参加する場合でも不安がないでしょう。

まず始まる前に気を付けるのは席順です。地鎮祭では席順が決まっている場合が多いです。また前列の席が主要な役員として後列は決めず参加者の自由という場合もあります。座席に座る前に席順を確認しておきましょう。

次に式典自体は司会若しくはそれに準ずる役の説明によって進行します。開式の辞を述べた後神主が出席者を清めます。このとき本来は起立するよう指示されます。お清めが終わればまた着席してかまいません。

その後神様を祭壇に降臨させる儀式や祝詞をささげる儀式などの儀式が続きます。司会により起立を求められる機会が複数あります。指示に従いましょう。途中玉串奉奠を供える場合もあります。係員の指示に従って納めましょう。その後は起立、着席を繰り返し、閉式の辞をもって終了となります。

地鎮祭はお神酒をいただくことがある

地鎮祭では神酒拝戴という儀式があります。簡単に言えばお神酒を出席者皆でいただくということです。神様にお供えした清めの力のあるお神酒を身体に取り込み、その土地の無事と共に土地にかかわる自分たちの安全も祈願する意味で行います。

お神酒は日本酒です。ですから飲む場合にはその後運転しないという場合に限って飲むようにしましょう。お神酒を渡される量は少量ではありますが、アルコール度数の高い日本酒は少量摂取しても飲酒運転に変わりありません。

近年は、こうして運転する方のためにノンアルコールのドリンクを準備している地鎮祭もあります。手渡される場合にはアルコールであるかを確認しましょう。

好奇心から勝手にさわったり踏み入れたりしない

地鎮祭では、参列者が来る前に祭壇を作ったり玉串を準備したりと、通常ではなかなかお目にかかれないような品物や環境を目にすることとなります。その中にはしめ縄で囲ったお清めのための場所などもあります。

好奇心旺盛な場合、どうなっているのかやどんなものが置いてあるかなど気になるでしょう。しかしそれは全て、ここを清めてくださる神様のために準備したものになります。好奇心のために触ったり立ち入ったりして良いものではありません。

神様の領域を聖域として重んじる信心深い方には、こうした好奇心旺盛な態度はマナー違反にうつります。こうした行動に移らずとも、そんな戯言を冗談めいて話しているだけでも不謹慎ととられかねません。地鎮祭の会場ではなるべく私語を慎み、静かにしていましょう。

地鎮祭は公式的な行事と考えましょう

地鎮祭はまだ整地されていない土地や、更地で行われる行事です。林間や空き地といった屋外で執り行われる場合も多いです。事情を知らないと「ちょっと出席する」という軽い気持ちで出向く可能性もあるでしょう。しかしそれはマナー違反で、周囲からも白い目で見られます。

神様にこの土地の安全や、工事の無事をお祀りする儀式です。神様にお願いするのにふさわしい服装や身なりで出席する必要があります。これは出席者のみならず、会社の地鎮祭で使役を指名された人にも該当します。地鎮祭に出席する人は皆、きちんとした服装になるべきことを忘れないようにしましょう。

男女別地鎮祭に服装とは?

地鎮祭に出席する場合、一度も出席したことが無いという方にはどんなことをする式典なのか分からず、想定できないシチュエーションに不安が募ることもあるでしょう。

地鎮祭に出席する場合の服装について、男女別に紹介します。

初回公開日:2018年04月23日

記載されている内容は2018年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests