Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

男女別高卒での転職のすすめ|高卒で大手に転職を成功させる方法

高卒では転職はしにくいかもしれませんが、自分自身がどのような人材で転職先にどんなメリットがあるかということを上手く伝えれることができれば高卒でも大きな企業に転職は可能ですが、ある程度努力も伴ってくるということを記事にまとめてみました。

男女別高卒での転職のすすめ

男女別高卒での転職のすすめ|高卒で大手に転職を成功させる方法

大学進学率が年々増えている昨今、高校卒業で働く方も立派です。しかし、大学行ってから就職した方が「大手に行けたかな」と考えた方も多いのではないでしょうか。高校卒業の新卒時に大手に行ければよいのですが、結局は中小に就職しているという方は多いでしょう。

「大手に行きたい、もっと面白い仕事に就きたい」と考えてはいるけど学歴が高卒だからと諦めてはもったいないです。世の中新卒ではなくても高卒で大手で働いている方は大勢います。ここでは高卒で大手に転職を目指す方に向けて記載していきます。

高卒だからといって卑屈になる必要はありません。転職したいなと思った企業の募集案件に大卒以上と記載があったとしても、これは企業側の希望なので高卒であったとしても必要な人材と思わせることで採用の道は開かれます。

高卒で転職はできるのか

高卒で転職を希望する方は意外に多いです。18歳から働きだしていますが、働いていく中で違う仕事や、やってみたい仕事が出てくるからです。在籍している会社でやれればいいのですが、できなければ転職ということになります。実は企業としてもまだ若く社会経験がある高卒の転職者も意外に需要があるものです。

転職しようにも大卒と高卒では大きな差があります。就職にかかわる書類や面接のやり方です。高卒では周りの流れで淡々と進みますが、大卒での就職では基本的に自分で動かなければなりません。そのため大卒では高卒より就職するためのノウハウが蓄積されています。自分に能力があっても見せ方が悪ければ採用されにくことになるので、ある程度採用されるための見せ方を勉強しなければいけません。

女性の場合

男女平等といった社会となりつつありますが、まだまだ女性のほうが仕事に対して厳しい状態が多いです。特に高卒女性の場合はさらに厳しいかもしれません。

高卒女性の場合、一度働いてから専門学校行ったりして看護師になる方が増えています。看護師ではなくても歯科助手、医療事務といった転職の方がしやすいです。やはり高卒女性は一般企業に転職というのは少し厳しいので、医療系に進む方が生活にも安定ができます。

高卒で大手に転職を成功させる方法

折角転職するならば大手に行きたいという方は多いです。大手になると競争率が高くなり、より高卒での転職は厳しくなってきます。更に転職といっても、いろんな選択肢が出てきて悩みどころです。

今までのと同じ職種に就くのか、それとも違う職種に就くのか、専門職についてキャリアつくり成長していきたいなど、若いければ若いほどチャンスは出てくることでしょう。その中で一番求められることは動機や志望理由です。ここがしっかりストーリーを作り上げ説明できれば大手でも採用の可能性は高くなります。

履歴書、職務経歴書または面接がどうしても苦手だけど能力やスキルには自信があります。という方も人材不足の昨今では非常に重要な人材ですので、転職にはかなり有利です。

高卒でも大丈夫

求人情報を見ると求人条件に大卒、専門卒以上などとかかれていることが多いです。この時点で高卒だから求人に応募できないと諦めてしまう方もいます。求人条件は企業の希望として記載されていることがあるため大卒、専門卒と同等の能力があると判断されたら採用の可能性は上がります。また、本当に大卒、専門卒以上でないといけないという場合もありますが、求人には応募できるはずです。可能性は低いかもしれませんが、行動しなければ何も動きません。

学歴が高卒だとしても、今まで働いてきたキャリアを持っていれば転職先に評価されることが大いにあります。特に技術系でのキャリアではかなり高評価を持たれることがあるので、むしろ高卒の技術系は需要が多いです。

大手はハードルが高いのか

大手では新卒一括採用がよくあります。大手は基本人気がありますので、大卒、専門卒、高卒など新卒でとることが一般的ですが、昨今では一括採用ではとれないような人材を求めている企業もあるようです。なぜ、そのような企業があるかというと、市場のグローバル化や多様性といった変化が大きく存在することにより、企業側としても外からある程度社会経験ある人材に変化をもたらして欲しいという考えがあります。

このことから毎年何人か転職者を求めているのです。さらにこういった企業は求人条件に学歴不問となっていることがありますが、知識やスキルがなければ少々厳しい状況に置かれるでしょう。しかし、これは1つのチャンスとして捉えることができます。

高卒からの転職で有利な資格

男女別高卒での転職のすすめ|高卒で大手に転職を成功させる方法

高卒での転職は若さやスキル、能力といったことで転職を有利に進めることができ、さらに資格取得というのは自分自身の能力向上といったことでも役に立てることができるのです。ここではどのような資格があるのかを重点に置いて解説していきます。資格と言ってもいろんな資格があり、基本的には国家資格と民間資格に分類されますが、どちらにもピンキリなのでよく調べましょう。

いろんな資格を習得したとしても、それをどのように仕事に活かせられるのかを考えて行動しなければなりません。もし、転職先で面接中に仕事に関係ない資格のことを話してしまうと回答に困ってしまうことがあるからです。資格を取りすぎるとただの資格マニアとして、少し敬遠されることがあります。

技術系の資格

技術系の資格は重宝されます。資格を持っているのか、持っていないかということは法律上決められていることがあるからです。法律上で必要になってくるということは国家資格ということもあり、難しい資格がたくさんあります。

比較的簡単なものでは、電気工事士、危険物取扱、配管技能士といったものがあります。基本的には現場系のものが多いですが、この資格がなければ仕事ができないといった場面があったりしますので取っておいて損はないでしょう。

特に電気工事士には、第二種電気工事士と第一種電気工事士とありますが、第二種電気工事士だけでも取っておけば、人手不足のこの業界では転職しやすい分野でもあります。しかし、仕事内容がきついということもあるので注意しましょう。

格上の技術系資格1

もっと技術的に難しい分野にも挑戦したい、かつ転職に有利な資格としては、無線系・情報系・工業系の資格が良いです。昨今では機電系の人材を多く欲しているので、その分野に強い資格を持っていると転職がしやすいかもしれません。

無線系では、陸上・海上・航空・その他とありますが、最初は生活の馴染みもある陸上が取りやすいです。最終的には、総合無線が一番難しいところもあるので、興味ある方はチャレンジしてはいかがでしょうか。

工業系の資格で、工事担任者といった分野も陸上無線と問題が被っていたりするので一緒に取得しやすいです。この資格はアナログとデジタルで分けられていて、デジタル分野の受験者が多いですが、逆にアナログ分野に強くなれば貴重な人材になれる可能性もあります。

格上の技術系資格2

工業系では電気を取り扱う分野の資格が多いです。電気工事士はもちろんのこと、電気工事士より難しい通称電験というものがあります。最初は三種から取得を目指しますが、科目が4科目あるので勉強時間がかなりかかります。早くて100時間で遅くて500時間~というのが一般的です。ちなみに電験一種になると、司法試験と難易度が同じくらい難しいとも言われています。

情報系の資格は簡単なものもありますが、その資格をもっているかといって転職は難しいです。今後IT分野はさらに人材不足が加速されるとも言われていますので、資格よりも実務で努力していれば転職は選り取り見取りです。情報系の資格の注意点としては情報系には能力+α程度と思っていた方が面接が上手くいかなくても立ち直れるでしょう。

文系の資格

文系の資格になると書類仕事が多くなることがあり、椅子に座って動けないということがよくあります。文系の資格はどのようなものがあるかというと、公務員系・不動産系・法律系などさまざまな分野にあるのです。このような資格は基本的に暗記物が多いですが、計算問題も普通に出てきます。難易度も難しいものが多く、その分野の専門学校も多数存在していて競争率も高いです。

文系の資格は需要よりも供給が多いことがあるので、取得したけど使い道がなったりとすることがあるようです。公務員資格の場合、昨今では公務員は人気の職種で、公務員になりたがる方が多く試験に合格したとしても面接等で落とされるといったこともあるので、資格試験に合格したとしても注意しましょう。

国家資格

国家資格は幅広くあり、公務員系や法律系はもちろん、工業系・情報系・医療系とさまざまな分野に存在します。公務員系は残念ながら人気のある職種なので、転職には少々努力が必要になってくるでしょう。工業系は電気に関する資格を持っていれば重宝されることが多いですが、勉強する範囲が広かったりするので時間がかかります。

医療系の場合は、選り取り見取りです。特に看護師の国家資格持っていれば、日本全国どこでも働けます。この記事で紹介してきたどの資格よりも強いです。ただし看護系や医療系の学校を卒業する必要があるので注意しましょう。高卒からなれる看護師ですが、その分仕事が過酷ということもあり離職率も高いようです。

転職した場合の給料

転職するからには今まで以上に良い待遇の企業に転職したいというのが転職者の希望です。しかし、転職してから待遇が下がったなんて話はよくあることです。

転職先の企業にもよりますが、転職してしばらくは一般給料ではなく数パーセント減らしての給料ということもあるので、周りの同僚にも確認しましょう。本当に給料が少ない又は提示された金額と異なるといった場合は別問題となるので、自分で企業側に交渉するしかありません。

待遇面に関しては求人内容や面接で確認できるはずです。また、面接中や面接後で少し交渉できる場合もあるので妥協しないよう頑張りましょう。もし、ある程度確認できない場合は、ブラックの可能性があるので転職を控えた方が賢明です。

給料は減るor増える?

高卒だから転職してもそんなに給料変わらないだろうと考えているかもしれませんが、企業により給料は全然違います。新卒時には高卒、専門卒、大卒といったように給料が違うかもしれませんが、転職者は学歴で給料を決めていません。能力や年齢などが加味されて、給料を提示をする企業がほどんどです。このことから転職者が切羽詰まってない限り、給料は増えることになります。

給料が減ってしまう転職としては、すぐにでも今の会社を辞めたい、どこでもいいから働きたい、未経験だから給料減るといったことから発生してしまいます。

待遇面を考慮して転職というのもいいですが、給料は増えるけど仕事がきつい、つまらないといったことでストレスを抱え、結局辞めてしまうことがあるので自分にとってなにが重要なことなのかをハッキリさせた方が転職成功確率を高めます。

学歴差別は受けるのか

男女別高卒での転職のすすめ|高卒で大手に転職を成功させる方法

大きい企業に転職してしまうと有名大学卒業の方も増えてくるでしょう。そんな中、高卒で転職して働くとなると少しプレッシャーを感じるかもしませんが、仕事を進める際に学歴なんて関係ないはずです。

関係ないということを信じたい気持ちでもありますが、やはり学歴によって昇進できたり、高卒だからと見下したりする企業もあります。しかし、そんなことを気にしている場合ではないです。高卒で同じ会社に転職できているということはある程度能力が認められているという自信を持ち仕事に精を出しましょう。

会社によりちょっとした差別もあるかもしれませんが、全部が全部そうとうは限りません。特に今では嫌がらせなどをモラルハラスメントと呼ばれるようになってきていますので、嫌がらせする方も少なくなってきていることでしょう。

強味を持つ

男女別高卒での転職のすすめ|高卒で大手に転職を成功させる方法

高卒でより良い企業または職場で働きたい場合はある程度の能力やスキルが必要になってきます。高卒以上の方は勉学に励んできた方も多く、その分をリカバリーできるような内容が高卒の転職を有利に進めることができるはずです。

強味とは、今まで働いてきた仕事の思い、身に着けた能力やスキル、資格などなどが挙げられます。また自分自身が「大したことない」と思っている能力等が、他の方から見たら強味と思われてたりするので、しっかりと自己分析することが大切です。

学歴なんて吹っ飛ばせ

高卒だから大きい企業に転職は無理だろうと気にしていても仕方ありません。世の中高卒だろうが中卒だろうが転職を成功させている方もいますし、会社の社長や経営者になっている方も多くいらっしゃいます。高卒だから今までやってきたことは高卒以上の方にも負けないといった姿勢が重要です。

大卒よりも高卒の方が優秀なこともあります。過去より今どのような行動をしているか、学校を卒業してからはどのような思いで働いているかということがより求められています。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests