Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

転職における入社時期は重要なポイントです。入社時期はどのように決まるのか、延長はできるのか、気になる点も多いでしょう。この記事では、転職の入社時期、入社時期の延長、入社までの期間についてご紹介します。転職活動での入社時期の交渉に、ぜひ役立ててみてください。

転職での入社時期は?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

転職では、入社時期が重要なポイントになります。入社時期は企業側と応募者側の希望を調整して決定されますが、なるべく企業側の希望する時期に入社できることが好ましいです。

採用した人材の入社時期がいつかということは、企業にとって重大です。企業側の希望する日程に合わせられることがベストですが、そうでない場合、いくつか調整を行うことになります。

例えば、応募者の現職との関係や、転職にあたって引越しが必要な場合などは、入社時期に調整が必要です。その際にも、入社時期についてあいまいな返答はせず、きちんと具体的な日程を示す必要があります。

代表的な入社時期はいつ?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

転職が多い時期はある?

転職での入社時期は企業によって様々ですが、入社時期の例として4月と10月が挙げられます。4月と10月で年度の変わり目になる場合、人材の入れ替わりに関連して採用が増える場合があります。また、特に第二新卒では春と秋での採用として、4月入社や10月入社が多く見られます。

一方で、即戦力として採用する場合などは、それぞれの企業によって入社時期は異なります。転職が多い時期としては確かに4月や10月が挙げられますが、企業が応募を行うタイミングは幅広いものと考えることが重要です。

即戦力としての転職の場合

即戦力としての転職は、企業側がすぐにでも来てほしいと希望する傾向が強くなります。4月入社、10月入社のように時期が固定化されるというより、企業内で人材が足りない場合に急遽募集するケースが多くなります。

このような企業が応募者を採用する場合、企業側が提案した入社時期にきちんと入社できる人の方が、企業にとっては好ましい人材になります。企業としては人材が足りないという明確な理由があって募集を行うため、企業にとって都合の良い入社時期に入社できるのであれば、より好まれることになります。

ただ、やはり現職との関係などで調整が必要になる場合もあります。そのため、なるべく転職先に合わせられるよう、きちんとした準備が必要になります。

在職中の転職での入社時期は?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

転職の入社時期は、在職中の転職活動か、前職を退職してからの転職活動かで違いが見られます。在職中の場合、現職をすぐに辞めることは難しいため、現職を辞めるタイミングとの調整が必要となります。在職中の転職における入社時期のポイントを、いくつか見てみましょう。

現職と転職先との日程調整

在職中に転職活動を行う場合、現職の会社の退社日と、転職先の会社の入社日の調整を行うことになります。転職先の企業から内定が出れば、入社日の相談とともに、現職の会社との間で退職日の相談も行うことになります。

一般的な企業では、退職するまでの期間が決められています。これは就業規則で定められているものです。例えば、「退職を希望する日の1ヵ月以上前に申し出ること」などの規定が代表的です。これは、実際に現職を退職する際に引継ぎなどの問題で1ヵ月程度はかかるため、最低でも1ヵ月前には報告するように、という意味合いがあります。退職日を考える際には、この期間を目安に検討する必要があります。

退職までの期間は決まっている?

退職の申し出から退職までの期間は、就業規則で1ヵ月、2ヵ月程度となるケースが一般的です。これは退職までの引継ぎやその他の手続きのために設けられたものです。そのため、在職中に転職をする際には、必ず確認すべき事項になります。

ただし、民法上は1ヵ月の期間という規定はありません。退職に関する民法上の期間は次のようになります。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条  当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
2  期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3  六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。

出典: http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html#1003000... | http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html#1003000...

最初の条文(民法627条1項)は日給、日給月給、時給制を示しています。次の2項は完全月給制の場合、3項は年俸制を示しています。一般的には1項の場合が多いため、ここでは1項を例に挙げます。

民法627条1項によれば、解約の申し入れ(退職の申し出)から2週間を経過すれば雇用は終了する、つまり退職できることになります。就業規則では退職の申し出から1ヵ月か2ヵ月程度の期間が規定されていますが、法律上は2週間前までに退職の申し入れをすれば問題はないことになります。就業規則はあくまで社内の規則ですが、民法は法律ですので、この場合は民法が優先することになります。

2項の完全月給制の場合、3項の年俸制の場合についても簡単に見ておきましょう。完全月給制は月の前半に解約の申し入れをしないとその月に退職はできません。また、年俸制の場合は、3ヵ月前までに退職の申し入れが必要です。

民法と就業規則の関係は?

民法は就業規則に優先することになります。ただし、だからといって就業規則を無視していいわけではありません。

民法が優先するといっても、就業規則で1ヵ月などの期間が規定されているのは、それだけ退職についていくつかの手続きが必要になることを示しています。円満に退職することを考えるのであれば、就業規則の期間を極力守ることが必要になります。

転職前にボーナスや有給休暇はどうする?

入社時期を考えるには、現職でのボーナスや有給休暇についても考慮することになります。

有給休暇については、退職時にまとめて消化することができます。また、ボーナスがあれば、きちんと満額受け取ってから転職をすることが好ましいです。

6月にボーナスが支給される例を考えると、6月にボーナスを受け取り、7月に引継ぎなどの手続きを行い、8月に転職先の企業へ入社するといったケースがあります。

このように、ボーナス支給や有給休暇など、メリットになるものはきちんと確認しておくことが重要です。特にボーナスについては、もらうだけもらって転職したというイメージを持たれるおそれもあるため、十分な引継ぎ期間を設けるなどの手段も必要です。

また、有給休暇も、退職前にまとめて消化すると印象が悪くなるおそれがあるため、徐々に消化しておくなど、計画性を持って検討することが必要です。

前職を退職してからの転職での入社時期は?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

転職先の企業に合わせやすい

前職を退職後に転職活動をする場合、入社時期は基本的に転職先の企業に合わせることになります。在職中の転職活動と異なり、ある程度の融通が効くため、転職先の希望の入社時期に合わせられる可能性も高くなります。

ただ、退職後の転職活動といっても、転職先によっては引っ越しが必要な場合もあります。ある程度の余裕を持った期間を考慮に入れ、入社時期を検討することが必要になります。もし引越しが必要であればどのくらいか、必要な手続きは何か、などをあらかじめ検討しておくと、いざ内定をもらったときに対処しやすくなります。

退職後の転職活動のリスクは?

前職を退職してから転職活動を行う場合、いくつかリスクもあります。一度退職した状態で転職活動を行う場合、とにかくどこかの企業に就職したいという気持ちが強くなる傾向があります。そのため、幅広く求人を探すことになりますが、転職先の企業が前の企業よりもっと自分に合わなかった、といった危険性もあります

このことはもちろん在職中の転職にも言えることですが、一度退職している場合、焦って早めに内定先を決めた結果、自分に合わなかったという危険性はあります。

一方、退職後の転職活動は転職先の企業の日程に合わせやすいということは、在職中と比較した大きなメリットです。特に即戦力として採用される場合、すぐに入社を求められるケースが多いですが、退職後であれば入社時期にスムーズに対応できます。ただ、一度仕事を辞めた状態になるため、リスクも把握しておくことが重要です。

面接で入社時期はどう交渉する?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

ここまで、転職の入社時期の重要性、代表的な入社時期、現職との調整などを見てきました。次に、具体的に行われる入社時期の交渉について見ていきましょう。

面接で入社時期を聞かれたら?

面接が進んで選考が最終段階に近づくと、入社時期に関する質問をされることがあります。これは、企業側が考える入社時期に応募者が入社できるかどうかの確認の意味があります。つまり、その応募者の採用をある程度考えたうえでの質問になります。また、どのくらい入社する意思があるのかを確認することもできます。

入社時期を聞かれた場合、退職後の転職活動であれば、すぐにでも入社できることを伝える必要があります。在職中の場合は、現職との調整が必要ですが、きちんと調整してなるべく企業の希望する入社時期に入社するという意思を示すことが効果的です。

もちろん、現職との調整で難しい場合もあります。その際には、調整を視野に入れた具体的な入社時期をきちんと述べ、きちんとした計画性を持っていることをアピールすることが重要です。

あいまいな返事はしないこと

面接での入社時期の交渉で一番やってはいけないことは、あいまいな返事をすることです。現職との調整が必要な場合、確かに入社時期を明確にすることは難しいです。しかし、だからといってあいまいな返事をすることは企業側にとって良い印象とはいえません。

企業が応募者に入社時期の話を持ちかけることは、入社意思を確認する手段でもあります。そこであいまいな返事をすれば、入社する意思が低いと思われる可能性は高くなります。現職との調整が必要であるなら、それをきちんと説明したうえで、具体的な入社時期を示すことが重要です。そこできちんとした説明ができれば、入社意思があるほか、計画性もきちんとある人材であると判断され、企業にとって好印象になります。

より具体的な交渉を心がける

入社時期の交渉は、とにかく具体的な交渉を心がけることが重要になります。在職中の転職では、就業規則によって入社時期が1ヵ月以上先になることはしばしば見られます。すぐに退職できないという点は転職先の企業もある程度は想定しているため、それらを踏まえて具体的な入社時期を交渉することになります。

すぐに退職できないと転職先の企業がわかっていても、何ヵ月も入社を待ってくれるわけではありません。1ヵ月や2ヵ月先になるとしても、具体的な時期を示したうえで、さらに「できるだけ早く入社する」という意思を示す必要があります。

反対に、現職との調整を考えず転職先の企業の希望日に全て合わせることも危険が伴います。企業の希望する入社時期に合わせたものの、現職との調整が必要になり、結果として入社時期を延ばさなければならないといったケースもあります。なるべく転職先の企業の希望に合わせることは重要ですが、現職との関係で現実的に難しいのであれば、正直に具体的な入社時期を伝えた方が無難です。

内定後の入社時期の交渉

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

応募先の企業から内定をもらったら、次は入社時期を具体的に決定する段階となります。現職との調整として上司に報告し、転職先の企業と入社時期について相談を進めます。現職との退職交渉で退職日が決まったら、転職先に報告し、具体的な入社日を決めていくことになります。

現職との関係では、引継ぎのほか退職の引き止めにあう可能性もあります。そのため、きちんと退職日が決まってから転職先に報告し、入社時期を設定することで、スムーズな退職と入社が可能になります。引継ぎや後任者の問題などで時間がかかる場合もありますので、どのくらいかかるのかをきちんと見極め、計画性のある日程を考えることが大事になります。

引継ぎなどで時間がかかるのであれば、その理由を具体的に転職先に伝えるようにしましょう。もちろん、ここでも入社時期をあまりに先延ばしにすることは避けるべきです。不安があるのであれば転職エージェントなどを使うといろいろなケースを見てきた経験からのアドバイスがもらえるので安心です。

サポートが好評な「マイナビエージェント」や求人数最多の「リクルートエージェント」がおすすめです。

退職交渉は入社時期に影響する

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

転職者が転職で苦労することの一つとしては、退職交渉が挙げられます。現職の企業と交渉する際に引き止められることがあり、これは退職交渉が難航する原因にもなります。退職交渉がスムーズに進まないと、転職先の入社時期に影響を及ぼすおそれがあります。

退職交渉はきちんと意思を示す

転職先の企業と入社時期を決めるにあたり、現職との退職交渉をスムーズに行い、退職日をきちんと決める必要があります。そして、退職交渉ではきちんとした退職の意思を示す必要があります。これがないと現職からの引き止めにつながるおそれがあります。

内定後に転職先の企業と入社時期の交渉をすることは、これから入社に向けて具体的にいろいろな手順を話し合うことになります。その際に前職をスムーズに退職できないことは、転職先の企業にとっても懸念する問題になります。

転職先がきちんと決まったのであれば、現職との退職交渉では、明確に退職の意思を示すことが重要です。迷いを見せたりすると引き止めに合うなど、スムーズな退職ができないおそれがあります。

退職日を明確にして入社時期を決める

退職交渉で重要なポイントは、退職日をきちんと決めることになります。退職日がきちんと決まっていないと、転職先の入社時期にも影響を及ぼします。

内定後の入社時期の交渉では、退職日をもとに入社時期の具体的な交渉を進めることが大切です。退職日が決まっていないうちに入社時期の交渉を始め、先に入社時期を決めてしまうことはリスクが大きくなります

もし退職日の関係で入社時期に入社できないということになれば、入社時期を変更しなくてはなりません。一度決めた入社時期の変更は、転職先の企業にとっても好ましいことではありません。

また、退職日が決まっていないという状態は、引き止めにあう確率も上がります。きちんとした意思とともに、退職交渉で退職日を明確に決めておく必要があります。それが終わってから、転職先の企業と具体的な入社時期の交渉を進めましょう。

引継ぎの内容を明確にしておく

内定後の入社時期の交渉をスムーズに進めるには、現職との退職交渉のほか引継ぎ業務が重要になります。

退職日が決まると、転職先の企業と入社時期の交渉を続けつつ、現職で引継ぎ業務を行う場合が一般的です。ここでは業務の整理や引継ぎを集中的に行うことになります。

その際に、引継ぎの内容はきちんと明確にする必要があります。引継ぎの内容、範囲があいまいになると、内容や範囲を巡って現職の企業とトラブルになり、引継ぎ業務が長引くおそれがあります。

そうなると入社時期にも影響が現れます。引継ぎの内容を詳しく確認し、区切りや範囲を明確にしておくことが重要です。

また、引継ぎ業務は退職までの日程できちんとこなす必要があります。内容を明確にしておくことは、日程の中で業務の計画を立てやすいというメリットもあります。

入社時期の希望を伝えるポイント

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

入社時期の希望を伝える場合でも、転職先の企業を考慮した希望を伝えることが重要です。面接時に入社時期を聞かれたときも、内定後の入社時期の交渉の際にも、基本的には「早く入社したい」という意思を示したうえで、希望する入社時期を伝えることが重要です。

面接の段階ではまだ採用されるかわかりませんが、入社時期を聞かれるということは、ある程度採用の可能性もあると考えられます。そこで「早く入社したい」という誠意を示すことができれば、面接官にとって印象は良くなります。

また、内定後の入社時期の交渉においても、誠意は重要です。いくら内定が出た後だとしても、入社時期の希望だけを述べればいいわけではありません。ここでも「早く入社したい」という意思を示したうえで、引継ぎやボーナスなどの関係で希望する時期を示すことが必要です。

入社時期の変更は可能?

面接時や内定後の交渉をふまえ、具体的な入社時期が決まります。ここで、入社時期の変更や延期は可能なのでしょうか。

変更や延期が起きないことが望ましい

一度入社時期が決まった後は、変更や延期が起きないことが望ましいです。内定者の入社時期が決まれば、企業はそれに対する準備を進めます。そのため、一度決まった入社時期を変更すると、準備を行っている企業に迷惑がかかってしまいます。転職では、一度決まった入社時期の変更や延期はなるべく起こさないことが理想的です。

入社時期の変更や延期を起こさないためには、事前の十分な準備が必要になります。入社までどのくらいかかるのかの目安を十分に検討し、転職先の企業の希望の範囲内で、なおかつ余裕をもった入社時期を決める必要があります。

変更・延期が必要な場合は?

実際に現職の引継ぎ業務などをやってみて、想定以上に時間がかかってしまったということもあります。なるべく入社時期の変更や延長は起こさないことがベストですが、変更や延長の交渉自体はできます。

ただ、その際にも、あまりに先延ばしにすることや、何度も変更を行うことは好ましくありません。場合によっては内定取り消しにつながるおそれもあります。きちんと事情を説明し、具体的な代替案を出す必要があります。

入社時期の延長・延期の交渉方法は?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

万が一入社時期の延長・延期が必要になった場合の交渉について、具体的に見ていきます。

経緯をきちんと説明する

入社時期の延長・延期の交渉を行う際には、なぜ延長・延期が必要になったかの経緯をきちんと説明する必要があります。もちろん、経緯を説明する前に、きちんと謝罪することは大前提です。

入社時期の延長・延期の原因となる経緯は、様々な場合が考えられます。引継ぎ業務が予定より長引いてしまった、後任者がなかなか見つからない、などが代表的な原因となります。

これらの延長・延期になった要因や経緯は、きちんと文書で示す必要があります。経緯や要因を文書で詳しく示すことができれば、転職先の企業に対する誠意を示すことができ、企業の信頼度も上がります。

また、退職交渉がうまくいかないことが原因で入社時期の延長・延期が必要になった場合、その経緯も文書で示すことが好ましいです。この場合も、きちんとした誠意を示すことができます。

具体的な日程を提案する

入社時期の延長・延期が可能であれば、転職先の企業にきちんと具体的な日程を伝える必要があります。単に延期してほしいと言うだけでは誠意は伝わりません。いくら経緯を説明しても、予定された入社時期に代わる日程をきちんと示さなければ、引継ぎがスムーズに行えない人材であるという印象を抱かせることになります。

経緯を説明したら、「〇月〇日に変更していただくことは可能でしょうか」などと、きちんと日程を伝えましょう。

入社時期の延長・延期の交渉での注意点

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

早い段階で交渉を行うこと

入社時期の延長・延期は、とにかく早い段階で行うことが重要です。入社時期ギリギリになって延長を切り出すことは、準備を進めていた転職先の企業にとって大きな迷惑がかかります。引継ぎの問題などでどうしても入社時期に間に合わないと考えたら、きちんと早めの段階で転職先の企業に伝えましょう。

あいまいな返答はしないこと

入社時期の交渉と同様に、延長や延期の交渉でも、あいまいな返答は避けることが大事です。一度決まった日程を変更することになりますが、明確な日程を示すことができれば、転職先の企業にとっても印象は良くなります。

再度設定された日程に合わせ、企業の方でも準備を進めることができます。延長・延期になった原因を踏まえ、最適な日程を示しましょう。

再度の延長・延期はしないこと

入社時期の延長・延期の交渉を行った場合、再度の延長・延期が起きないように注意することが重要です。

もともと決まっていた入社時期をずらすことは、基本的には望ましいことではありません。一度延長・延期が起きてしまった場合、次は変更が起きないような入社時期を決めることになります。

転職先に延長・延期の理由と確実な入社時期を伝えれば、転職先としても安心感を持って対応することができます。また、きちんとした理由と確実性のある入社時期を伝えれば、調整能力があることを示すこともできます。

再度の延長・延期が起きてしまえば、調整能力がずさんであるという印象を与えることになってしまいます。それだけでなく、その日程に合わせて企業側が準備していたものが、再度無駄になってしまうことにもつながります。さらに延長・延期が繰り返されれば、内定取り消しにつながることになります。

内定から入社日までの期間は?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

ここまで、転職での入社時期や交渉について見ていきました。次に、内定から入社日までの期間について、実際にはどの程度の期間が設けられるのかを見ていきましょう。

入社日までの具体的な期間は?

先ほど見たように、就業規則では退職までに1ヵ月、2ヵ月程度とされるケースが多く見られます。さらに、引継ぎ業務や有給消化などでもう少し時間がかかる場合もあります。そうなると、入社日までの具体的な期間は内定から1ヵ月から3ヵ月程度になります。ただし、転職の応募によっても違いが見られます。

急募で即戦力としての転職の場合、入社日までの期間を内定から1ヵ月、あるいは1ヵ月半程度とするケースもあります。これは、企業からすぐにでも来てほしいという要望が強いためです。1ヵ月程度ですぐに入社できるのであれば、優先的に内定が出る可能性があります。

一方で、1ヵ月以上かかってしまう場合は、1ヵ月で入社できる人材より内定の可能性が低くなるおそれもあります。その場合は、なるべく早く入社したいという意思とともに、具体的な入社時期を早めに提案し、交渉に臨む必要があります。

2~3ヵ月が目安?

急募での転職でなければ、内定から入社日までの期間はおおよそ2~3ヵ月が一般的です。2ヵ月での入社が理想的で、最大でも3ヵ月程度といった目安になります。すでに退職している人であればさらに早く入社できますが、在職者は現職との調整があるので、その点を踏まえて2~3ヵ月が一つの目安となります。

一方で、内定から入社日まで1ヵ月や1ヵ月半を超えた場合は不採用にするケースも見られます。特に急募で採用するようなケースでは、1ヵ月や1ヵ月半を超えてしまったら不採用になる可能性があります。これは企業によって異なる部分になるので、急募かどうかの募集形態など、あらかじめきちんと確認することが必要です。

内定から3ヶ月後を入社日にすることは可能?

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

3ヵ月を超えると不採用?

内定から入社日までの期間が3ヵ月を超えると、転職で不採用になるおそれがあります。企業としても転職者が前職での引継ぎ業務などで2~3ヵ月はかかるということを想定しているため、内定から2~3ヵ月後の入社は許容範囲になります。

もちろん企業によって変わりますが、やはり3ヵ月を超えての入社を希望された場合、企業としても転職者の調整能力や入社の意思などに対し、信頼度が下がることになります。

これも企業によって異なる部分ですが、目安として、内定から入社日は3ヵ月を超えない方がいいと考えておくことが重要です。

転職先の企業にとってのリスクは?

入社日が内定から3ヵ月を超えると、企業にとってはリスクになります。

もともと急募で募集している場合は、人材が足りないという理由が最も大きくなります。そのため、入社時期が長すぎれば、その企業にとってもリスクは高くなります。

また、入社日が内定から3ヵ月を超えると、採用の需要が変わる可能性があります。企業の中で事業計画などを検討し、人材を募集することを決定しても、3ヵ月の長い期間の間で事業計画が変わることもあります。すると、採用の需要が変わり、結局は企業にとって中途採用の意義がなくなってしまった、などのおそれがあります。これは急募での募集だけでなく、一般的な転職にも言えることです。

このように、入社時期が長すぎると企業にとってリスクがあるため、内定から入社日までは最大でも3ヵ月、とする傾向が見られます。

転職者にとってもリスクが高い?

入社日が内定から3ヵ月を超える場合、転職者にとってもリスクが高くなります。

内定から入社までが長すぎると、退職交渉で引き止められる確率も上がります。内定が出てもそこから入社まで3ヵ月以上かかり、その間で現職をずっと続けるのであれば、その間に引き止めにあうことは十分に考えられます。

このように、内定から3ヵ月を超えて入社時期とすると、転職者側にもデメリットがあります。企業だけでなく転職者にとっても、なるべく早めに入社した方がいい、ということになります。

内定から3ヵ月後の入社が認められるケースは?

入社時期は早めの方がよく、内定から2~3ヵ月が一般的となります。しかし、企業によっては3ヵ月を超えて採用が行われる場合もあります。例えば、内定から半年以内が入社日になるといったケースです。これは、「優秀な人材なら半年は待つ」といった理由が見られます。

ただ、これはあくまで人材が優秀だから半年かかっても待つ、といったケースです。よほど優秀な人材として判断されなければ、やはり3ヵ月を超えての入社はリスクが高いことになります。

3ヵ月後は結局認められるのか?

結論を言えば、内定から3ヵ月後を入社日とすることは、リスクが高いことになります。

もともと企業側は、転職者の退職交渉や引継ぎなどを考慮して2~3ヵ月などの期間を設けています。これを超えてしまうと、企業にとって転職者をどこまで信用していいかがわからなくなります。よほどの能力があって優秀な人材など、何か特別な事情がないのであれば、内定から入社日までの期間は最大でも3ヵ月と把握しておきましょう。また、企業にとっては2ヵ月や3ヵ月でも認められないケースもある、ということも同時に知っておくことが重要です。

自分も企業も新たなステージで活躍するために

転職の入社時期・入社時期の延長の交渉方法・入社時期3ヶ月後は可能?

今回は、転職の入社時期の重要性、入社時期の交渉や入社までの期間についてご紹介しました。

転職における入社時期は、転職先の企業、転職者、転職前の企業にとって重大な意味を持ちます。転職者だけの問題ではありません。この入社時期の交渉をスムーズに進められれば円満退職につながり、転職先の企業も、転職前の企業も、そして転職者自身も、気持ちよく新たなステージを迎えることができます

転職したからといって、転職前の企業と関わりが全くなくなるとは限りません。転職前の企業と新たに仕事をする可能性もあります。きちんと円満退職が行われていたのであれば印象も良くなり、一緒に仕事をすることで新たなビジネスチャンスにつながります。

退職に関しては大企業の人事か転職エージェントが一番詳しいところです。トラブルを避けてうまく転職したのであれば、転職エージェントを利用しておくと安心でしょう。サポートが好評の「マイナビエージェント」や求人数最多の「リクルートエージェント」がおすすめです。

それぞれが新たなステージで活躍できるように、円満退職に向けて転職での入社時期の交渉に臨んでみてください。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests