Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

略列記の役割と略歴の書き方と例文|公園/職務経歴書/就活でのコツ

就職活動においては身の上を簡単に伝える略歴の書き方も重要です。短くわかりやすくアピールできる略歴スキルは、文章の書き方だけではなく、情報を求めている相手に気を配ることで身につきます。そのため正しい略歴の書き方について紹介していきます。

どこまで書けばいいの?気になる略歴の役割

就職活動を行っていく上で重要になっていくのはエントリーシートや履歴書の類を充実させておくことです。面談や一般常識といったことは、もちろん重要になります。

しかし採用の是非が決まるのは、履歴書などに記入されている略歴を基準にして考えられることが多いです。就職試験を受けるほうも略歴の正しい書き方を押さえておく必要があります。

そもそも略歴とは?

そもそも略歴とは、中学校や高校などの卒業や入学、社会人においては以前に就職していた職場に関する情報を大まかに記載することです。

人生の節目における大きな分岐点、すなわち入学や卒業といったものを、自身の大まかな履歴として書き記したものが履歴書やエントリーシートになります。細かすぎない情報で、多くを伝えるには学歴を伝えることがシンプルでわかりやすいです。

略歴はどういう場面で使うべき?

略歴は通常の就職全般に用いることが一般的です。就職に関する面談に申し込んだ場合、履歴書やエントリーシートの類を求められたら準備することが理想的です。

あらかじめ求められなくても、略歴を書いたものを用意して持参することがビジネスに関するたしなみみたいなものです。これまでの経歴を伝えることで、逆に意欲を示すということにもなります。

基本的な略歴の書き方と例文紹介

オーソドックスな略歴の書き方は、生まれてからこれまでのおおまかな道筋を伝えていくことです。書き方として意識すべき事は、複雑にしすぎないことです。学歴や職歴の卒入学や、入社や退社に関するものだけに絞り込むことが一般的です。資格等、取得したものは備考の欄に添え書き程度に付け足しておくと良いでしょう。

理想的な略歴の例文

理想的な略歴を記す書き方の1つは、年号や数字の書き方を整えることです。段落を変えてしまう度に、書式や数字を変更してしまうと人事を担当する方からすればイメージが悪いものになってしまいます。そのため、仮に中途採用を狙う昭和50年生まれの社会人の場合

小学校入学
1982年 昭和57年 4月
小学校卒業
1988年 昭和63年 3月 年間修業

中学校入学
1988年 昭和63年 4月
中学校卒業
1991年 平成3年 3月 年間修業

高等学校入学
1991年 平成3年 4月
高等学校卒業
1994年 平成6年 3月 年間修業

大学/専門学校入学
1994年 平成6年 4月
大学/専門学校卒業
1998年 平成10年 3月 年間修業

というような書き方になりますが、西暦か年号に統一すると見やすくなります。

実は恥かしいNG例文

最近では何でも省略して、短く書くことが定番化しています。しかし会社や学校は正式名称で記入することが常識となっています。よく株式会社のことを(株)と言う書き方になっている履歴書や経歴書も珍しくありませんが、正しい書き方を知る人からすると恥ずかしい書き方になります。

講演における自己紹介の際の略歴の書き方コツ

これまでの自分自身の概要を指し示す言葉に略歴と経歴があります。どちらも似たようなことを示すのですが、何らかの講演を依頼されたときには経歴を伝えたほうがよいでしょう。

経歴はスピーチを期待している人が納得できる専門分野や職務を経験してきたと言う安心感や説得力を与える情報に絞り、過去のことを紹介する形です。一方、略歴は単純に自分自身の概要を大まかに伝えるものなので、目的が違ってきます。

主観では書かない!あくまでも第三者目線

略歴や経歴を伝えるコツは、伝えずとも良い情報を伝えすぎないことです。そのためうまく経歴や職歴を伝えていく書き方にするには、第三者目線で考えていくことです。

その情報を求めている人が何を基準にして求めているかを考えれば、最優先となる情報は理解しやすくなります。後は求められているであろう情報のみに絞って、記入していくだけです。

肩書きの表記は正しく!誤解を招かないように

肩書等の表記をする上で気をつけなくていけない事は、誤解を招く書き方をしないことです。省略した使い方をすると、似たような読み方をするものがある場合、第三者にとっては他方と認識する可能性もあります。略歴を記入して行く場合も同じで、正しく相手に伝わる書き方を心がける必要があります。

採用を希望する企業にとっても、略した呼称を望まない社名である可能性もあります。正しい呼称をクセにしてもデメリットは少ないです。

職務経歴書や就活における履歴の書き方

略歴を上手に記入していくシチュエーションと言うのは、転職をする場合、そして社会人として就職する場合が挙げられるでしょう。社会人が転職する場合には職務経歴書と言うものが必要になり、新採用の新社会人だと履歴書が該当するものになります。書き方に注意して、正しい略歴で担当者にアピールしなくてはいけません。

中途採用の就職活動でも略歴は必要

中途採用枠を狙う、転職希望の社会人には中途採用枠を狙う、転職希望の社会人が社会人には職務経歴書の提出が必要になります。職務経歴書の書き方も、履歴書やエントリーシートと同じく略歴を記載することが一般的です。これまで辿った道を伝えることが、正しく採用を判断してもらう近道になります。

学校や会社などは正式名称を徹底する

略歴を記入して行く上で、大変になってくるのは職場や学校などを正式名称などで長く書き続けることです。つい、これまでの慣習で略式の呼称にしてしまいたくなります。しかし、正式名称を使わずに記載すると、モラルやマナーという点で思わぬマイナス評価につながる可能性があります。

書きすぎもいけない!目的に合わせて情報を吟味する

採用されることを願うあまり、必要以上に情報を網羅しようとするケースも少なくありません。しかし、就職活動における履歴書やエントリーシートの書き方というのは、 1種の作法のようなものです。

あまりオリジナルにこだわると、礼儀に対する知識で良くない評価につながる可能性もあります。状況に合わせて伝えていく略歴を吟味したほうがよいでしょう。

就活でも恥ずかしくない略歴の書き方を把握しましょう

略列記の役割と略歴の書き方と例文|公園/職務経歴書/就活でのコツ

人と初めて会うときには、自己紹介をしなくてはいきません。うまく自分のキャラクターと言うものを伝えることができると、円滑なコミニケーションが期待できます。

その上で願っている目標につなげていくことが難しくありません。就職活動における略歴の技術というのは、上手な自己紹介に近いものだといえます。

うまく自分の成り立ちや経歴を伝えることができれば、相手が求める人材としてアピールできる可能性があります。正しい書き方になるよう心がけても損ではないでしょう。上手な略歴を極める書き方というのは、メリットにつながるという考え方もできます。

短くわかりやすくを心がける

略歴を吟味する方法は、学歴や職務に関する経歴に情報を絞り込むことです。情報をシンプルに絞り込むことで、アピールしたい部分だけが強調されるようになります。就職希望者を絞り込む人事担当の立場からしても、文字数の割には何が伝えたいかわからない履歴書やエントリーシートほど印象が悪いものはありません。

むしろ見やすいと考える統一した文体や数字などの書式や、職務経歴や学歴といった略歴にする書き方にこだわった方がメリットに通じていく可能性が高いです。短くわかりやすいものほど、提出した採用希望者のスキルをうかがわせるかもしれません。

A4サイズの用紙に収まる情報を吟味

最近では書店や文房屋だけではなく、コンビニに履歴書の類を見かけるのは珍しくなくなりました。購入して見てもわかるように、大体の履歴書サイズはA4になっています。多少のレイアウトは異なっていますがサイズに関しては変化がありません。略歴を記入する場合にも、A4サイズに収まる書き方をするのが一般的です。

強くアピールをしたいと言う気持ちもあり、どうしても情報を盛り込みたい時もあります。しかし記入欄を大幅にはみ出すと言う事は、逆効果につながるリスクもあります。販売されている履歴書やエントリーシートには、書き方の例と言うものが添付されています。しっかり参考にして書き進めていく方が無難だといえます。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests