Search

検索したいワードを入力してください

将来性のある仕事の特徴・職業別の仕事の将来性|太陽光発電/ネットワーク/介護

更新日:2020年10月02日

みなさんは今働いている仕事に、将来性を感じていますか?この先もずっと将来性のある仕事として残っているでしょうか。将来性のある仕事と、やがて機械化されてゆく仕事があるとしたらどうでしょう。ここでは将来性のある仕事の特徴や、どんな職があるかなど紹介してゆきます。

将来性のある仕事の特徴は?

みなさんは、今自分が就いている仕事の将来性を考えたことはありますか?働いている仕事に不安を感じたことはないでしょうか。これから先、20年後、いえ10年後なくなる仕事と生き残る仕事があるといったらどうでしょうか。

人工知能のAI化によって仕事は機械化されていき、奪われるとしたら。人の頭脳を超えた機械がとって代わる時代が到来するとしたら驚くでしょう。ですがそれでも、人にしか出来ない仕事はあるのです。

将来性のある仕事の特徴は、人を相手にする仕事・ルーティンではなく、臨機な対応を必要とする仕事・考えたり、企画、発想力を必要とする仕事などです。この能力があるかどうかが格差社会の原因の一つと言われていて、今後さらに進んでゆくとされています。

将来性のある仕事とない仕事の違いは?

では将来性のない仕事の特徴には、どんな特徴があるのでしょう。将来性のある仕事とどんな違いがあるのでしょうか。将来性のない仕事とは、コミュニケーションを必要としない仕事で、単純でルーティンワーク、マニュアル化された仕事などです。将来性ある仕事には次のようなものがあります。人間の生命と健康に関わる仕事、コーチング、ケアなどで、営業、コンサルタント、カウンセラー、医師、幼稚園教諭などです。

もう一つは、創造性・イノベーション関連の仕事です。独自の創造力や発想を必要とする仕事です。デザイナーや開発職、IT業務などが将来性があるといえます。逆に機械でもできる工場や倉庫の作業員、事務員、店員などのマニュアル化や繰り返しのような仕事は淘汰されていきます。

職業別の仕事の将来性は?

では太陽光発電やネットワーク関連の仕事は今後将来性はあるのでしょうか。今度は具体的な職業を、それぞれ取り上げてその将来性についてみてゆきましょう。

太陽光発電

私たち人間にとってエネルギー問題は深刻で、今後も取り組むべき難しい課題です。震災で明らかになったように、原子力には大きなリスクがあり、火力発電もコスト増や環境破壊につながります。そこで注目されているのが「マイクログリッド」です。発電所からの送電に依存せず、太陽光、風力、バイオマス、地熱等からの分散電源による、電力供給を行う方法です。

太陽光発電のメリットはクリーンで燃料のいらない、純国産エネルギーで安全保障の面もあり、騒音も小さいという点です。デメリットはコストが高く、天候に左右されます。蓄電などの技術が上がり、コスト面で解決されれば需要は今よりも格段に上がるはずです。

開発者として携わるなら、将来性はあるでしょう。日本の企業メーカーは多くないので、海外企業などにも広い選択視野を広げた方がいいでしょう。

ネットワーク

ネットワークとはインターネットやLAN(ラン)などを指します。インターネットに関連した仕事は、将来性に満ちあふれた職の一つといわれています。例えば情報処理システムの設計や開発、AIエンジニア、システムや業務のコンサルタントなどです。AIエンジニアは、オープンソースで公開された汎用性の高いAIシステムを利用して、様々なロボットやプロダクトを作る職業です。

現在フリーランスのプログラマーやシステムエンジニアになる人が増えていますし、小学校では子供へのプログラミング教育は着々と進んでいます。しかしプログラミングそのものが、機械化される可能性もあるという意見もあります。いずれにしろ、これから益々発展するグローバルなコンピュータ―社会を生き抜くために、インターネット関連の知識やスキルを身につけておく必要があります。

介護

超高齢化社会はこれから先益々進み、介護サービスの需要は今後もどんどん増え続けます。そのため介護の仕事は将来性に満ちた成長産業といえます。生身の人間が助けて安心感を与える役割をロボットは代替できません。

よく福祉・介護職は賃金が安いといわれていますが、国の対策として介護報酬改善などが課題となっています。また人手不足で一人あたりの介護職員の負担がハードになっているので、介護用ロボットの投入など、サポート体制が早急に整えられる事が望まれています。

給与などの待遇面で雇用改善され、力仕事などをロボットに担ってもらえば、介護職にやりがいと希望を見いだし認知され、重要な仕事として将来、今より一層浸透していくでしょう。

工場

工場での単純労働者はロボットや高度な製造装置に置き換わり、無人工場も出てきます。オートメーション化による雇用減が顕著になってゆきますので、将来性はあるといえません。大規模流通施設では既にロボットが活躍しています。しかも作業ロボットの価格も下がり初めています。ロボットは当然24時間休まず眠らず疲れることもなく、ずっと働き続けられます。

勿論、ロボットも完璧ではないので、メンテナンスや故障による修理・点検や、ラインなどの管理者は必要です。ですが、そういった作業員は少数ですみます。さらに人件費の安い振興国への海外移転もあり、国内での仕事は激減するといわれています。

校正

校正とは、雑誌や広告、書籍などの原稿と校正刷り(ゲラ)を照らし合わせて、間違いがないかチェックする仕事です。校正は専門性の高い将来性のある仕事です。校正者への道は、校正プロダクションに所属する、出版社勤務を経て、フリーランス校正者として独立するなど様々です。

単純なミスは見つけられても、文章の中の矛盾・誤りなどに朱をいれる作業は機械に代替しにくいでしょう。書籍などデジタル化されていますが、まだまだ印刷された紙の本は根強いので、今後も校正の需要は求められるでしょう。

ただ原稿と校正刷りを照らし合わせる校正よりも、文章や内容の整合性を確認する校閲作業の方が、より将来性があり、需要も賃金も高まっています。今後はさらに多種多様な文章を的確かつ迅速に対応できる校正者が求められています。

マッサージ

人を相手にコミュニケーションをとったり、健康や生命に関わる事が将来性のある仕事の一つと先にも述べましたが、マッサージもまさにそのジャンルにふくまれます。マッサージには、整体・指圧、リフレクソロジー、アロマオイルを使ったアロマセラピー、鍼灸など様々にあります。それぞれその人の目的などに合ったサービスを受けますね。

体力のいる仕事ですが、人を癒し感謝される、やりがいのある職業です。どんなにマッサージ機が高性能化しても、血の通った人の手で直接触れて、筋肉の疲れを取り除き、気持ち良く癒してくれるサービス業はこれからも需要は続くでしょう。

コールセンター

電話を取り次ぐオペレーターの仕事は、情報通信機器やクラウドコンピューターがとって代わります。通信関連機器機能向上でオペレーターは不要になるといわれています。コールセンターはコストの安い地方都市や中国をはじめとする海外に移転する流れとなり、将来性は低いです。

膨大なデータと客の要望を瞬時に処理し答えるだけでなく、客の性格を読み取り、相手の気持ちに合わせた会話もできるようになります。例えば感情的な客には、共感する態度で接するなどです。

将来性のある仕事の資格は?

将来性のある仕事の特徴や、逆にない仕事との違い、またネットワーク関連や介護職などの将来性についてここまで紹介してきました。では将来性のある仕事を得るための資格には、どんなものがあるのでしょうか?ここではその一部を少し挙げてみます。

IT資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS):パソコンを上手く使えるようになるための資格で、マイクロソフトのエクセルやワードなどのスキルを身につけることができます。

ITパスポート、基本情報技術者:本格的なプログラマーになるための資格で、この2つを勉強すればITの基本を理解できます。基本的知識や理解は、他のあらゆるIT資格にそのまま通用するので、かなり有利です。

この2つの資格に合格すれば、C言語などのプログラミングの基礎的な知識が身につきます。またHTMLやエクセル、ワードなど簡単に理解できるようになります。

初回公開日:2017年09月18日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests