Search

検索したいワードを入力してください

【縦書き・横書き】入社承諾書の添え状の書き方と注意

更新日:2020年10月02日

入社承諾書の添え状の書き方を知っていますか。特に、学生の方はこういった書類を書く機会が無いので、いざというときに戸惑ってしまうことが多いです。相手に失礼にならないようにするには、基本的な書き方を押さえておく必要があるのです。

入社承諾書の添え状の書き方

入社承諾書は、ある会社に入社を決めるときに書く必要があり、添え状をつけたほうが良いといわれています。入社承諾書は過酷な就職活動の結果、それが報われた証拠です。入社承諾書の添え状は、ビジネスでは当たり前のように使われています。

これから必然的に多く触れることになるので、これを機に送付状がどういったものなのかを、身に着けると良いでしょう。添え状は送付状とも呼びます。ビジネスでは当たり前のように使われている書類ですので、入社承諾書を機に書き方を覚えると、その後の書類作成の際の心配要素を減らせます。

添え状の内容は?

就労経験がない学生は、添え状がそもそもどういったものなのか知らないことが多いです。添え状とは、書類を郵送又はFAXで送る際に添える書面のことを言います。添え状の内容は以下の通りになります。

送った書類の内容、誰が誰に宛てたものなのか、何部送ったか、補足や説明が添え状の内容になります。共通した書き方があり、書類がきちんと正確な宛先に送られているか、また、その書類不備はないかということを確認するのに役立つのです。

入社承諾書に法的効力はあるの?


入社承諾書は内定の契約書と言っても良いでしょう。応募者に企業が内定を出す手順は、内々定、入社承諾書、内定の順番で行われます。入社承諾書は、応募者本人がその企業に入社する意思があるのか、納得しているのかを確認する書類です。

入社承諾書によって、応募者の入社への意思を確認した後、内定を出すということになっています。就職活動の内定に関する書類は、主に入社承諾書と内定承諾書がありますが、どちらも同じ意味を持った書類だと考えて問題ありません。

これらの書類には法的な効力はありませんが、社会人のマナーとしていい加減な取り扱いには注意しましょう。入社承諾書は契約書といって良いと上記で書きましたが、普通の契約書と違うのは、法的な効力がないということです。

横書き

それでは、書き方について説明します。まずは、横書きの添え状の書き方です。最初に、右上に日付を書き、右上には宛先名を記入します。その後、左に差出人(自分)の情報を記入します。自分の情報は名前の他、住所や連絡先、メールアドレス、電話番号がこれに含まれます。

以上を記入したら本文に入ります。題目と本題を書くのですが、本題を書く前に挨拶を書きましょう。文章は挨拶は拝啓から始まり、敬具で終わる文体にします。本題を書いたら忘れずに、記書きをし、送付した書類の部数と種類を記入して「以上」で締めます。

ビジネス向けの書類作成の経験がないと、どのような挨拶を書けばよいのか迷ってしまうことがありますが、あくまで、入社承諾書の添え状ですので、基本的な書き方を押さえていれば簡潔な挨拶で問題ありません。

縦書き

添え状を書く際、縦書きか横書きかという判断は、送られてきた入社承諾書のフォーマットを見ると良いでしょう。縦書きで送られた場合は縦書き、横書きで送られた場合は横書きと、送られてきた入社承諾書のフォーマットとあわせれば問題ありません。

縦書きの場合は、拝啓と早速本題から書き始めて問題ありません。横書きとは違い、本文が書き終わったら、添え状を書いた日付と自分の情報を記入します。

自分の情報は横書きと変わらず、住所、電話番号、新卒入社の場合は学校名(所属学部含む)を記入しましょう。そして、最後に入社承諾書を送ってきた相手の情報を記入します。以上が縦書きの入社承諾書の添え状の書き方です。

添え状の書き方での注意点

添え状の書き方での注意点を説明します。ビジネスでは、相手に誠実な印象を与えることが最重要です。ですので、応募先の企業から入社承諾書が届いたら、添え状と一緒に出来るだけ早く返信しましょう。

手書きで書くのも有効です。誠実な印象を相手に与えるには、手書きで添え状を書くことが有効なことがあります。手書きは、パソコンで作成するよりも時間がかかりますし、無駄だという人もいます。しかし、まだまだ手書きで誠実さを感じる人が多いです。

手書きでミスをしたら書き直すこと

手書きで書く場合は、ミスをしたら書き直しをすることが大切です。法的な効力のない書類ですが、正式な書類であることには変わりありません。修正液で訂正した書類を送ることは相手に失礼に当たるので、ミスをしたら書き直しましょう。

添え状を封筒に入れるときに注意すること

これは、添え状だけでなく全ての書類にいえることですが、封筒に入れるときは書類の向きに気をつけましょう。封筒には宛名、宛先を記載しますが、書類もその向きにあわせる必要があります。文章の書き方に気をとられてしまい、書類の向きまで気が回らないことがあるので注意が必要です。

クリアファイルに入れよう

郵送してから、応募先の企業に届くまでのことを考えることも大切です。郵送している間に、雨が降って書類がぬれてしまう可能性があります。それを考慮して、クリアファイルなどで書類を保護し、万が一雨が降っても書類が濡れないようにしましょう。

「〆」を忘れずに

次のページ:入社承諾書の添え状の書き方の例文紹介

初回公開日:2017年09月12日

記載されている内容は2017年09月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests