Search

検索したいワードを入力してください

転職のときに空白期間はどの程度みられるのか・選考の期間

更新日:2020年10月02日

履歴書に空白期間ができて、悩んだ経験がある人はいないですか。そんな悩みの解決方法を中心に紹介しています。他にはタイプ別の書類選考の平均的な期間や、転職回数が多い人が何とか転職先を見つける方法も紹介しています。転職活動の参考にしてください。

転職のときに空白期間はどの程度みられるのか

履歴書を書くときは空白期間に悩んでしまう

転職するときは、履歴書を書く必要があります。しかし、仕事と仕事の間に空白期間があれば、どう書いていいのか悩むことがあるでしょう。あまりにも長い空白期間だったら、面接官が疑問を感じても不思議ではありません。空白期間の書き方は、ハローワークでも相談に乗ってくれるでしょう。

空白期間の理由はキチンと説明しましょう

空白期間に何をしていたのかが問題ですが、何も記入していなかったら面接官は身体が悪いのではないかと、いらぬ疑念を抱く可能性があります。もし転職活動をしていたのであれば、正直に面接時にそのことを伝えましょう。

しかし、20代なのに空白期間が1年以上あった場合は、転職が長引いた理由を聞かれる恐れがあります。そのときは、仕方なくアルバイトをしながら転職活動をしていたと答えるのが無難な答えでしょう。

転職の時の書類選考の期間

20代の人の書類選考期間

応募した会社にもよりますが、20代の求職者は会社側にとって魅力的なので、特別な技術がいる仕事以外は早く結果が出る可能性があります。20代前半であれば未経験であっても、会社側は育てようとするでしょう。書類選考期間は一週間よりも、短いこともあるでしょう。

30代の人の書類選考期間

応募した会社の仕事が前職と近い内容の業務であれば、会社側は興味を持ってくれるでしょう。少なくても書類選考は、一週間程度で通過する可能性があります。ある程度経験値が高い30代の応募者は、企業にとって20代とは違う意味で魅力的でしょう。

40代の人の書類選考期間

40代の人を採用するときは、企業は慎重になるケースが多いでしょう。書類選考時にも、落とされやすい可能性があります。一般的に40代の人は給料が高めなので、それに見合う活躍ができるのかという観点から企業は、応募者を見ている可能性があります。

前職で経験があっても書類選考の期間は、30代までの応募者と比べて長めになることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

50代の人の書類選考期間

かなりのキャリアがある応募者でも50代になれば、書類選考も突破することが難しいでしょう。書類選考段階で、門前払い扱いされていることも予想できます。転職は当然ながら難航しますが、それでも生活のために転職先を見つけなくてはいけない人は、少なくないでしょう。

50代の応募者でそこそこ待遇のいい転職先を見つけるのは、1年ぐらいの転職活動期間が必要でしょう。この年代になれば空白期間が1年ぐらいあっても、応募先は理解を示してくれるでしょう。

転職歴の多い人の書類選考期間

20代後半なのに3社以上の転職歴のある応募者は、書類選考期間が長くなる可能性があります。一般的に20代は、会社にとって理想的な年代です。しかし、1社あたりの勤続期間が1年未満であれば、応募先の会社は不安を抱くでしょう。

例え書類選考を突破して面接までこぎつけても、転職回数が多いことを突かれる可能性は高いです。そのときは、答えに窮することもあるでしょう。転職歴が多い人にとって、転職理由の対策は絶対に必要です。

転職歴が多い人の転職術

転職歴が多い人は、できれば書類選考がある会社よりは、書類選考なしの転職先を探した方がいいでしょう。その理由は、書類選考の段階で落とされる可能性が高いからです。しかし、すぐに面接をしてくれる会社であれば、突破する可能性はあります。

面接時の履歴書でも、あまりに短い職歴は書かない方が得策でしょう。そして、履歴書ではスペースの関係で書きにくい職務経歴書も書きましょう。特に関連する仕事の経歴は、丁寧に少々は誇張した実績を書いてもいいでしょう。面接時には、できる限り謙虚な口調で熱意を見せましょう。運が良ければ採用されることもあるでしょう。

次のページ:転職活動の平均の期間

初回公開日:2017年11月09日

記載されている内容は2017年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests