Search

検索したいワードを入力してください

社会不安障害の人に向いている仕事・仕事探しの仕方

更新日:2020年10月02日

社会不安障害とはなんなのでしょうか。それは怠け病ではなく、立派な病気です。まず、社会不安障害の人たちは、自分自身の病気について理解することが大事です。社会不安障害の人たちは、治療とともに、どのような仕事と向きあえばいいかも大事なポイントです。

社会不安障害の人に向いている仕事

現在、社会不安障害に悩みを持つ多くの人たちがいます。他者から悪く思われたらどうしようという気持ちが起こり、人と接すると、敏感に恐怖を感じてしまうのが、社会不安障害、SADと言われる症状です。

社会不安障害の症状

社会不安障害には、いろいろな症状が起こることになりますが、根底にあるものは、他人から否定的評価される恐れ以外何ものでもありません。

周りの人から笑われたらどうしようとか、人前で失敗して恥ずかしい思いをしたらどうしよう、という気持ちによって、簡単に仕事と向きあうことができなくなる傾向が高くあります。

誰でも緊張はある

緊張すること誰でもあることです。ですから、社会不安障害に悩みを持つ人たちに対して、怠けと判断する人も中にはいるでしょう。

しかし、正常値の人たちは、緊張はするものの、緊張に対して何かしら対処をすることができるはずです。社会不安障害の人たちは、恐怖がそれ以上上回ってしまうから、著しい不安・恐怖とそれに伴ういろいろな症状が出現し、仕事ともまともに向きあうことができなくなります。

社会は人の関係で作られている

社会不安障害に悩みを持てば、社会というものはいかに人間の関係によって組み立てられているか思い知らされることになります。

仕事は、人間の関わり合い抜きにして成立せず、社会不安障害に悩みを持つ人たちは、このままなら、社会的人間になることができず、仕事によって生活費を稼ぐ手段も見失ったままです。

社会不安障害は時間がたてば良くなるというものでもなく社会的にどんどん支障をきたし、外出すらできなくなってしまう恐れもあります。

社会不安障害の症状

社会不安障害の症状には声が震える、顔がひきつる、赤くなる、動悸や胸痛、息切れ、呼吸苦、更に震えや、発汗、しびれ、腹痛、下痢と言ったものが起こります。

社会不安障害は仕事で悪化する

社会不安障害の人たちが仕事と向きあい、人前で発表する機会などで悪化傾向になるリスクがあります。そのような機会もやはり社会に出れば避けることができないのではないでしょうか。

ミーティングや会議での発言・発表などビジネスの体験において、そして仕事以外にも結婚式などのイベントでのスピーチなどでも社会不安障害が悪化する場合があります。

仕事の電話対応で社会不安障害は悪化

社会不安障害は仕事場での電話の対応で悪化していきます。仕事において人間関係はオフィスの中に限定される訳ではなく電話一つで、コミュニケーションが世界に広がっていると考えていいでしょう。

社会不安障害の人たちにとって、仕事の電話の問題は、こちらから意図的に相手と向きあうのではなく、いつ誰からかかって来るか判らない特別な恐怖の体験と遭遇することになります。

社会不安障害の人たちは、仕事の電話において、直面する人よりも心の準備が整わず、追い込まれることになります。

仕事の上で会食

社会不安障害の人たちは、次第に飲み会に行くのも嫌と考える傾向があります。仕事上で会食しなければならない時もあるでしょう。

その時、社会不安障害の人たちは、見られていることに緊張してしまって、上手く食事もとることができなくなります。 それはおおかた、社会不安障害でない人たちも想像できることではないでしょうか。

ただし、それ以上の緊張の苦しさはやはり社会不安障害になった人たちしか理解することができません。社会不安障害の人たちは、人前で緊張して、震えて字が上手く書けなくなってしまいます。 それも、やはり見られていることを意識してしまうせいです。

社会不安障害と工場労働

社会不安障害の人たちも、結局は仕事と必然的に向きあわなければならないです。そのとき、社会不安障害の仕事の選択肢は、人と一緒に何かをするということよりも一人で黙々と仕事ができることだと考えるべきでしょう。

そのような仕事が何かといえば、工場勤務というのも充分候補にあげることができます。

社会不安障害は、やはり接客という仕事はアウト

社会不安障害は、やはり接客という仕事と向きあうと悪化傾向になるリスクが大きいです。気心が知れている方と向きあうのならなんとかできたとしても、仕事の接客とは基本はそのようなものではありません。

ただし、社会不安障害にもそれぞれ症状の違いはあり、接客の仕事の中でも、全然知らない人との対応なら大丈夫という人たちがいます。

その点でも、工場で仕事をしている人たちは、基本は物と向きあっているため、社会不安障害が悪化するリスクと少ないと考えることができます。

次のページ:社会不安障害の人の仕事支援を行なっている組織

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests