Search

検索したいワードを入力してください

香典返しに商品券を送るのは失礼でないのか・送り方や挨拶文

更新日:2020年08月20日

最近、香典返しに商品券を贈るケースがあります。明らかなタブーとされているわけではありませんが、やはり快く思わない方も少なくありません。商品券は合理的で便利な面もありますが、問題点もありますので、香典返しに商品券を贈る場合には十分な配慮が必要です。

最近、カタログギフトで商品券を掲載しているものがあります。やはり、商品券そのものだと直接すぎで香典返しとしては、難しいと考える方でも、一旦、カタログギフトの形をとると直接感がうすれて贈りやすくなります。

JRのギフトカード

JRのギフトカードは西日本、東日本などで呼称は違いますが、旅行券としても使え、宿泊や買い物としても使える便利です。新幹線の乗車券を商品券で購入する場合はJR各社発行のものに限りますので、こちらも旅行好きな友人や親せきの方など、親しい方に贈る香典返しとしては、おしゃれな感じもしていいのではないでしょうか。

高額な香典をいただいた場合の対応はどうするべきか

高額な香典を包む方には、理由がある場合があります。

香典返しは一般的には、いただいた香典の半額から3分に1が相場ですが、理由によっては、その金額に応じた高額な香典返しは、相手の方に却って失礼にあたりますので気を付けてください。

親しい親戚からの高額な香典をいただいた場合の香典返し

親しい親戚からの高額な香典は、相互扶助の意味合いがありますので、その際の香典返しは少な目でよいでしょう。

親しい親戚であれば、商品券でも角が立つこともないでしょうし、使い勝手の良い商品券は、かえって喜ばれることでしょう。

会社関係からの高額な香典をいただいた場合の香典返し

会社関係にはきちんと半返しをして、熨斗紙や挨拶状をつけましょう。

金額がリアルにわかる商品券は、会社関係では気分を害される方もいらっしゃるので、商品券と一緒に品物やカタログギフトを贈ることをお勧めします。

香典返しに商品券を贈るときには細心の注意を

香典返しは、やはり最近はカタログギフトが主流です。カタログギフトに変わっていく頃に賛否両論あったように、今は商品券を贈ることに対しての賛否両論が巻き起こっています。新しい変化があるときには、どうしても古いしきたりに囚われる人は、新しいことに嫌悪感を抱くことが多いです。

親戚の高齢の方や会社の上司、取引先の社長さんなどは、年齢があがればあがるほど、古くからのしきたりを大事にします。ですので、商品券だけの香典返しだと、理解を得るのは難しいので商品券と一緒にカタログギフトや品物を贈ることをお勧めします。

そして、お礼状と挨拶文を必ず添えて、感謝の気持ちを伝えてください。商品券は現金ではありませんが、金額がはっきりとわかります。快く思わない方が多いのは事実ですが、それ以上に自分の好きなものを購入できる無駄のない便利なものです。上手に気持ちと一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests