Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月13日

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

適性検査で良く出題されるのが、計算問題や図形問題です。適性検査の計算問題では、内田クレペリン検査や玉手箱等が行われます。転職や就職等で良く出題される問題は、語彙や読解や英語に関する問題が出題されます。問題を出題する企業意図は、理解出来ると対策が立てやすいです。

適性検査の問題例とは?

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

適性検査で良く出題されるのが、計算問題や図形問題です。しかしどのタイプの問題でも適正検査のみだけではなく、ビジネスの現場で業務を行う時に必要になるスキルが試されます。

ただし計算問題や図形問題とは言っても、どんな問題が出題をされるのかイメージが出来ない事があります。そこから2種類の出題例について、話をしていきます。

計算問題で求められるもの

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

適性検査の計算問題は種類が多岐に渡っていて、小学校の時に算数の授業で勉強した単純な計算問題もあれば四則演算を素早く行っていくタイプの出題も考えられます

これくらいの問題であれば難しくありませんが、難関大学の入試試験を解く訳ではないので小学校の算数レベルの能力で十分足ります。

しかし出題される量が多いので、正確さはもちろん速さも意識する必要があります。

計算問題で良く出る検査方法

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

適性検査で計算問題を出す時に挙げられるものは、内田クレペリン検査と玉手箱があります。

内田クレペリン検査では隣り合う数字を足して、下1桁の数字をどんどん書き込んでいく方法です。玉手箱は四則演算の暗算に取り組んでいき、例えば「□+5=21÷3」のような問題を素早く解いていく方法です。

どのタイプの問題であっても、時間をゆっくりとかけて行う事ではなく出来るだけ速く行う事を求められます。

図形問題の出題例

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

適性検査で良く出てくるのが図形問題で、人によって得意不得意があるジャンルです。最終的に得点差が付きやすくなっています。

実際どんな図形問題が出るのか見ていきます。この適性検査では高度な知識やスキルは求められていなくて、小学生でも回答が出来る問題内容が多いです。良く出題されるのが、IQテストで出てくるようなパターンの問題です。

例えばある一定の法則に従って図形を並べていくと、どんな図形が最も当てはまるのかという問題です。辺が1本ずつ増えているや図形の数が1つずつ増える等の法則を見抜いていき、素早く法則を見抜く事が出来るのかが重要になります。

転職等の就職で良く使用される問題

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

転職活動や就職活動の時に受験する適性検査では、計算問題以外にも様々なジャンルが出題されます。ビジネスに携わるという事は、言語を使用してコミュニケーションを取る事になってきます。

このような理由から、転職や就職の試験では言語系のジャンルの適性検査も行われます。このため、言語に関連している適性検査の特徴を見ていきます。

語彙に関する問題

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

最初に対策をすると良いのが語彙に関する項目で、語彙は言語系科目の根幹を成しているので疎かにする事が出来ません。語彙については、反意語や類義語を選んだり法則から当てはまるものを選んだりするもの等があります。

法則から当てはまる単語を選んでいく問題は、二語の関係がどのような関係になっているのかを見抜いていく必要があります。語彙に関するタスクを制覇していくには、適性検査の問題集等で出題形式で慣れておくのは当然です。そして日頃から国語辞典等をフル活用していって、語感を高めておくと良いでしょう。

読解に関する問題

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

読解をする場合には、単に問題の表現方法を知っているだけでは全く問題が解けません。適性検査の専用の問題集を解いてみると分かりますが、真の意味での読解力はもちろん必要物事を論理的に考える力も求められています。

玉手箱を例にしてみましょう。この適性検査では選択肢の内容が筆者の主張と合致しているか判断をします。この時には「合致している」か、「合致していないか」、「どちらとも言えない」等の選択肢から選んでいきます。

「合致していない」は明らかに矛盾している場合、「どちらとも言えない」は本文中からは判断が出来ない場合に選択をしていきます。選択の基準がそれぞれ異なるので、フィーリングや勘で解答はしないです。論理的に話の筋を追って解答をしていく事が、このジャンルでは必要です。

英語に関する問題

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

現代はグローバルの時代でもあるので、英語力を求める企業が少しずつ増えています。このような時代の要望もあって、適性検査では英語力を試す事も珍しくはありません。英語のタスクにも色々種類があり、例えば同義語や反意語を答える形式や読解問題をしっかりと答えていく形式のものまで多岐に渡っています。

玉手箱の場合は英問英答の問いと答えの組み合わせを正しいものから選んでいくものと、ひたすら正誤判定を行うものもあります。どちらもセンター試験レベルで対応が出来ますが、後者の場合は正しいと間違っている以外に文書から正誤の判断が出来ないといった選択肢もあるので曲者です。

国語の読解問題と同じように、話の筋を追いながら内容を理解していく事が英語のセクションを制覇していくポイントになります。

適性検査の問題の出題別の企業意図とは?

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

どのタイプの適性検査でも、闇雲に出題をされている訳ではないです。企業側としては応募者のこのようなスキルをチェックしたいといった意図があります。

出題者の意図が理解出来ると、どのようなスキルを身に着けてどんな対策を立てると良いのかが自然と分かってきます。適性検査でどのような能力が試されているのか、問題例と一緒に考えていきます。

処理能力を試すための問題例

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

処理能力はどこの企業でも必要にされていて、反対に処理能力が低いと適性検査で足切りされる可能性が高まります。どのような業務を行う場合でも、基本的には処理能力があると通用するものです。

この能力を試される出題例は、単純な計算問題や左右の文字や図形を照合して正誤を判定するタスクが挙げられます。計算でも照合でも、特別な才能は求められないです。しかし軽視出来るものではなく、実際に現場で業務を行う場合は少しのミスでも取り返しのつかない事態が起きる事もあります。

例えば数字の入力ミスがあった事で、クライアントからの信頼を失ってしまうとどうする事も出来なくなります。これらの事を考えると、企業側からは基本的な処理能力を見極めていくようにすると良いです。

分析能力を試すための出題例

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

分析能力を試すための出題例も、適性検査では良くある事です。何かを分析するのは日常の業務では良くあり、この能力を兼ね備えているかいないかで実際の業務の出来も大きく異なります。

分析が必要になるのは、法則に従って数字や図形を選んでいく例が挙げられます。例えば1.3.7.13.□であると、分析をどうしていくのが良いか考えます。この場合は増加数に着目をして、+2、+4、+6になっている事に気が付き、13の後は+8となり□に入る数字は21が正解です。このような問題では暗記では全く問題が解けず、いち速く法則を見抜く事が出来るかが成否のカギになります。

思考能力を試すための出題例

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

実際の現場では自分の頭で考えて、業務を行っていく必要があります。その時に様々な思考能力が求められるのは当然で、この能力を試すためには出題例について考えていきます。

読解問題は思考能力が出て、物事の道筋を立てて理路整然と思考が出来るかどうかといった視点が大切です。適性検査の読解問題は、単に本文の内容を理解するだけではなくて、何かの結論を導いていくエビデンスが必要です。つまり因果関係を掴むと、思考能力が活きます。この能力はビジネスに携わる人は必須で、日頃からロジカルシンキングの能力を高めておくようにします。

適性検査を実務に役立てていく

適性検査の問題例|転職/就職によく使われる問題・企業意図

就職活動をする事を考えると、試験対策にフォーカスを置きたくなります。苦手なジャンルに関しては、その場しのぎになりがちです。

しかしお茶を濁したような対策を行っていても、得る事の出来る効果は薄くなります。適性検査のタスクは高度ではないので、一般的なレベルに達していれば合格点に達する事は簡単です。

大切なのは、単なる適性検査で終わらないようにする事です。どの種類のタスクであっても、実務で必要になるタスクが試されています。実務に関わった時を想定して、必要になる能力を涵養しておくようにします。

適性検査が実務に役立つにはどうしたら良いか、自分の頭で考えて実行に移していきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

←前の記事へ

入国審査官になるには|採用情報/倍率/年収/仕事内容/英語力

自然に関係する仕事|転職/女性におすすめ/海外

Latests