Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職して初出勤の日にすべきこと|服装・挨拶の仕方・緊張対策

ようやく転職先が決まり、ホットしたのも束の間、これからが本番なのは言うまでもありません。ビジネスの経験をかなり積んできた人でも新しい職場の初出勤は緊張するものです。転職者が初出勤の日にやるべきことを中心に大事な心構えと準備すべきことをご紹介しています。

転職して初出勤の日にすべきこと|服装・挨拶の仕方・緊張対策

転職者にとっても初出勤の日は緊張するものです。ましてや未経験の業種に飛び込んだとしたら、なおさらです。では、転職者が初出勤の日にするべきことを紹介していきたいと思います。

転職して初出勤の日にすべきこと



転職者が良いスタートを切るためには、仕事を開始する前に質問することが肝要です。まず、何時までに出社をすれば良いか転職先に聞いておきましょう。さらに、出社するときには指定された時間よりも余裕を持って30分前には出勤することをおすすめします。

初出勤の日はトイレや食堂の場所、休憩時間など知らないことばかりです。わからないことは、転職先の担当者に積極的にどんどん質問しましょう。一番大事なのは仕事への質問です。ここで注意するべき点は、説明の途中で上司や先輩の言葉を遮るように質問をしないことです。最後まで話をしっかり聞き、わからないことがあれば、あとで質問できるように手帳にメモをしながら説明を聞くと良いでしょう。

遅刻という最悪の事態を防ぐ方法

初出勤の日に遅刻をするという最悪の事態を防ぐ方法は、1時間前に到着できる時間帯に家を出て、会社の近くにある喫茶店で時間が来るのを待ち、30分前に出勤することです。これが一番の安全策です。電車が遅延したり、道路が渋滞したりするというアクシデントもありえますので、ギリギリの時間に出るのは危険です。

あとは、当日の朝に焦って準備をすると、あっという間に時間が過ぎてしまうので、出社準備は前日までに完璧に準備しておきましょう。一番怖いのは朝寝坊です。初出勤の日に目が覚めたら9時を過ぎていたという状況を避けるためにも、朝が弱い人は目覚まし時計をたくさんセットしたり、家族に起こしてもらうように頼むなど工夫しましょう。

職場の人間関係を把握する

転職する会社のすべてがアットホームな職場とは限りません。その職場の独特の人間関係というのものがあります。テレビの連ドラの公式サイトによくある「登場人物相関図」はどんな職場でもあるものです。具体的にいうと、誰と誰が仲が良い、悪い、あるいは派閥があるか、否かというものです。厄介と思わずに難しい大人の世界ですから、早めに人間関係を把握することは大事です。

会社は上下関係を重んじます。それが良い悪いは別にして会社組織とは往々にしてそういうものです。ただ、役職だけでは判断できない上下関係もあります。係長よりも、何十年という大ベテランの主任のほうが偉い場合もあります。観察力を駆使して登場人物相関図を完成させ、うまく新しい職場の人間関係に対応していきましょう。

転職者が歓迎されるとは限らない

初出勤の日は転職者にとって特別な一日であり、大袈裟ではなく勝負の日ですが、ほかの社員にとってはいつもの日常です。入れ代わりが激しい会社なら、転職者は珍しくありません。散々自己紹介を考えてきても披露する場面は一切なく、いきなり仕事に入る可能性もあります。大事なことは、熱烈歓迎されるという期待を持たないことです。

あとは会社の食堂で昼食を取る場合、「指定席というものはありますか」と先輩に聞くのが良いでしょう。毎日のことだから指定席が決まっている可能性は高いので、ヘタにすわって睨まれても面白くありません。

もっと大事なことは社員の名前を覚えることです。1日でも早く社員の名前を覚えることにより「え、もう覚えたの」と感心され、「この人できるかも」と思われるきっかけにもなります。

初出勤の服装

転職して初出勤の日にすべきこと|服装・挨拶の仕方・緊張対策

転職者にとって初出勤の服装に悩む人は多いようです。これも先程と同様あれこれ考えて迷うよりも質問したほうが早いです。「どんな服を着て行けば良いでしょうか」と質問すれば、「スーツで来てください」「カジュアルな服装でOKです」などと快く教えてくれると思います。季節が夏の場合はクールビズということもあるので、質問するのが一番です。

会社によっては、作業着に着替える場合もあるので、出勤時の服装にこだわらない場合があります。服装で個性を出したいと余計なことは考えずに、実力を発揮するのは、やはり仕事と心得るべきでしょう。

挨拶の仕方

転職者の初出勤の日で一番大切なことは挨拶です。一歩その会社に入ったら、あとで皆に紹介されるだろうということは考えずに、会う人会う人に自分から、しっかり相手の目を見て、明るい自然な笑顔で、「おはようございます」と爽やかに挨拶することです。「今日からお世話になります山田太郎です」とフルネームで言うことが肝要です。そして、「よろしくお願いします」と頭を下げます。

転職者にとって初出勤日は全員が先輩ですから、話しかけられるのを待たずに、どんどん積極的に自分から挨拶をしましょう。気さくに話しかけてくれる先輩がいたら、ありがたいことなのですぐに応じたほうが得策です。

転職者ならではのユニークな自己紹介に挑戦

職場によっては、朝礼などで、皆に紹介される場合があります。その時に「では一言」とうながされる可能性は高いので、自己紹介をスラスラ言えるように準備し、練習しておくことが重要です。自己紹介は1分以内でまとめます。転職者には経験があります。そこが強味なので、面白い自己紹介に挑戦しましょう。

転職者ですから、前職に一言だけ触れてもいいし、趣味と特技で少し冒険するのもいいかもしれません。例えば「趣味は映画鑑賞です」だけでは、ありきたりなので、「最近見て感動した映画はキングコングです」と受けそうな作品名を言ったりするのもおすすめです。少しでも個性を出し、型にはまったような挨拶は避けたいところです。

仕事に対する意気込みを語る

自己紹介で仕事への意気込みを語り、やる気と熱意を見せます。「早く戦力になれるように精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」「創意工夫を心がけ、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」と、明るく、ハキハキと、歯切れ良くするのが自己紹介の秘訣です。小さな声でボソボソ、俯いたままでは頼りないと思われてしまいます。

初出勤の日の挨拶で第一印象が決まってしまうといっても過言ではありません。「硬い人」と誤解されたら、なかなかそのレッテルを剥がすのに時間がかかります。ビジネスの世界では「まじめな人」よりも、「面白い人」と思われるのが一番です。初出勤の日に「面白い人」と思われたら、その後の人間関係も円滑に進みます。

緊張をほぐす方法

新卒者であれ、転職者であれ、初出勤の一日というのは、本当に疲れるものです。気を遣うし、右も左もわからない新しい環境なので、心身ともに疲労を感じるのはある意味避けられないでしょう。しかし、あまりにも緊張し過ぎると仕事のミスにもつながるので、極度の緊張状態になるのは避けたいところです。右足と左足が同時に出てしまい、カンガルーのような歩き方になってドアの角に顔面から行ってしまった人もいます。初出勤日に怪我をしても仕方ないので、リラックスする方法を紹介しましょう。

前日、眠れないかもしれませんが、ここは何とか早寝早起きに挑戦してください。ぐっすり眠り、目が覚めた時に、「よく眠れた」と爽やかな朝を迎えることができたら、良い一日の始まりと感じることができます。

気負わないことがリラックスのコツ

転職者の場合、初出勤日から即戦力として期待される場合もあります。しかし、例え同じ業種でも、その会社のやり方を覚えるまでには多少の時間がかかります。大事なことはあまり気負わないことです。「凄い人が入社してきたと思われたい」などと頑張り過ぎると、余計なミスをしてとんだ勇み足ということもあり得ます。転職といっても、新人ですから謙虚さが大事です。

初出勤日に仕事で成果を見せるのは、なかなか難しいので、実力を見せるとしたら、やはり挨拶の仕方から「できる人」と判断されることが一番です。つまり、自己紹介や短い挨拶の言葉を何度もシュミレーションして完璧な準備をして初出勤に臨むことも、緊張しないコツです。

仕事が終わったあとの楽しみ

高度なリラックス法を紹介しましょう。転職者は経験があるといっても、初出勤日は緊張の連続が予想されます。そこで、仕事が終わったあとに、レストランで大好きなステーキとワインをいただこうと決めておくのです。映画でもケーキとコーヒーでも、何か、仕事が終わったあとの楽しみを用意しておきましょう。これはかなり効果のある実践的なリラックス法です。

仕事が大変でも、「ここを乗り切ればステーキとワインが待っている」と自分に言い聞かせるのは、かなり効果抜群です。ただ、友達と待ち合わせの約束はやめたほうがいいでしょう。初出勤日の仕事終わりに、上司や先輩から歓迎会に誘われることもあるからです。その準備もしておきましょう。

実質的なリラックス法

転職者でも初出勤の職場で電話を取るのは緊張します。転送や保留を間違えて切ってしまったらどうしようと恐れると受話器を取れません。パソコンの操作やコピー、ファクスも同様です。電話や機器の扱いに慣れれば緊張する場面も少なくなります。

もしも転職する会社のホームページがインターネットで見られるならば、社則や社長の挨拶をよく読み、社風を読み取ることが大事です。あとは転職する会社の業種が未経験の分野なら、あらかじめ専門用語を調べておくのが良いでしょう。「5Sってわかる」と聞かれて、「わかります」と即答すれば、さすが転職者と感心されるかもしれません。

初出勤の日の持ち物

転職者はある程度の職場での基本を身に付けているはずだと見られがちです。特に持ち物に関しても、それなりに用意して初出勤を迎えることは当然と思われているかもしれません。一番安心なのは、転職先に事前に「何を用意すればいいでしょうか」と質問し、準備しておくことです。

筆記用具は当然で、仕事を教わる時も手帳にメモを取ることが基本姿勢です。メモを取らないと覚えきれない作業手順もありますので、手帳とボールペンは必須です。スマホにメモは嫌がる人もいるのでやはり手帳がいいでしょう。

ハンカチ、ティッシュ、夏ならハンドタオル、あとは印鑑です。シャチハタよりも印鑑が理想です。仕事によってはカッターやハサミ、マジックが必要な場合もありますので、やはり初出勤前に質問しておいたほうが安全です。

転職先の職場で劇的な出会いも

転職先の会社で、「仕事が覚えられなかったら」「職場になじめなかったら」と出勤前に嫌なことばかり考えているとストレスが溜まります。新しい職場では、新しい出会いがあるかもしれません。異性との劇的な出会いも十分あり得るのが、新しい職場です。そういうプラスアルファにも期待して、不安を希望で打ち消しましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests