Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月24日

自由に生きることができる仕事|お金/方法/名言/本/映画

あなたは今の労働環境に満足ですか?自由に生きる、ということは勤務地や勤務時間、人間関係に頭を悩ます必要がなくなるということです。自由に生きるための心得や、必要なお金、自由に働くということは、などを詳しくこの記事にしました。

自由に生きることを始めてみよう

自由に生きることができる仕事|お金/方法/名言/本/映画

「自由に生きる」、永遠の憧れともいえる生き方です。誰しもが一度は、自由に生きてみたいと思うことがあるのではないでしょうか。自由奔放な生き方に憧れるということは、今現在、自由に生きられていないから思うことです。さまざまな事から縛られていて、日々の生活に疲れていると自由に生きたい、と思うようになってしまいます。

そもそも自由とは、なにからも縛られずに自分のやりたいようにする、という意味です。
自由の対義語は、束縛や統制などです。自由に生きるを英語にすると、live freelyとなります。

あなたは今の生活を、自由がなく窮屈だと感じていませんか。さまざまな事柄から束縛された生き方をしてはいなでしょうか。自由に生きるための一歩を踏み出すのは、今からでも遅くありません。

自由に生きる人ってどんな人?自由に生きる人の特徴10個

・周りを気にせず、好きなことをしている
・執着心がない
・こだわりがあまりない
・精神的に強い
・どんな時も自然体でいる
・付き合いたくない人とは付き合わない
・自分自身で、自分の意見や主張を大事にしている
・ポジティブな気持ちが強い
・他人に影響されることは少ない
・過去より未来、昔のことを気にすることがあまりない

周りの目を気にする必要はない

自由に生る人の特徴としては、まず第一に人の目を気にしません。周りからみたら、少しは気にしてほしい、と思われることもあるでしょう。自由に生きる人も、人の目が全く気にならないという訳ではありません。しかし、それよりも大事にしたいのは自分の意見や主張、やりたいことです。人の目を気にして、好きなように生きられないなんて損だ、というのが自由に生きる人の考えです。

他にも、基本的に明るくポジティブな性格をしていて、精神的に強い人が多いのが自由に生きる人です。過ぎ去ってしまったことで、思い悩んだりすることはないでしょう。自由に生きる人の思考は、前へ前へと向いています。未来のことを想像し、ワクワクする好奇心を持っているのが、自由に生きる人の特徴です。

自由に生きるならば名言から生き方を学ぼう

「イソップ物語」という童話の作者、アイソーポスはこう言っています。
「運命はこれまで、われわれに二つの道を示してきている。
 一つは自由の道で、
 これは始まりこそ凸凹が多くて歩きにくいが、
 終わりは平坦で歩きやすい。
 他方、いま一つは奴隷の道で、始まりは平らで滑らかだが、
 終わりは苦しくて凸凹が多い。」

奴隷経験があるアイソーポスならではの説得力のある名言です。自由に生きることを目指したアイソーポスは結果、作家になることができ、自由に生きることができたのでしょう。自由に生きるということが、どういうことなのかを的確に表している名言で、勇気をもらえます。

有名キャラクターのスナフキンからの勇気付けられる名言

他にも、「ムーミン・シリーズ」に登場するスナフキンというキャラクターは自由に生きるキャラクターの代表格と言えるでしょう。そんなスナフキンの名言が、こちらです。
「あんまり誰かを崇拝するということは、自分の自由を失うことなんだ」

何かを信じるということは、心の拠り所ともいえる重要なことです。しかし、崇拝までいってしまうと、自分の意見や考えがなくなってしまいます。自由に生きる、ということは自分自身のことをしっかりと考える、ということでもあります。自由に生きているキャラクターだからこそ言えるセリフ、自由に生きていきたいと思う人ほど納得できる名言なのではないでしょうか。

自由に生きるためにはお金が必要

今の生活をいきなり変える、ということはなかなか難しいことです。自由に生きるといっても、簡単なことではありません。何物にも縛られず、自由に生きるためにまず必要なのが、お金です。シビアですが、お金がなければ自由奔放に生きていくことはできません。

結婚するかしないか、子供がいるかどうか、独身かどうかによって変化はありますが、人が一生涯に使うお金の額は、平均2億円もの額が必要と言われています。自由に生きるとは離れてしまいますが、安定した暮らしを望むのなら、真面目に働き倹約することが重要でしょう。

自由に生きるために考え方を変えてみよう

自由に生きるというのは、お金にも縛られたくないということです。自由に生きるために、充分なお金は必要ですが、考え方を変えれば多額の金銭を必要としなくてもよくなります。

それは、最低限必要なお金さえあれば良い、と考えることでしょう。ほかにも、自給自足で自分に必要な物を必要な分だけ、まかなえれば良いと考えることもできます。今までの価値観を急に変えることは難しいですが、自由に生きるためには大事なことです。

安定とはかけ離れていて、心配事も多いでしょう。自由に生きるためには、着の身着のまま流れるように生きるという価値観も一考してみてはいかがでしょうか。

自由に生きることができる職業って?

生きていくために、切っても切り離せないのが仕事です。勤務時間や勤務場所に縛られながら働くのは、自由に生きていきたい人にとって窮屈と感じるでしょう。

仕事が上手くいかなかったり、人間関係で悩んだりと、会社勤めというのは精神的にも肉体的にも疲弊します。もちろん、仕事が好きな人も、世の名にはたくさんいます。そういった人は自由に生きたい、とは思わないでしょう。自由に生きたい人は、人間関係に頭を悩ませたり、精神的にも肉体的にも疲弊している人となります。

働かなければ、生きていけません。では自由に生きる人生を送りたい人は、どうしたら良いのでしょうか。しかし、世の中には自由に生きる人のための仕事がたくさんあります。以下に、自由な働き方ができる職業を一部分ですが、紹介させて頂きます。

好きなことをしてお金を稼ごう

インターネット上に動画を投稿して、お金を稼ぐ仕事がyoutuberです。youtuberは、子供が将来なりたい職業ランキングの上位に入る程、人気な職業となっています。

その人気の理由は、youtuberのコンセプト「好きなことをして生きていく」というところからきています。見てもらう人に喜んでもらえる内容を考えたり、編集作業をしなければならないなど、大変な面はあります。しかし、好きなことをしてお金を稼げるというのは、自由に生きることを目標とする人にうってつけの職業ではないでしょうか。

手に職をつけることも大事

プログラマーやウェブデザイナーなど、IT系のスキルを身に着けてしまえば、自由に生きていてもお金を稼ぐことができます。初心者が一から学ぶのは難しいですが、自由に生きるためにこういった選択肢もあるということです。1回技術を身に付けてしまえば、インターネット上だけで完了する仕事もたくさんあります。

IT系だけでなくとも、ハンドメイド作家としてお金を稼ぐという選択肢もあります。今はフリマアプリがたくさんあるので、実際に出向かなくても大丈夫です。人気の作家さんは月に30万円稼ぐこともあります。人とは違う斬新な物や、需要を把握できることがあれば、人気作家になることも難しくはないでしょう。

インターネットが主流の働き方がおすすめ

今や、パソコンやスマートフォン・インターネットさえあれば、どこでも仕事ができるという世の中になりました。上記で記載した、youtuberやIT系の職業以外にも、アフィリエイトを始めてみる、なんていうのも良いでしょう。絵が得意であれば絵を描いて売ることや、曲を提供してみたりなど、自分の得意な分野から始めてみるのもおすすめです。

探してみると、自由に働ける意外な職業があったりします。新しい発見になり、視野も広がるので、一度自由に生きるための職業を探してみてはいかがでしょうか。

自由に生きるうえでの四字熟語

自由に生きることができる仕事|お金/方法/名言/本/映画

自由に生きる人のための四字熟語といっても過言ではないのが、「自由奔放」です。
周りを気にせずに、自分の思うがまま行動するといった意味の四字熟語となります。自由奔放な振る舞いをする人に憧れて、自由に生きてみたいな、と思う人は多いのではないでしょうか。自由奔放をテーマに、自由に生きるのも良いことです。

また、「奔放不羈」といった自由に生きる人のための四字熟語もあります。奔放不羈は、ほんぽうふきと読み、縛られずにありのままの自分として行動するといった意味です。仕事や人間関係など、さまざまな物事に縛られがちな人におすすめの四字熟語となっています。

女性は自由に生きることが難しい?女性でも自由に生きる方法とは

この世の中、「女は結婚して子供を産み家庭的に生きる」、という女性像を押し付けられがちです。それは正しいことでしょう。しかし、そういった生き方をしたくない人も、大勢いるのではないでしょうか。

仕事をしていても、出世をすることが難しかったり、セクシャルハラスメントやモラルハラスメントなど、男性より女性の方が多く悩む傾向にあります。縛り付けられたような閉塞感で、生きづらいと思うことも多々あるでしょう。そういった人が、自由に生きるためにはどうしたら良いのでしょうか。

どんな時でも自分のことを好きでいよう

あなたは、自分ことを好きでいられていますか。時には落ち込んでいたり、イライラして八つ当たりしてしまうこともあるでしょう。しかし、どんな人でも、いつも笑顔でいられるわけではありません。自己嫌悪に陥る必要はないです。どんな時でも、自分は自分です。ありのままの自分を認めて、受け入れましょう。自分のことが好きになれます。

自己嫌悪に陥りそうな時は、個性的で良いことなんだ、とポジティブに考えるのがおすすめです。他にも、女性に多いのが、人の目を気にするというところです。誰しも人に嫌われるよりは、好かれていたいと思うでしょう。しかし、人に嫌われることばかり気にしていては、自分の好きなことを、思いっきり楽しむことはできません。たまには、周りの目を気にせず楽しんでみて下さい。

離婚後に自由に生きる方法

結婚生活を始め、窮屈に感じる人もいるでしょう。自分以外の家族がいればいる程、縛られることも多くなります。自由に生きたいと思い、離婚する決意に至ったとしても、その後の人生を考えると不安な気持ちが強くなります。

以下に、離婚後も自由に生きる方法を記載しますので、自由に生きたくて離婚を考えている人は参考にしてみてください。

気にしない精神を身に着けよう

離婚後に、周囲の態度が変わったり、偏見の目で見られることもあります。自由に生きることを目標とするならば、周りからどう思われても気にしない、と思える精神力が必要です。過ぎ去ったことをくよくよと落ち込まず、常に前向きで、明るい気持ちでいるようにしましょう。

人は一人では生きていけない

流れるまま、自由に生きる人生に憧れますが、一人では難しいこともあります。縛られることを嫌い、孤独に一人で人生を送るのは厳しいです。なので、信頼できる友人を一人は作っておきましょう。離婚後の寂しさや、不安な気持ちを和らげてくれるでしょう。

自由に生きたいならばこの本がおすすめ

自由に生きるために参考になる本を紹介します。本を読むことで、自由生活のためのヒントが見つかるでしょう。

自由をつくる自在に生きる

まず紹介するのは、森鴎外著の「自由をつくる自在に生きる」です。自由の定義とは何か、支配されない生き方をするためにはどうしたら良いのか、を熱く語っている一冊です。自由に生きてみたいけど不安感がある、という人の心に突き刺さるのではないでしょうか。自由に生きる人生を始めたい人に、勇気をくれます。

読んで良かった。
変化を恐れずしがらみをとっぱらってみようと思えた。
杭は全部出てるんだと安心した。
迷った時に助言してくれる友達を見つけた気分。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2SRCQ3KID93... |

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

四角大輔著「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」もおすすめです。物だけでなく、先延ばし思考を捨てるといった思考法も載っています。自由に生きるならば、まずこの本を参考にしてみてはいかがでしょうか。

20代前半の時に読み5年ほど経ちましたがやっぱりこの本にあるようにシンプルイズベストだと思いました。

20代前半の頃は肩に力が入って妙な見栄やプライドがあり自分で自分の可能性を狭めていました。何かを選ぶかより何を捨てるかの方が難しくそしてそういったことが運命を左右することもあるとは若い頃は考えもしませんでした。

この本に人生を変えられたなんていうエピソードはありませんが、やっぱりシンプルに生きるのが1番大切だな、ということに再認識させてくれた本。
30代以降はもっとシンプルに生き色々な物を捨てていきたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1NN19UU17OP... |

自由に生きることに関するおすすめ映画

忙しい日々を送っている人は「かもめ食堂」という映画がおすすめです。フィンランドで食堂を経営している主人公と個性あふれるお客さんが織りなすヒューマンドラマで、心温まるストーリーは、あなたの日々の疲れを癒してくれるでしょう。こんな暮らしも良いなと思わせてくれる素敵な作品です。

ネガティブな気持ちが強い人に見て欲しいのが、ジムキャリー主演の「イエスマン “YES”は人生のパスワード」です。不満ばかりだった主人公が、イエスということでだんだんと人生が良い方向へと変わっていく、というコメディとなります。自由に憧れるけども、現実では自由になんて生きられない、と考えている人に見て欲しい名作です。

自由に生きるための権利がある

私たち日本国民には「自由権」という、自由に生きる憲法があります。自由な思考を持ち、自由に行動することを国から認められています。ただしこれは、もちろん、人に迷惑をかける行動をしない上での権利です。自由に生きられないと考える人は、この権利について今一度、詳しく調べてみるのも良いでしょう。

人生をより豊かで素晴らしいものに

自由に生きている人にただ憧れているだけは、辞めてみませんか。人生に選択肢は、たくさんあります。一つに縛られることなく、自由に生きるという選択肢を一考してみるのも良いでしょう。

勤務時間や勤務地に囚われて窮屈な日々だったり、煩わしい人間関係で頭を抱えたりと、社会を生き抜くことは大変なことばかりです。しかし、考え方を変えるだけでも、現状は打開できるでしょう。過去に囚われて落ち込むことなく、前向きに明るく人生を送っていきましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests