Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

経営コンサルタントの仕事内容や年収を知らない方も多いと思います。実は、会社に所属している方と個人で行なっている方がいるんです。会社に所属する場合と個人の場合の年収も気になりますね。今回は経営コンサルタントの年収を仕事内容などと一緒に説明します。

経営コンサルタントの仕事や年収って?

経営コンサルタントという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。経営コンサルタントといっても仕事内容はさまざまです。どのような仕事なのか、年収はどのくらいなのか気になる方も多いと思います。今回は、年収なども含めて経営コンサルタントについて説明します。

経営コンサルタントの仕事内容

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

経営コンサルタントは会社や店舗の経営状態を調査し、アドバイスなどを行なう仕事です。対象としては、今後の経営戦略や雇用状態などさまざまなことが挙げられます。経営コンサルタントは会社や店舗のクライアントから依頼を受け業務を行ないます。

勤務先

経営コンサルタントは、経営コンサルティングを行なっている会社などが勤務先になります。現在、経営コンサルティングを行なっている会社は数多く存在します。会社に勤めて経営コンサルタントとして働く方もいれば、独立して働く方もいます。

経営コンサルタントに関する資格

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

経営コンサルタントと聞くと気になるのが資格です。資格があるのか、必要なのか気になる方も多いと思います。経営コンサルタントに関する資格について説明します。

資格は必要?

経営コンサルタントと聞くと資格がなければできないとイメージする方も多いと思います。実は、経営コンサルタントになるには資格が必要ありません。資格がなくても経営コンサルタントになることができるんです。しかし、資格は必要ありませんが、経営コンサルティングに関する知識が必要になります。

関連する資格

経営コンサルタントの資格はありませんが、関連する資格があるので説明します。主な資格としては、公認会計士や税理士、中小企業診断士などがあります。これらの資格は経営コンサルタントの仕事に関係したものとなっています。

養成所で取得できる資格がある

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

実は、「公益財団法人日本生産性本部コンサルティング」で経営コンサルタントに関する資格を取得することができます。取得方法などを説明します。

その資格とは?

「公益財団法人日本生産性本部認定 経営コンサルタント」です。この資格は「経営コンサルタント養成講座 3か月コース」を受講し、試験に合格することで取得することができます。講座は50年以上前に開講され、多くの卒業生を輩出しています。毎年10月に開講され、3か月間行なわれます。

講座は対象に当てはまる方のみ受講することができます。対象となる方は会社後継者やシステムエンジニア、金融機関の法人担当者などです。座学だけでなく、実際に経営コンサルティングを体験する実習も行なっています。

もう1つある?

もう1つ養成講座で取得することができる資格があります。それは「中小企業診断士」で、「経営コンサルタント養成講座 中小企業診断士コース」を修了することで登録資格を得ることができます。6か月間の講座で、毎年3月と10月に行なわれています。講座を行なう前に数回事前説明会が行われています。

中小企業診断士の講座は中小企業診断士の一次試験に合格した方が受講することができ、中小診断士にも実習があります。

実習の内容は?

実習は経営コンサルタントの元で行なわれます。実習期間は3か月コースが約2週間、中小企業診断士コースが9日間となっています。どちらも企業で実習を行ない、業務を体験します。実習では経営状況を把握して改革案の提案などを行ないます。

経営コンサルタントの役職とは?

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

経営コンサルトのにはさまざまな役職があります。どのような役職があるのか説明します。

主な役職

経営コンサルタントには主に、アナリストやコンサルタント、マネジャー、パートナーなどがあります。役職は経験などに合ったポジションに就きます。それぞれの役職にはどのような方が就くのか説明します。

アナリスト

アナリストは新入社員が就く役職です。アナリストからスタートし、経験を積んでキャリアアップしていきます。主な仕事内容は業務を行なうために必要な情報収集や分析などです。上司から指示を受け、情報収集などを行ない、報告するという重要な役割を担っています。

コンサルタント

コンサルタントは入社して数年経験を積むと就ける役職です。アナリストよりも上の役職となります。主な仕事内容は自分で仮説を立て、検証を行なうという作業です。アナリストよりもさらに幅広い業務を行ないます。

マネジャー

マネジャーはコンサルタントの上の役職になります。プロジェクトの責任者という立場になり、業務に取り組みます。主な仕事内容はプロジェクトや予算の管理などです。プロジェクトを行なうに当たって重要な役割を担っている役職なのです。

パートナー

マネジャーの上の役職がパートナーです。パートナーは会社の共同経営者という形で所属し、経営に関わります。主な仕事内容は社員の採用や育成、プロジェクトの受注など経営に必要か不可欠な業務です。

年収

現在、人気のある経営コンサルタントですが、年収がどのくらいなのか気になる方も多いと思います。外資系と個人、中小企業のコンサルタントがいるので、それぞれの年収について説明します。

外資系

外資系の年収は役職にもよりますが、新入社員が就くアナリストは500万円前後の所が多いです。そこからスタートし、コンサルタントになると多くの会社では1000万円を超します。1つ役職が上がると年収がグッと上がります。マネジャーになると1500万円以上、パートナーになると数千万円になります。上の役職に行けばいくほど巨額の年収になるのです。

個人

個人の場合は会社勤めの方と違い、毎月決まった額が入ってこないのです。仕事をするには自分自身で仕事を獲得しなければなりません。歩合制となるので、実力に応じて年収が違ってきます。年収が100万円に満たない場合もあれば1000万円を超える場合もあります。

一人で業務を行なっている個人の場合は会社と違い、全ての業務を自身で行なわなければなりません。仕事量が増えるとその分やることも多くなります。その結果、仕事の効率が落ち、なかなか年収が上がらないということもあり得ます。

中小企業

中小企業の年収は外資系の会社と比べると差が出てきます。一般社員は500万円前後の所が多く、係長クラスになると800万前後になります。外資系の場合は年収がグッと上がりますが、中小企業の場合は緩やかに年収が上がっていきます。外資系と比べると年収の推移が違っているのです。

年収は職場によって違う

このように、職場によって年収が違っています。外資系企業や中小企業に勤めている場合は安定した収入が入ってくるので、多くの年収を得ることができます。しかし、個人の場合は安定した収入が約束されているわけではないので、年収に差が出てきます。

経営コンサルタントとしての独立方法

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

個人で働いている方は以前所属していた職場から独立したという方が大多数です。経営コンサルティングを行なっている企業に所属し、業務を行なって経験を積みます。多くの経験を積み、知識などを身に付けてから独立します。経営コンサルタントになるための資格がないので、独立すれば誰でも経営コンサルタントと名乗ることができます。

しかし、経営コンサルティングの知識などが必要になるため、独立後に稼げるかどうかは実力次第です。実力よって年収に差が出てくるので、独立したら年収が上がるとは限らないのです。

多くの年収を稼げる夢とやりがいのある仕事

経営コンサルタントの仕事内容・外資/個人/中小の年収・独立方法

経営コンサルタントの仕事内容や年収などについて説明してきました。経営コンサルタントは会社に勤める方と個人で行なう方がいます。経営コンサルタントは会社などをサポートし、業績アップに貢献することができます。また、実力があれば昇進や仕事量のアップなどで多くの年収を稼ぐことができる仕事なのです。経営コンサルタントは会社などの業績アップに貢献でき、多くの年収を稼ぐことができる夢とやりがいのある仕事なのです。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests