Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】引きこもりでもできる仕事|在宅/女性/

更新日:2020年08月20日

引きこもりの数が増え、一種の社会現象のようになっています。しかし、引きこもりの方の中には、このままでいいはずがなく、仕事をしなければと考えている人も多くいます。しかし、なかなか自分で仕事を探すことは難しいです。今回は、そのような人たちに有益情報をお届けします。

引きこもりの増加

インターネットを頻繁に見ていてこの記事に行き当たったという方の中には、さまざまな理由から「引きこもり」になってしまった人もいるのではないでしょうか。

一口に引きこもりと言っても、置かれた生活状況や引きこもりをしている年数など、大きな違いがあります。病気などの理由から仕事ができなくなってしまい、その結果引きこもりになってしまった人もいれば、単に仕事をしたくない・学校に行きたくないから引きこもりになったという人もいるでしょう。

近年では、引きこもりの高齢化というのもニュースなどで取り上げられることがあります。一定の年齢までは仕事をしていたけれども、何かがきっかけで引きこもりになってしまい、そのまま10年・20年と年齢を重ねてしまう人が増えています。

引きこもりは仕事を探しづらい

引きこもりの方は、基本的に収入を得る手段がありません。配偶者や両親が仕事をして十分な生活費があれば良いですが、なかなかそういうわけにはいかない場合もあるでしょう。そのため、引きこもりの方の中にも、良い仕事があれば働きたいとおもっている人が多いです。働くことで社会復帰をして、もう一度社会の一員に戻りたいと考えることは非常に良い傾向です。

しかし、現実では引きこもりをしていた方は、非常に仕事を探しづらいです。引きこもりをしていた期間が長ければ長いほど、社会はそれを受け入れてくれません。どれだけ働きたいとおもっても「引きこもりだった」という事実だけで、マイナスのイメージを持たれてしまうことも多いです。

しかし、せっかく社会復帰をしたいとおもっている引きこもりの方にできる仕事もあります。そこで、今回の記事では、引きこもりから脱出したいと考えている方に仕事について紹介します。

引きこもりの方が今すぐやるべきこと

まずは、引きこもりの方が仕事をするにあたって、今すぐにすべきことをいくつか紹介します。

自分を理解する

引きこもりの方が仕事をする前に必要なことは「自分を理解する」ことや「危機感を持つ」ということです。

引きこもりの方は、基本的にずっと家にいるわけですから、どれだけ自分が世間から離れたところにいるかを、いまいち理解していないことが多いです。だからこそ、仕事をしなければいけなということや、働く意味について考えが及ばなくなってしまいます。

大前提として、引きこもりのまま生きていくことは不可能です。その状態を永遠に続けていくことはできません。

配偶者がいなくなったり、親がいなくなったりしたら、あなたはどのように生きていきますか。病気になってしまったら、通院費・入院費はどうしますか。結婚して子供が欲しいと思いませんか。そのような普通の生活を送るために、まずは引きこもりから脱却しましょう。

体を動かしてみよう

引きこもりの方の多くは、基本的に毎日部屋でゴロゴロしていたり、パソコンでインターネットをしたり、ゲーム漬けの毎日を送っています。その結果、体は動かなくなってしまい、思考も閉鎖的になってしまいがちです。その状態でいきなり仕事をしても、なかなかうまくいかないでしょう。

そうならないためにも、まずは毎日体を動かすことから始めてみてはいかがでしょうか。激しい運動を行う必要はありません。ジョギングなどの軽い運動を毎日行うことによって、体も軽くなりますし、その結果、少し開放的な気持ちになることができます。今まで暗い気持ちになることが多かった人でも、少しずつ明るい気持ちを持つことが可能になるでしょう。

誰かに会ってみよう

引きこもりの方は、仕事をする・しない以前に、人と会うことが苦手な人が多いです。その結果、社会からどんどん遠ざかってしまい、さらに外に出ることができなくなるという悪循環を生んでいます。

自分の中で、会うことに一番ハードルが低い相手で構いません。いとこやおじさんなど、親戚・身内でも一緒に住んでいない人であれば構いません。普段合わない人に会うようにしましょ言う。

珍しい人と会うことによって、普段は考えないようなことを考えたり、いつもは考えないそとの世界をイメージすることができます。社会復帰の第一歩として、まずは誰かに会ってみましょう。

引きこもりでもできる・向いている仕事

それでは、ここからは実際に引きこもりの方ができる仕事・向いている仕事をいくつか紹介していきます。ここに書いてあるものを参考に、ぜひ自分に適した仕事を探してみましょう。

在宅でできる仕事があることを知ろう!

引きこもりの方ができる仕事と考えると、一般的に周りの人がやりたくないような仕事をやらされるイメージが強いです。しかし、そんなことはありません。さまざまな仕事から自分に合ったものを探すことができます。

今の時代は、働き方に限りはありません。外で働くことだけが良いわけではありません。外に出て対人関係を結ぶことによって、引きこもりになってしまった方も少なくありません。

そのような時になのが「在宅」の仕事です。なぜ、在宅がなのかというと、在宅であれば自分が好きなことや興味のあることで仕事につなげることができます。そこで次は、在宅でできる仕事についていくつか紹介します。

在宅ライター

最初にするのは「在宅ライター」という仕事です。在宅ライターとは、在宅で記事を書く仕事のことです。

記事を書くと聞くと、専門的な知識だったり、パソコンの能力も高いものが求められるような気がしてしまいます。確かに、本格的なメディアや記事媒体に載せようと思ったら、それなりの技術が必要になります。

しかし、そんなに専門的な知識が技量がなくても、書くことができるものがあるのが、在宅ライターのポイントです。インターネットのクラウドソーシングサイトを覗いてみると、ライター募集がたくさんされていることが分かります。その中には、みなさんが書きやすい題材のものが必ずあるでしょう。

「経験不問」とされている案件も非常に多くあります。その分、文字単価や報酬は低い傾向にありますが、社会復帰の第一歩として最適と言うことができるでしょう。また、経験を重ねていくことで報酬額もアップしていきますし、努力のしがいのある仕事でしょう。

基本的に出社の必要はないですし、連絡もほとんどメールで行います。そのため、引きこもりの方であっても、人目を気にすることなく仕事を行うことができます。

内職

引きこもりの方に次にする仕事は「内職」です。内職とは、自宅でできる簡易な仕事を工場などから受け取り、一定の期間内にそれらを完成させる仕事です。

内職は、誰でも手軽にできる簡単な内容の仕事が多く、今すぐにでも始められる点が非常に大きいです。また、内職というと、物を取りに行ったり納品しに行ったりしなければならない場合が多いと考えられがちですが、自宅に郵送して納品も郵送でできる場合もあります。

また、在宅ライターと同様、1つ当たりの単価はとても低い場合が多いですが、数をこなせばこなすほど稼げますし、なにより単調作業が多いため、慣れてしまえば早く仕事をこなすことができます。特別な技術が必要ないという点も、引きこもりの方にできる点です。

動画配信

次に、する在宅でできる仕事は「動画配信」です。これは、仕事というよりも、趣味の延長線上という意識が強いでしょうが、最近非常にのある仕事です。インターネット上には、数多くの動画配信サイトが存在します。引きこもりの方も、時間が余っていて毎日のように視聴しているという人も多いのではないでしょうか。

そして、それらの動画配信サイトでになれば、ある程度収入を得ることができることも広く知られるようになってきました。

そこで、もしみなさんが何か1つでも特技があるのであれば、動画配信を始めてみてはいかがでしょうか。例えば、ゲームが得意ならゲーム実況でも構いません。好きなことを仕事にできる人の最上級が動画配信です。「ここだけは他の人より優れている」と思う点を、ぜひ存分に生かしてください。

アルバイトや派遣社員から始めてみる

引きこもりの方が仕事をしようとおもって失敗する典型例が、いきなり正社員になろうとして、どこの会社も雇ってくれず、また引きこもりに戻ってしまうパターンです。残念ながら、手に職がない状態では、何年も引きこもりをしていた方を、正社員で雇ってくれる会社はそう多くありません。

しかし、本当に正社員でなければいけないのでしょうか。アルバイトや派遣社員であっても立派に仕事をしている人はいますし、正社員でも真面目に働いていない人はいます。

もちろん、正社員の方が給料や福利厚生が良いという点はありますが、最終的に正社員になることを目指して、最初はアルバイトや派遣社員から始めてみるのも良いのではないでしょうか。

アルバイトや派遣社員をすることによって、引きこもりから脱却したという事実を作りましょう。できることなら、並行して資格の勉強などをすると、就職にはさらに有利になります。

男女別引きこもりでもできる仕事

初回公開日:2017年11月29日

記載されている内容は2017年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests