Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月13日

42歳で転職するために|年収・資格・未経験職・求められること

42歳で転職することを考えていませんか?一般的に、40歳を超えた転職は狭き門になると言われています。しかし、知識や経験の上でも即戦力になる42歳は、転職に有利な場合もたくさんあるはずです。42歳での転職を考えてみましょう。

42歳で転職したい!

日本でも最近では、転職をしたり、ヘッドハンティングで別の会社に引き抜かれるなど増えてきました。また、企業の間では、元気で、経験が豊富なシニア層を再雇用する動きも出てきました。しかし、その一方で、昔ながらの年功序列や、年齢制限が残っているのも事実です。日本では、一般的には40歳を超える転職は、選択肢が限られ狭き門であると言われています。

42歳での転職は狭き門ではありますが、考え方や方向性を変えることによって可能性は広がります。また、今後は、シニア層やスキルや経験のある人を再雇用する動きが加速化されることも予想されています。今回は、そのあたりも含めて42歳で転職するにあたり、マインドセットや、どう前向きに取り組んだ恵良良いのかなどについてお話ししていきます。



42歳で転職する際のポイントは?

42歳での転職に期待されることって?

42歳で転職すると決めたとしましょう。では、42歳という年齢について、またその年齢で転職を考えている応募者について、企業の採用側は何を求め、確認するのでしょうか。

42歳という年齢は、新入社員や、20代、30代とは違い、企業などで仕事の経験も豊富で、仕事を通してスキルや知識もあります。また、リーダーとして部下の指導などを任されていたりもします。そういった面からも、42歳は即戦力になると考えられていますし、期待もされます。そこをアピールすることがとても大切です。また、部下への指導だけでなく、上層部に対してのアシスタントマネージャー的仕事も任されたり、上層部が不在の時の代理としても重要な役割を果たしています。転職をする際には、そのような経験があること、また能力があることをしっかりと説明が出来ることが期待されます。

女性の転職はうまくいく?

日本では、女性の場合は、42歳という年齢が男性よりも重く取られがちです。しかし、これも徐々に緩和されつつあり、率先して女性を管理職に採用するなどの動きも出ていますし、これからさらに加速化されることも考えられます。キャリアがあれば、そこを強くアピールすることが大切です。

また、子育てなどを理由に、退職し主婦業をしばらくした女性が仕事に復帰しようとする場合、女性が多く活躍しているコールセンターや、受付、スーパーなどもチャンスがあります。また、正社員を目指しているが、現在、正社員の空きがない場合は、パートや契約社員として働き成果を出して、その後正社員へ移行するという道もあります。

初めから全てを求めるのではなく、出来るところからブレイクスルーすることも大切です。男女共、42歳という年齢を、逆にプラスに出来る要素を書き出し、それを自分のスキルや経歴と重ねてみて、どうアピールできるか、転職先にどうプラスになるか考えることが大切です。

42歳で未経験職種へ転職するのは?

42歳というと、組織の中でも中堅管理職的な役割をしている人も多いと思います。また社会経験も豊富でスキルも知識もあるため、転職を考える時に、似た職種や、これまでの経験を生かせる仕事を探す傾向にあると言われています。

それはこの年齢で未経験職種への転職は考えなおした方が良いということでしょうか。そうでは決してないと言えます。自分らしくあるために、また夢を追うために異業種へ転職する人もいます。では、42歳で未経験職種へ転職するためには、どうしたらいいのでしょうか。

未経験職種にチャレンジする時のポイントって?

最初に、なぜ未経験職種を選ぶのかしっかりとした理由を考えることがポイントとなります。やったことがないから、面白そうだからではなく、その職種や企業の将来性や取り組みを理解し、自分も仕事を通して貢献出来ることなどをきちんとアピールできるようにすることが大切です。そして、42歳という年齢で、異業種からの転職ということを面接で聞かれますので、そこをきちんと説明出来るようにします。

そして、これまでの経験をどう未経験職種で生かせるか、また42歳という年齢でも柔軟に対応できること、新しいことへのチャレンジ精神があること、学ぶスピードが速いことなどをアピールすることがポイントです。

未経験職種であっても、転職のチャンスがある限り、自分とその職種への接点を考え、どう貢献できるかをしっかりとアピールできればチャンスは広がります。決して躊躇することなく、前向きに取り組むことが大切です。

42歳で転職すると年収はいくら?

42歳で転職しようと考える時に、多くの方が気になる点でもあると思いますが、年収はいくらになるのかということではないでしょうか。民間給与実態統計調査によると、平成25年の40代前半(40歳から44歳)の平均年収は、男性で568万円、女性で290万円と言われています。これはあくまで平均年収ですので、職業や役職などによってその値は変わります。

42歳で転職することを考えた時、多くの方が気になるのが年収が上がるのかどうかだと思います。これまでの仕事の経験などを生かせたり、希望していた職種につけて年収も上がれば一番いいのですが、すべてが自分の希望通りにかなうのは少ないと言えます。これまでの経歴を評価されて、競合会社からヘッドハントされた場合は、年収も交渉できることもあります。

転職で年収や役職が下がることもある?

やりがいを求め、また自分の夢を叶えるために転職をする場合、役職が下がったり、年収が下がることをよく耳にします。まず、自分はなぜ転職をしたいのか、そこをしっかり自分と向き合って考えることが大切です。また、転職したい仕事によっては、年収が下がったり、これまでの役職から下がることも理解しておくことも大切です。

年収が下がっても、役職が現在のポジションよりも下がったとしても、新な職場で頑張って結果を出せば、必ず上司に認めてもらえ、昇給や昇格のチャンスが訪れることでしょう。42歳という年齢で転職をする際には、そういった状況も視野に入れて考えることも大切です。

また、42歳という年齢は、子供の教育費や家のローン、また将来への備えなど様々な事への計画をしている人も多いと思います。転職によって、年収が下がった場合、これらの計画についてどう対応していくかも考えておくことも必要です。

42歳の転職で役に立つ資格って?

資格をもっていると42歳での転職にも有利?

42歳で転職すると決めました。選考をされる際に、他の応募者よりも有利な位置に立ちたいと誰もが考えます。少しでも有利なポジションに立つ、または目に留めてもらうにはどうしたらいいのでしょうか。それには2つ方法があります。一つは転職をする際に役に立つ資格を取ること、もう一つはアピールをすることです。

まず転職で役に立つ資格についてお話します。資格といっても沢山あり、やみくもに資格を取って並べても効果はありません。沢山ある資格の中で、42歳で転職する際に役に立つと考えられている資格に的を絞ることが大切です。今、人気のTOEICをアピールしても、それだけでは印象を強く打ち出すことは出来ません。例えば、英語を使う仕事であれば、TOEICスコアの他にもう一つアピールできるものが必要です。TOEICの他に、エンジニアのスキルがあれば、海外に展開しているエンジニア系列の企業にはそこをアピールが出来ます。

転職の際に役に立つ資格とは?

そんな中で、42歳の転職で最近注目されている資格の中に、ファイナンシャルプランナー、医療事務、介護福祉関係、電気工事士、第2種運転免許、マンション管理士などがあります。これらの資格は今、ニーズが高く、人手不足のこともあり、社会経験が豊富な42歳の応募者が、これらの関係企業に応募する際にこの資格を持っていると即戦力として目に留まりやすくなります。

また第2種運転免許などは、タクシーの運転手にもなれるため有利と言えます。タクシー業界は介護タクシーサービスを推進しているところも多く、また女性ドライバーを増やしてきめ細かいサービスを目指すなど様々な取り組みをしています。そして、42歳よりも上の年齢のドライバーも多く活躍している業種の一つです。

介護福祉関連は、今、そしてこれから益々需要が見込まれ、人手が足りていない状況です。大変な仕事ではありますが、やりがいは大きいと言えます。人と接すること、人の役に立つことを喜びにしている方におすすめの仕事です。

また先程の資格のところで触れた、マンション管理士などは、年齢に関係なく応募を受けているところも多いと言われています。

勿論、アピールする際に、転職する職種と資格が合うことは大切ですが、上記にあげた資格を持つことで、42歳で転職する際の職種やチャンスを広げることが出来ます。

自分をアピールすることも大切!

もう一つはアピールをすることです。例え、これらの資格がなくても、これまでの社会経験が、応募しようとしている仕事へどう役に立つかということをアピールすることが大切です。そのためには、これまでの職務経歴を振り返り、どんなことを成し遂げてきたか、また、難しい状況にもどう対処したか、人をどう育ててきたかなど、細かく分析をしてみることをおすすめします。具体的に紙に書いて、今回、応募する仕事内容や、求められているスキルや経験などと照らし合わせてみて下さい。異業種からの転職で、直接つながりが見えない場合でも、見る観点を変えることで異業種でも大いに役に立つ経歴としてアピールも出来るはずです。

42歳での転職は狭き門と一般に言われていても、0%でない限りチャンスはあります。前向きにとらえ、自分というショーケースをどうアピールするか考えることをおすすめします。

42歳で転職しよう!

この仕事に就きたいという熱意はいつの年齢においても大切です。自分が身につけたスキルや経験に自信を持って、この仕事にチャレンジしたいという熱意を笑顔で伝えましょう。

42歳で転職することについてお話してきましたが、いかがでしたか。世間では40歳を超えた転職について、容易いことではないことを耳にします。しかし、日本も働き方について欧米化してきており、結果を出せば年齢に関係なく昇給や昇進が出来るようになりつつあります。

また、即戦力となるシニア層や退職した人を再雇用する動きも活発になってきています。42歳という年齢にこだわりすぎず、逆にその年齢をプラスに考えて、これまで培ってきた知識や経験、スキルをしっかりとアピールし、その仕事にかける情熱とやる気をきちんと説明出来れば、道は開かれます。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Related