Search

検索したいワードを入力してください

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答

初回公開日:2017年07月19日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2017年07月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事をする上で大切なことの認識は大変重要であり、面接では簡単に答えることができないような「仕事をする上で大切なこととして」などの質問に対する回答の仕方などで必要な人材なのかを見極めようとしています。これらの考え方に対する例を示しています。

面接で聞かれる仕事をする上で大切なこと

面接ではどのような質問が出るか不安になりますが、質問の中に仕事をする上で大切なことなどが含まれることがあります。これらの質問に対しどのように答えられるかが大事になりますので、質問例と考え方の例を示します。

応募のきっかけ

面接で応募するきっかけとなったことが質問されることがあります。面接官は、仕事をする上で大切なこととして応募書類に記入されている志望動機より、本当はなぜうちの会社を選んだのか最初の応募のきっかけを知りたいのです。

提出された志望動機は作成マニュアルやいろいろなアドバイスや添削を受けながら何度も書き直され完成し提出されていると面接官は考えています。そこには自分の意志と違う他人の考えが優先していることが多く、本人の本当のところが不明確なのです。

会社としても、仕事をする上で大切なことは本人の素直で正直な気持ちが知りたいでしょう。自分のなかでも、応募するきっかけになった気持ちを大事にすることが入社後仕事をする上で大切なことになります。

何をやりたいか

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答
※画像はイメージです

面接官が仕事をする上で大切なこととして質問する内容に、「入社後何をやりたいか」ということがあります。求人内容には募集職種が表示され、それに基づいて応募しているのは当然ですが、仕事をする上で大切なことになるのであえて質問をします。

その答え方次第で、単にこの会社に入社したいだけなのか、会社の業績や職種を良く理解して応募しようとしているのかが分かります。

本当にやりたいことが明確になっていることが入社後仕事をする上で大切なことになります。そのためにも、やりたい仕事が明確で、その仕事ができそうな企業数社と比較・検討した中で選んだ会社であるという熱意が伝わるように面接で話をすることが大切です。

将来この会社をどうしたいか

面接官が面接を進める中で、「この人物はちょっと見込みがありそう」「仕事をする上で大切なことだな」と思う時に質問する内容があり、この質問に対する答え方で本気度を確かめようとします。

それは「会社の将来に期待すること、また将来この会社をどうしたいか」等の質問です。会社に期待することや、会社をどうしたいかなどは会社の理念・業績・取り組んでいること・今後の計画など企業内容をしっかり理解していないと簡単に答えることはできません。

その中で自分が持っているスキルを活かしてやりたいこと、また将来は会社をこのようにしたいと将来の会社のイメージを描けることも会社にとっては貴重な存在になります。会社の採用は、「頭数を揃えること」ではなく「会社の発展のために貢献してもらえるかどうか」を見極める必要があるのです。

面接官には、応募者の中からそのような人材を探し出す責任があります。面接の段階で「どこまで真剣に考えているか」を判断するため突っ込んだ質問になってしまいますが、本気であればそこまで準備しておく必要がある、ということです。

同僚と仕事をする上で大切なこと

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答
※画像はイメージです

仕事をする上で大切なこととして入社後の同僚との関係を尋ねられることがあります。企業の発展のためには同僚との協調性などが必要です、トラブルメーカーにならないような人物チェックのためです。

同僚との信頼関係

同僚と仕事をする上で大切なことは「信頼関係」です。同僚は時にライバルになることがありますが、仕事をする上で大切なことはお互い信頼関係にあることです。

信頼関係は簡単には構築できませんし、信頼していたと思っていても些細なことで簡単に崩れてしまうこともあります。それだけに、信頼関係を構築し継続することは非常に難しいことなのです。

会社の面接では、仕事をする上で大切なこととして同僚や他の社員と協調してうまくやっていける人物かをチェックします。会社の中で、自分が一番他人の言うことを聞かないなど我が強く、会社の輪を乱すように思われる人物は面接では当然マイナスチェックです。仕事をする上で重要なことですから、同僚との協調性をアピールすることが大切です。

相談できる仲間としての同僚

面接で、入社後同僚との関係をあえて質問するのには理由があります。入社後すべて順調に進むわけではなく、辞めたくなるようなことも何度も出てくるでしょう。そして残念ながら退職してしまう可能性もあるのです。

面接では期待できる人材として採用しても、退職されてしまっては何にもならないばかりでなく無駄な投資になってしまいます。そうならないように、仕事をする上で悩み事など何でも相談できる仲間としての同僚が必要なのです。

自分が悩んだ時の相談相手、あるいは同僚が悩んだ時に頼ってもらえる自分として、お互いに真剣にアドバイスしあうことができる人物かどうかを面接で質問・チェックされます。面接では「仕事をする上で大切なことは相談しあえる同僚がいることだ」ということを話しすることが大切です。

上司と仕事をする上で大切なこと

面接で聞かれる「仕事をする上で大切なこと」についての質問・回答
※画像はイメージです

面接では入社後他の社員や同僚との協調性についてチェックされますが、同様に仕事をする上で大切なこととして「上司に対する意識」についてもチェックされます。

上司との信頼関係

転職でも新卒でも入社後の自分の直属の上司がどのような上司なのかとても気になります。転職の場合はキャリアを活かせることがあるかもしれませんが、新卒で入社した人には特にそう思われる存在です。

しかし仕事をする上で大切なことは上司の態度や性格だけで判断するのではなく、仕事上の進め方や判断で困った時に自分から相談でき、適切にアドバイスしてもらえるかが大事になります。

上司によっては質問されたら答える人、質問されなくても様子を見ていて積極的にアドバイスしてくれる人、とそれぞれ違いがあります。仕事をする上で大切なことは上司を信頼し、上司に対し素直に正直に接する姿勢です。

面接では「上司との理想的な信頼関係」などを質問されることがあるので、素直に正直に、そして積極的にアドバイスを受けながら着いていく姿勢がアピールできることが大事です。

上司と目標の共有化

一般的に、所属しているセクションにはセクションごとの目標があります。その目標は、さらに個人に分けられることがあります。

上司の役割として、セクションの目標を達成させることが責任の一つになります。社員が仕事をする上で大切なことは自分の目標達成とセクションの目標を達成するという目標の共有化が大切になるということです。

自分の目標だけ達成できれば良いということではありません。仕事をする上で大切なことは目標を共有化し、達成に向かってセクション全体が一丸となって取り組むチームワークが求められます。

面接では「上司に対しどのような接し方をするか」を質問されることがあります。仕事をする上で大切なこととして、面接で「上司との関係はアドバイスを受けながら目標に向かってチームとして協力し合いながら努力したい」としっかりアピールすることが大事です。

Latests