Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月24日

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳で転職を成功させるためには、どのような点に気をつければいいでしょうか?50歳で転職するのは難しいと考える人は多く、実際に転職は厳しいものになることが多いです。しかし必ずしも失敗するわけではありませんので、50歳でも転職を成功させる方法を知りましょう。

男女別50歳の転職事情は?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

仕事をしていれば辞めたいと感じたり、もっと別の仕事がしたいと考え、転職を検討する人は多いです。転職はネガティブな理由ばかりではなく、より良い条件の仕事を探してであったり、自分のキャリアアップにつなげるためになどポジティブな理由も多く、転職によって人生を好転させている人も少なくありません。

一般的には転職のタイムリミットは35歳と言われており、これを過ぎると転職が難しいと言われています。また30代に入ってからすでに転職が難しくなると考える人も多く、転職では若いほど有利になることが多いです。

しかし転職は若い人だけのものではなく、50歳でも転職をしようと考えることはありません。50歳の転職事情はどのようになっているのかを知り、50歳の転職の現状についてを理解していきましょう。

正社員など

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳での転職でも正社員を目指す人は多いですが、実際に正社員での転職を成功させている人はそれほど多くはありません。50歳では定年退職も迫っていますし、長く働けないのであれば、正社員で採用するメリットはないと考える企業は多いです。

そのためこれまでずっと正社員で働いていたにも関わらず、50歳からの転職でアルバイトなどで働くことになったという人もいますし、正社員を目指して選考を受けてもなかなか合格できずに、転職活動が止まってしまっている人は多いです。

これは男女ともに同じであり、50歳では正社員への転職は難しい場合も多いです。しかし50歳で正社員に転職するのは不可能なわけではありません。やり方次第で正社員への転職も可能ですので、諦めずに転職活動を続けることが大切です。

契約社員など

50歳からの転職の場合は正社員で転職することが難しいため、契約社員などでの転職を目指す人も多いです。契約社員であれば、正社員よりもハードルは下がりますし、転職先から内定をもらっている人も多いです。しかしもともとは正社員を志望していたにも関わらず、なかなか採用が決まらないためにランクを落として契約社員として転職したという人もいます。

そのため納得がいかないまま転職してしまい、転職を後悔するということもあります。また契約社員以外では派遣社員として働く場合もあり、50歳を超えてから職を転々とするという場合もあります。派遣社員の場合は契約ごとに職を変えなければならないことが多く、50歳の場合は更新の可能性も低いので、転職活動を繰り返しているという人も少なくありません。

踏み出せない

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

転職活動が成功して新たな仕事に満足している人もいますし、反対に失敗してしまい転職に後悔している人もいます。しかし50歳で転職を考えている人の多くは、そもそも転職に踏み出すことができず、転職活動を進められずにいるという人も少なくありません。50歳から転職することは勇気が必要ですし、その後の生活などを考えて躊躇してしまう人は多いです。

これは男女ともに言えることですが、家庭を持っていてパートナーを養わなければならないという人は特に躊躇ってしまう傾向にあります。50歳からいきなり人生を大きく変えるのは恐怖がありますし、転職活動をしても必ずしも成功する保証はどこにもありません。転職に失敗するのではないかという恐怖から転職活動に踏み出せない50歳の人は多いです。

50歳におすすめの転職サイトは?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳からの転職を成功させるためには、転職の方法についても工夫しなければなりません。

転職では求人情報サイトなどを利用して求人を見つけ、気に入った企業にエントリーしますが、50歳の転職では志望する企業を見つけることが難しい場合も多いです。50歳での転職は他の年代とは違っていることも多く、若い人と同じような転職サイトなどを利用していても成果が上げられないことも多いです。

大切なのは50歳に合った方法で転職を目指すということであり、利用する転職サイトも50歳に合ったものに変える必要があります。おすすめなのは「From40」というサイトです。このサイトでは40歳、50歳からの転職を応援しており、シニア層に向けた求人情報などを数多く掲載しています。

50歳の転職におすすめの資格は?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳での転職を成功させるためには、即戦力として働けることが大切ですし、スキルを有していなければなりません。若いうちであれば、スキルや経験などがなくても、企業での成長力をアピールすることができれば採用される可能性はありますし、ポテンシャル重視で採用を決定する企業も多いです。

しかし50歳の場合は定年退職も迫っていますし、就職後の成長力に期待することはできません。成長力に期待して採用したとしても、活躍できる頃には退職という事態にもなりかねませんし、50歳で転職するなら転職後すぐに活躍できなければなりません。

スキルを証明するためには資格をアピールするのがおすすめです。50歳の転職におすすめの資格を知り、上手にアピールしていきましょう。

語学関係

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳の転職でおすすめの資格としては、語学関係の資格が挙げられます。語学力のある人材を求めている業界、企業は多いですし、語学関係の資格を持っていれば転職でも有利になることは多いです。50歳での転職に役立てるのであれば、英語の資格ではなくその他の言語の資格がおすすめです。

英語の資格でも転職で有利に働く場合は多いですが、英語力の高い人材は多いですし、若い人でも英語の資格を持っている人はたくさんいます。

同じ資格を持っているのであれば若い人材を優先的に採用する企業は多いですし、50歳では負けてしまうことも多いです。英語の資格だけではなく、その他の言語の資格を持っていることがポイントであり、珍しい資格を持っていることで選考が有利に進められることもあります。

専門資格

50歳での転職におすすめの資格としては、専門資格が挙げられます。職業や職種によっては資格がなければできない仕事もありますし、それらに関わる資格を持っていれば50歳でも優遇されることが多いです。専門資格はさまざまありますが、設置義務のある資格などがおすすめ度が高いです。

業種によっては有資格者の設置義務が定められている仕事も多く、有資格者不足で悩んでいる企業は多いです。資格を持っていることで設置義務を満たすことができますし、業務に必要な資格を持っていることで即戦力として働けることが期待できます。

専門資格を持っていれば転職では有利に働きますので、50歳での転職を成功させたいのであれば、何らかの分野の専門資格の取得がおすすめです。

50歳で公務員に転職する方法は?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳で転職したいと考えたものの、老後の生活なども心配になりますし、安定した企業、仕事をしたいと考える人は多いです。50歳から転職して、すぐに企業が潰れてしまったり、給料が安定しないのであれば、今後の人生設計が狂ってしまう可能性がありますし、できるだけ条件の高い仕事、あるいは安定した仕事をしたいと考える人は多いです。

安定した仕事と考えた場合に最もイメージされやすいのが公務員です。公務員であれば給料は安定していますし、50歳で転職するにも申し分ない仕事です。しかし50歳から転職するのは難しいですし、ましてや条件の良い公務員への転職は無理なのではないかと考える人は多いです。50歳から公務員へ転職することは可能なのでしょうか。

中途採用枠

公務員へ転職するためには、公務員試験を受け、それに合格する必要があります。しかし公務員試験は受験資格として年齢制限が設けられています。自治体によって取り決めは違いますが、基本的には30歳までとされていることが多いです。そのため50歳から転職する場合は通常の公務員試験を受けての転職はできません。

50歳からでは公務員に転職できないと考えている人は多いですが、実は転職の方法は残されており、それは中途採用枠での転職です。中途採用枠では応募条件は決められていますが、年齢による制限はありませんし、50歳でも公務員を目指すことができます。それぞれの自治体ごとに要件は違いますので、中途採用枠があるかどうかを確認してみましょう。

能力や経験が必要

50歳であっても中途採用枠で選考を受ければ公務員に転職することはできますが、中途採用枠では高い能力や実績、経験などが必要になります。そもそも公務員は30歳までと年齢制限がありますし、50歳などでの転職は特例です。

中途採用枠では公務員では修得することができない民間の能力やスキル、経験などを求めた採用枠であり、能力の高さなどをアピールすることができなければ採用されることはありません。公務員への転職試験にチャレンジすることは可能ですが、実際に転職を決めるのは非常に難しいので、事前にしっかりと対策をしておかなければなりません。

中途採用枠でも面接以外に筆記試験や論文の試験などもありますので、それらの勉強も進めておきましょう。

50歳の転職で妥当な年収は?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳で転職する場合は、仕事内容や待遇、安定しているかどうかも気になりますが、それだけではなく給料についても非常に気になるところです。せっかく転職するのであれば、現職よりも高い給料をもらいたいと考えるのが普通ですし、実際に転職によって高年収を獲得している人も多いです。

しかしそれはあくまで若い人の転職であって、50歳の場合では違っていることも多いです。50歳ではそもそも転職を成功させること自体難しいですし、好条件での転職は難しい場合も多いです。高い給料を望みたいところですが、それが叶うとは限らず、転職後に年収が低くなってしまう可能性すらあります。

50歳の転職では年収については気になる部分ですが、どれくらいの年収が妥当なのでしょうか。

300~400万

50歳で転職する場合は、年収としては300~400万程度が妥当とされています。50歳からの転職では年収はそれほど高望みできない場合が多く、現職と比べれば大幅に下がってしまうということも少なくありません。年収については条件が高過ぎると転職が成功しない場合も多いですし、そもそも転職先を見つけることすらできない場合もあります。

50歳での転職では年収については高望みをするのは禁物です。年収を求めすぎるあまりに転職が成功せず、結局転職をしないままに定年退職を迎えてしまうということもあります。妥当な年収で転職先を探さなければ選択肢も狭まりますし、成功率も低くなりますので、300~400万の枠内で転職先を探すようにしましょう。

大手であれば700~800万

50歳で転職する場合は、300~400万程度が妥当年収と言われていますが、一部では700~800万程度と言われることもあります。これはあくまで大手企業に絞って考えた場合であり、実際にはこれよりも低い金額になる可能性が高いことは覚えておきましょう。

しかし逆に言えば大手などに転職することができれば、50歳でも高年収を目指すことができるということでもあります。エグゼクティブで転職する場合などであれば、さらに高い年収を目指せる場合もありますし、場合によっては1000万円を超える年収を獲得できる場合もあります。

高年収を目指すためには、当然高い実績や能力が必要ですが、転職のやりかた次第で高年収が目指せる可能性があることは覚えておきましょう。

高くないことが多い

50歳での転職での妥当な年収は300~400万とも700~800万とも言われていますが、基本的には高くないことが多いです。700~800万などの高い年収が獲得できる場合ももちろんありますが、これは特例中の特例です。基本的には300~400万程度の範囲で考えておかなければなりませんし、場合によってはさらに低い年収になる可能性もあります。

50歳の転職では年収については、それほど多くを望むことはできません。それ以外の仕事内容や待遇などの面で転職先を選ぶことが大切です。年収ばかりに縛られていると転職が成功しない可能性が高いです。年収は大切な指標ではありますが、転職先選びの指標は他にもありますので、それだけに縛られないようにしましょう。

50歳の転職で成功する方法は?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳であっても転職を考えている人は多いですし、実際に転職活動を進めている人もいます。しかし50歳から転職するのは非常に厳しいことも多く、転職に失敗してしまう人も多いです。若いうちにであれば転職もしやすいですが、50歳ともなると転職のハードルが高くなっていることも多いので注意しなければなりません。

しかし50歳からでも転職に絶対に失敗するとは限らず、成功する場合もあります。転職を成功させるには、転職の方法をしっかりと工夫することが大切です。若い人と同じように転職活動をしても、50歳の転職は成功しません。50歳には50歳のやり方がありますので、自分に合った方法で転職活動を行い、転職の成功を目指しましょう。

実績をアピール

50歳の転職では実績をしっかりとアピールすることが大切です。50歳であれば経験豊富な人は多く、そこが大きなアピールポイントになります。若い人では実績や経験がまだない人も多いので、ここが差別化のポイントになります。

若い人と同じことで競っても負けてしまうことが多いので、50歳ならではの特徴を活かしてアピールを進めることが大切です。これまでに培った豊富な経験や実績を中心にアピールをして、評価を勝ち取っていきましょう。

スキルをアピール

50歳の転職を成功させるためには、スキルをアピールしていくことも大切です。これまでの経験から何らかのスキルは身に付いているはずですし、それをアピールして即戦力として活躍できることを伝えていきましょう。50歳で転職する場合は転職後すぐに企業で活躍できなければなりませんので、これまでに培ったスキルを目一杯アピールしていきましょう。

50歳で未経験の職種に転職できるのか?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳から転職するためには、実績をしっかりとアピールする必要があります。そのため未経験の職種への転職は難しいように感じますが、未経験への転職は可能なのでしょうか。

タクシー

50歳から未経験でタクシー運転手に転職する人は多く、これは未経験であっても転職は可能です。免許さえあれば始められますので、まずは必要な免許を取得して転職に臨みましょう。

介護など

介護も未経験でも転職は可能ですが、体力的にきつい部分も多いです。体力面さえ解決することができれば、介護への転職も充分に可能です。

50歳の転職で失敗する理由は?

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳からの転職に失敗してしまう理由としては、高望みをし過ぎていることが考えられます。転職時の条件などを高く望みすぎていると志望企業は見つかりませんし、見つかっても不合格になる可能性は高いです。ある程度の妥協は必要ですので、転職の条件を多く望みすぎないようにしましょう。

50歳でも転職はできる

50歳の転職で成功する方法・失敗する理由・おすすめのサイト

50歳の転職で成功する方法や失敗する理由、おすすめのサイトを紹介しましたが、50歳でも転職を成功させることはできます。50歳からでもやり方次第で転職活動をスムーズに進められますし、まずは一歩踏み出すことが大切です。

転職に躊躇してしまう人は多いですが、行動しないことには転職は成功しません。勇気を持って踏み出して、50歳からでも転職を成功させましょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests