Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

「あなたにとって仕事とはなんですか?」と問いかけられたらあなたはどう答えますか?「あなたにとって仕事とはなんですか?」はこれから就職や転職をする前に考えておかなければならない大事なベースになります。ESや面接で是非読んで参考になるよう紹介をしていきます。

就職や転職で質問する意図

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

就職や転職する場合に企業が応募してくる人がどのような人物なのかチェックのために事前にESを提出させます。「あなたにとって仕事とはなんですか?」などのテーマを与えその回答内容で、どのような認識を持っている人物なのかある程度事前に確認できます。

また面接では直接会って「あなたにとって仕事とはなんですか?」とESと同じように質問し答え方を確認します。その意図は入社を希望する人が会社をどこまで理解し、仕事に対する熱意や意欲がどの程度あるのか、人柄として社員とうまくコミュニケーションが取れそうかなどを確認するために質問しますので質問の意図するところを理解しながら対応することが大事です。

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

就職や転職の採用試験でペーパー試験の得点が高くてもほとんどの企業で面接試験があります。ペーパー試験がなくても面接試験だけは行われています。

面接は企業にとって必要な人材かどうかを見極めるために直接本人に会ってどのような考えをもって仕事をしようとしているのかいろいろ質問し確認されます。面接の前に想定質問などいろいろ準備して本番に臨みますが、その中でもはずせない基本的な質問に「あなたにとって仕事とはなんですか?」というのがあります。質問の意図を良く考えながら答えていく必要があります。

予想質問と合っている場合

面接で「あなたにとって仕事とはなんですか?」と聞かれたときに、事前にこのような質問に答える準備ができていれば素直に自分の気持ちが伝わるように答えていけばよいですが、ここで大事なことはあなた自身が仕事に対してどのような目的をもって今面接に臨んでいるのですかという質問の意図があることを考えて答えることが必要です。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」との質問に対し、自分で受験する企業に対し入社後やりたい仕事があり、その仕事をやりたい目的が明確になっていれば、自分の言葉で内容を掘り下げて熱く意欲を持って話をすることが大事です。

予想質問と違った場合

面接で質問された「あなたにとって仕事とはなんですか?」に対し特に考えたこともなく、困ってしまったときには臨機応変に考える必要があります。その時に質問の意図することを想像し答えなければなりませんが、注意しなければならないのは答える内容がどこの会社にも当てはまるような、人の役に立ちたい、社会や会社に貢献したい、自分の成長のためなどの内容では面接官の意図するところとは違ってきます。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」にその程度しか答えられないのですか、それではどうぞ他の会社で頑張ってくださいとなりかねません。

質問の意図するところがどうしても思いつかず答えられない時には、無理して答えて印象を悪くするより、正直に思いつきませんと答えざるを得ませんが戸惑いながら答えるのではなく、落ち着いて今いただいた質問に対し後でしっかり考えてみたいと思います、と質問に感謝するような言葉を添えて答えることです。

面接での返答例

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

面接で「あなたにとって仕事とはなんですか?」と質問されたときの答え方に、その質問を予測されていた時と予測していなかった時では返答の仕方が違ってきます。しかしどちらの場合でも受験しようとしている会社に関係させて返答していくことが大事です。

予想質問と合っている場合

面接で質問された「あなたにとって仕事とはなんですか?」が自分の想定していた質問であれば、しめた!ということで堂々と自分の考えを話しすることができますが、この「あなたにとって仕事とはなんですか?」と質問する意図を十分理解していないと堂々と話をしているつもりでもあなたの仕事観や意欲を期待している面接官をうなずかせることはできません。

仕事に対する夢のような理想論だけを並べても通じません、面接官はこれまでも何十人何百人に同じ質問をしているかもしれません、その中で意識してもらうためには企業の中で自分がやりたい職種を明確にするとともに入社後スキルアップしながら努力し、その後違う職種に異動になっても先輩や同僚社員にいろいろ指導してもらいながら社内経験を積み重ね仕事全体を理解できるように努力し、将来はしっかり会社に貢献できる社員になり、会社の仕事を通し社会に貢献していきたいなどと自分の言葉で熱く答えられることが大事です。

予想質問と違った場合

面接での質問はどのような順序で出てくるかわかりません、前の質問までは順調に答えられていても「あなたにとって仕事とはなんですか?」と予想していなかった質問された場合に、あわててはいけません。

面接官は答えられないことがあることは十分承知しています、答えられない時に正直か焦るか、言い訳するか笑ってごまかすかなど、どのよう答えるタイプなのかをみるのも面接官にとっては大事な人物チェックになるからです。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」が予期せぬ質問だったとき、会社や職種の事と合わせて考えてもうまく出てこない場合には、そうですねとゆっくり言いながら、深く考えている様子を見せ予期せぬ質問にも動揺しないことで、むしろ落ち着いている印象をアピールすることができます。

面接では、何でも答えればいいというわけではなく無理に答えず分からないときは、分からないと正直に答えることも大事ですが、その場合単なる分からないではなく、この機会に後でじっくり考えてみますなどと答えると面接官の印象も良くなります。

ESの目的

採用試験の前に提出させるESの目的は与えたテーマに対してどのような考え方を持ち整理し文章化できているかチェックし、次のステップに進めるかどうか検討する大事な材料になります。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」のテーマに対してはしっかり考えないと文章化するのが難しいです、またESには提出期限があります。「あなたにとって仕事とはなんですか?」というような時間をかけなければ提出が困難なテーマに対し、どれだけ集中し真剣に考えていつ提出したかもチェックされます。

ESの提出は締め切り直前より、もっと早く提出された方が志望動機の高さや意欲などと比較されることもありますのでESを出させる目的を理解し、早めに提出できるよう心がけることが大切です。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」ESでの書き方

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

ESは履歴書や志望動機と違い「あなたにとって仕事とはなんですか?」などのテーマや文字数などが与えられます。ESでは志望動機や資格などを確認するのではなく「あなたにとって仕事とはなんですか?」というテーマにどのように答えてくれるのか、その内容から応募者がどのような人柄なのか想像し、他の応募者と比較することになります。

資格や成績だけでは判断できない部分を「あなたにとって仕事とはなんですか?」で提出された内容から会社に対する理解度、仕事に対する熱意や意欲を判断されるのです。そのためには会社の魅力とその理由、他社との比較した上で選んだ理由など含め「あなたにとって仕事とはなんですか?」の文章作成の中に自分をしっかりアピールできる書き方にすることが次のステップに進むためにとても重要です。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」は働く考え方のベース

就職・転職における「あなたにとって仕事とはなんですか?」の問いの意図

ESや面接で大事なことは応募する会社の情報を十分収集し、他社と比較し選んだ理由や、やりたいことを明確にし、さらに入社5年後10年後などスキルアップや成長をプラス思考で描き、これをベースにESや面接に臨むことです。

ESでは「あなたにとって仕事とはなんですか?」など与えられたテーマは仕事する上での基本です、意図を考えながらアピールポイントも入れながら工夫して作成し、熱意や意欲を示すために早く提出することができますが、面接となると対策をとっていたつもりでも思うように答えられなくなることがでてきます。

「あなたにとって仕事とはなんですか?」などの基本的な質問は事前にしっかり考えたことがないと簡単に答えられる内容ではなく無理して答えようとするとつじつまが合わなくなりかえってあわてることになりますので、分からない時にはちょっと考えて「あなたにとって仕事とはなんですか?」ということは、自分がこれからの仕事をする上でとても大事なことなので後でじっくり考えてみたいと思いますなどと、答えられない質問には前向きに答えることです。

また面接官から最後に質問はありますか?と聞かれたときに何もありませんではなく、業界の今後の動きや会社の計画や将来像など何かポイントアップできる質問をすることも大事です。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

←前の記事へ

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

受付事務の仕事内容|受付になるための志望動機の書き方と例文

Latests