Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

仕事をする上で大切なことの認識は大変重要であり、面接では簡単に答えることができないような「仕事をする上で大切なこととして」などの質問に対する回答の仕方などで必要な人材なのかを見極めようとしています。これらの考え方に対する例を示しています。

面接で聞かれる仕事をする上で大切なこと

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

面接ではどのような質問が出るか不安になりますが、質問の中に仕事をする上で大切なことなどが含まれることがあります。これらの質問に対しどのように答えられるかが大事になりますので、質問例と考え方の例を示します。

応募のきっかけ

面接で応募するきっかけとなったことが質問されることがあります。面接官は、仕事をする上で大切なこととして応募書類に記入されている志望動機より、本当はなぜうちの会社を選んだのか最初の応募のきっかけを知りたいのです。

提出された志望動機は作成マニュアルやいろいろなアドバイスや添削を受けながら何度も書き直され完成し提出されていると面接官は考えています。そこには自分の意志と違う他人の考えが優先していることが多く、本人の本当のところが不明確なのです。

会社としても、仕事をする上で大切なことは本人の素直で正直な気持ちが知りたいでしょう。自分のなかでも、応募するきっかけになった気持ちを大事にすることが入社後仕事をする上で大切なことになります。

何をやりたいか

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

面接官が仕事をする上で大切なこととして質問する内容に、「入社後何をやりたいか」ということがあります。求人内容には募集職種が表示され、それに基づいて応募しているのは当然ですが、仕事をする上で大切なことになるのであえて質問をします。

その答え方次第で、単にこの会社に入社したいだけなのか、会社の業績や職種を良く理解して応募しようとしているのかが分かります。

本当にやりたいことが明確になっていることが入社後仕事をする上で大切なことになります。そのためにも、やりたい仕事が明確で、その仕事ができそうな企業数社と比較・検討した中で選んだ会社であるという熱意が伝わるように面接で話をすることが大切です。

将来この会社をどうしたいか

面接官が面接を進める中で、「この人物はちょっと見込みがありそう」「仕事をする上で大切なことだな」と思う時に質問する内容があり、この質問に対する答え方で本気度を確かめようとします。

それは「会社の将来に期待すること、また将来この会社をどうしたいか」等の質問です。会社に期待することや、会社をどうしたいかなどは会社の理念・業績・取り組んでいること・今後の計画など企業内容をしっかり理解していないと簡単に答えることはできません。

その中で自分が持っているスキルを活かしてやりたいこと、また将来は会社をこのようにしたいと将来の会社のイメージを描けることも会社にとっては貴重な存在になります。会社の採用は、「頭数を揃えること」ではなく「会社の発展のために貢献してもらえるかどうか」を見極める必要があるのです。

面接官には、応募者の中からそのような人材を探し出す責任があります。面接の段階で「どこまで真剣に考えているか」を判断するため突っ込んだ質問になってしまいますが、本気であればそこまで準備しておく必要がある、ということです。

同僚と仕事をする上で大切なこと

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

仕事をする上で大切なこととして入社後の同僚との関係を尋ねられることがあります。企業の発展のためには同僚との協調性などが必要です、トラブルメーカーにならないような人物チェックのためです。

同僚との信頼関係

同僚と仕事をする上で大切なことは「信頼関係」です。同僚は時にライバルになることがありますが、仕事をする上で大切なことはお互い信頼関係にあることです。

信頼関係は簡単には構築できませんし、信頼していたと思っていても些細なことで簡単に崩れてしまうこともあります。それだけに、信頼関係を構築し継続することは非常に難しいことなのです。

会社の面接では、仕事をする上で大切なこととして同僚や他の社員と協調してうまくやっていける人物かをチェックします。会社の中で、自分が一番他人の言うことを聞かないなど我が強く、会社の輪を乱すように思われる人物は面接では当然マイナスチェックです。仕事をする上で重要なことですから、同僚との協調性をアピールすることが大切です。

相談できる仲間としての同僚

面接で、入社後同僚との関係をあえて質問するのには理由があります。入社後すべて順調に進むわけではなく、辞めたくなるようなことも何度も出てくるでしょう。そして残念ながら退職してしまう可能性もあるのです。

面接では期待できる人材として採用しても、退職されてしまっては何にもならないばかりでなく無駄な投資になってしまいます。そうならないように、仕事をする上で悩み事など何でも相談できる仲間としての同僚が必要なのです。

自分が悩んだ時の相談相手、あるいは同僚が悩んだ時に頼ってもらえる自分として、お互いに真剣にアドバイスしあうことができる人物かどうかを面接で質問・チェックされます。面接では「仕事をする上で大切なことは相談しあえる同僚がいることだ」ということを話しすることが大切です。

上司と仕事をする上で大切なこと

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

面接では入社後他の社員や同僚との協調性についてチェックされますが、同様に仕事をする上で大切なこととして「上司に対する意識」についてもチェックされます。

上司との信頼関係

転職でも新卒でも入社後の自分の直属の上司がどのような上司なのかとても気になります。転職の場合はキャリアを活かせることがあるかもしれませんが、新卒で入社した人には特にそう思われる存在です。

しかし仕事をする上で大切なことは上司の態度や性格だけで判断するのではなく、仕事上の進め方や判断で困った時に自分から相談でき、適切にアドバイスしてもらえるかが大事になります。

上司によっては質問されたら答える人、質問されなくても様子を見ていて積極的にアドバイスしてくれる人、とそれぞれ違いがあります。仕事をする上で大切なことは上司を信頼し、上司に対し素直に正直に接する姿勢です。

面接では「上司との理想的な信頼関係」などを質問されることがあるので、素直に正直に、そして積極的にアドバイスを受けながら着いていく姿勢がアピールできることが大事です。

上司と目標の共有化

一般的に、所属しているセクションにはセクションごとの目標があります。その目標は、さらに個人に分けられることがあります。

上司の役割として、セクションの目標を達成させることが責任の一つになります。社員が仕事をする上で大切なことは自分の目標達成とセクションの目標を達成するという目標の共有化が大切になるということです。

自分の目標だけ達成できれば良いということではありません。仕事をする上で大切なことは目標を共有化し、達成に向かってセクション全体が一丸となって取り組むチームワークが求められます。

面接では「上司に対しどのような接し方をするか」を質問されることがあります。仕事をする上で大切なこととして、面接で「上司との関係はアドバイスを受けながら目標に向かってチームとして協力し合いながら努力したい」としっかりアピールすることが大事です。

取引先と仕事をする上で大切なこと

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

営業職を希望する応募者に面接で質問されることの中に、「取引先と仕事をする上で大切なことは何だと思いますか」というような質問があります。

このような質問の答え方としては、3つの側面があります。1つは取引先に対して、2つは会社にとって、3つは自分自身にとって仕事をする上で大切なことを考えることです。

取引先の利益につながる

取引先は、一般的には数社から商品を仕入れ販売しています。ライバル会社がある中で、営業として取引先と仕事をする上で大切なことは、「利益につながる」ということを認識してもらうことです。同じような商品でも、「こちらの商品を販売してもらったらライバル会社の商品より利益が出る」ということを具体的に分かってもらうということです。

面接では、ライバル会社より取引して利益があると認識してもらえるように取引先に分かってもらえるよう努力することが、仕事をする上で大切なことだとアピールできることが大事です。

自社商品の取引拡大

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

取引先は、常にライバル商品と競合させながらバージョンアップさせようと考えています。取引先も社運をかけて事業を展開するために常に取扱商品に目を光らせています。

取引先と仕事をする上で大切なことは、取引先の利益がさらにアップするように付加価値商品や新製品などで取引の拡大を図ることです。そのためには、自社で扱っている商品の種類や特徴、違いなどを理解し、同時に、取引先からの情報をフィードバックしながら商品の改良や新製品の開発などを提案、商品化することで、取引先にこれまでの商品にプラスして販売できるよう営業努力することが必要です。

面接では、営業として仕事をする上で大切なことは「市場動向を収集し、商品改良や新製品開発提案などを積極的に行い、自社商品の拡大ができるよう努力する」ということをアピールすることが大事です。

信頼関係の構築

取扱っている商品が他社に負けない良いものであり、得意先に利益面で貢献できると信じていても、取引先との信頼関係がなければ継続させることはできません。信頼関係は、会社として築いてきた取引関係が継続拡大することも、切れてしまうのも、担当者が取引先に与える影響が大きいのです。

営業は新人でもいいのです。ライバル会社の営業がベテランでも良いのです。取引先の利益になることを誠実に一生懸命やることです。信頼が得られるようになるまでは時間がかかります。しかし取引先が利用して便利なPOPやツールを作成し喜ばれ、時にはアシスタントのようなことで少しずつ人間関係を構築し信用を得ることはじゅうぶん可能なのです。

仕事をする上で大切なことは「新人は新人なりの信頼関係を構築することができること」を面接でアピールすることが大切です。

仕事をする上で大切なこととしてのコミュニケーション

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

仕事をする上で大切なことに、「お互いに意思を十分に伝えあうことができるコミュニケーション能力」が求められます。コミュニケーションがうまくいっていないと思わぬトラブルや失敗につながることがあるので注意することが必要です。

社内でのコミュニケーション

社内で仕事をする上で、コミュニケーションはとても必要になります。上司からの指示に対し不明なことはすぐ確認できる・同僚とは仕事上の事や遊び家庭の事など自由に話し合える・他の部署との仕事上のやり取りや交流、などが普段から自由に行われていることが大事です。

忘れたり失敗したりするのは誰にでもあることです。コミュニケーションがうまくいっていないと、相談することができないだけでなく周囲も気が付かずフォローすることができません。そこで落ち込んでしまっては、原因を見つけることも難しくなってしまいます。

そうならないように、社内で仕事をする上で大切なこととして面接では「コミュニケーションをうまく図っていきたい」とアピールできることが大切になってくるのです。

取引先とのコミュニケーション

取引先と仕事をする上でも、もちろんコミュニケーションは必要になってきます。コミュニケーションは、直接会って話をするだけでなく電話やメールなどの活用もあります。重要なことや期日指定があるもの、確認が必要な内容は素早く、そしてタイムリーに行われなければなりません。

コミュニケーション不足でチャンスを逃がす、信頼をなくすようなことがないようにしなければならないのです。直接話しができる時は、要件とは別のたわいのない話もそんなに気を遣わず、遠慮なく交わされるようになることで信頼関係も築くことができます。

用件は一方的でなく確認しながら進めることが必要であり、面接でも仕事をする上で大切なことに取引先とのコミュニケーションも必要だ、と言えることが大事です。

家族とのコミュニケーション

仕事をする上で最も大切なことは「家族とのコミュニケーション」です。どれだけ優秀で仕事が順調に進んでいても、家族とのコミュニケーションがうまくいっていないと結果的に仕事に悪い影響が出るようになります。仕事に対する家族の理解と協力が必要です。

また、仕事で悩んでいるときに家族に打ち明けられる状況にしておくことも大切です。悩んでいるときに一番心配し真剣に対応してくれるのは家族です。

仕事の楽しさも苦しさも、普段から家庭の中で自由に話ができるようにしておくことが必要です。面接では仕事をする上で大切なことは、「家族とのコミュニケーションが必要だ」ということも話できることが大事です。

仕事をする上で大切なこととしての信頼関係

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

信頼関係は仕事をする上で大切なことです。信頼関係があるかないかで大きな違いが出てくることにつながり、仕事で成功するも失敗するも信頼関係が大きく影響します。面接で
使える、仕事をする上で大切なこととしての信頼関係を社内・取引先・家族に分けて整理します。

社内での信頼関係

社内で仕事をする上で大切なこととして信頼関係を築くことが必要とは分かっていても簡単にできることではありません。社内でということは一部の人からだけでなく多くの人から信頼できる社員であると信用されることです。当然最初は同じ所属やチームの中で信用されなければなりません。自分の仕事が終われば同僚が残業していても協力姿勢がない、上司にゴマをすっている、自分勝手などでは信用されないばかりでなく自分が困った時に協力してもらうことは困難です。

仕事をする上で大切なことは裏表なく責任感を持って周囲と協力し合いながら目標達成に向かえる信頼関係です。面接では社内で仕事をする上で大切なこととして社内での信頼関係と責任感が必要であると話ができることが必要です。

取引先との信頼関係

取引先と仕事をする上で大切なこととしてコミュニケーションをあげましたが、さらに信頼関係を築いていくことが大事です。言葉上で合わせていても信用・信頼関係にあるとは必ずしも言えません。

決めたことにお互いに責任をもって行動する、その行動はお互いの目標に向かって協力し合いながらタイミングよく行われ、その効果を確認できることでお互いに信用できるようになります。

ミスや失敗があってもお互いにカバーしあえる、また目標達成できた時など一緒に喜び合えるような事が繰り返しできるようになって信頼関係ができるのです。面接で取引先と仕事をする上で大切なこととして信頼関係が必要であることを話しできることも大事です。

家族との信頼関係

会社の仕事をする上で大切なことに家族との信頼関係が必要です。一見仕事と家族とは関係がないように思えますが、家族から仕事に対し理解を得るためには家族との信頼関係がとても重要になります。

家族がどのような仕事をしているのだろうか、仕事が順調にいっているのだろうか、健康に影響はないのだろうかなど心配することがないように普段から仕事に関して話をしながら仕事に対し不安を抱かせないように信頼関係をつくっていくことが大事です。

面接では安心して仕事をする上で大切なこととして家族との信頼関係が必要だということも言えることが必要です。

仕事をする上で大切なこととしての責任感

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

社会人として仕事をする上で大切なことは、これまで述べてきたようにたくさんあります。社内においても、取引先との関係であっても、また家族との関係であっても共通することの一つに「責任感」があります。責任のない上辺だけの表現や行動はすぐに壊れてしまいます。

信用を得るまでは時間がかかりますが、信用を無くすのは一瞬です。誰にでもミスや失敗はあります。しかし日常の仕事に対する取り組み方や、仕事に対する責任感などは周囲の人が見ています。

責任感があると思われている人のミスや失敗は周囲が協力しカバーしてくれるでしょう。しかし面接では社内でも取引先に対しても、また家族に対しても、「どんな困難があっても乗り越えようとする努力や責任感は仕事をする上で大切なことである」と言えることが大事です。

面接における仕事をする上で大切なことという質問に対する考え方

採用試験においてはペーパー試験や面接試験がありますが、企業によってはペーパー試験がなく面接だけの場合もあります。また面接も一度だけでなく、面接官も人事から所属長、また幹部や経営者直接など数回にわたり面接を実施する企業もあります。それだけ面接が重要視されているということなのです。

企業は、ペーパー試験の点数だけでは分からない人物チェックが必要であると考えています。現在の就職活動や転職活動に対する支援策がたくさんあり、その中に面接対策も多数アドバイスされています。

アドバイスにより、自分の意志や考え方とは関係なくアドバイス通りの練習が積み重ねられ、入社後に実体のない、言葉だけ理想だったことによる相互の認識の違いが出てくるとお互いが不幸に感じてしまいます。

面接における「仕事をする上で大切なこと」という質問に対する考え方で重要なことは、それをいかに自分の考え方にできるかです。表面的なのか本物なのかを面接では見抜こうとしているのです。

入社したいと考えるなら、それらの質問にうわべだけでなくしっかりした回答ができるよう考えなければなりません。

面接では「仕事に対する熱意をみせる努力」が大切

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

企業として更なる発展や事業拡大のためなどで本当に必要な人材を探しています。面接では入社を真剣に考えているのかどうか判断するためにいろいろな角度から質問し、いろいろな面接官からチェックされるのです。

真剣であれば企業内容や業績、これから取り組もうとしていることなどや取引先なども当然理解しておかなければなりません。また、面接で「仕事をする上で大切なこととしての考え方」を問われたときに、これまで述べたことも含めて得た知識を自分が本当に必要なことだと理解し、不足しているところを補えるよう努力することが大切です。しかし、緊張する面接の場で思うように答えられないことも事実です。それも面接官は織り込み済みです。

面接では、多少答えられないことがあったとしても真剣に答えようとしている姿勢や熱意を示すことが重要です。最後まで「入社を果たし企業のために貢献したい!」という熱意を伝える努力を怠らなければ、それはきっと面接官の心に響くでしょう。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests