Search

検索したいワードを入力してください

パソコンを使う仕事の種類・仕事術・資格|入力

更新日:2020年10月02日

パソコン好きだけど、どんな仕事があるのでしょうか。打つのが得意だけど、他にスキルがない人もたくさんいます。スキルはないけど、パソコンを使って仕事がしてみたい。そんな自分にはパソコンを使ってどんな仕事ができるのか紹介します。

パソコンが速い人の仕事術

パソコンが速い、といっても何が得意で速いのかにより仕事内容も変わってきます。それぞれの特徴を持った、パソコンが速い人の仕事術をご紹介します。

打つのが速い人の術

パソコンをひたすら打つのが速い人の仕事術はなんといっても、ブラインドタッチです。手元を見ずに画面だけを見ながら誤字脱字も非常に短く打つ事ができます。

パソコンが苦手な人にとってはなかなかできない仕事術です。データ入力や、文章を打つ仕事にとても有利な仕事術です。

打つのが速いだけで、実行できる仕事量が大幅に変わります。これからパソコンを使った仕事をしたいと考えている方は、ぜひブラインドタッチを取得してください。

ネット検索が速い人の術

パソコンを打つのが速い以外の仕事術は、リサーチ力です。マーケティングや調べなければいけないような仕事の現場で、検索力がないとなかなか仕事がすすみません。このような仕事では、打つのが速いのはほぼ関係なく、どのような言葉や言語で検索すればヒットするかを考えながら何度も色んな言葉で検索してリサーチすることが重要です。

例えば、この記事のようなものを検索したい場合に「パソコンが速い人」と検索するよりも、「パソコン、速い、仕事」など何個かのワードを検索することによって、さらに詳しくリサーチができます。

打つのが速いだけではなく、頭の回転が速い人の仕事術です。

パソコンを使わない仕事

現代、ほとんどの仕事がパソコンを使います。ですが、そんな中でもパソコンは使わない仕事もあります。これから紹介していきますが、その中でも連絡方法などで本部や本社ではパソコンを使った仕事になる可能性もあります。そこは対象外で紹介していきます。

技術職

技術職ではパソコンを使わない仕事が多いです。プログラマーなども技術職という場合がありますが、ここでは車を作ったり家を作ったりと何かを作る技術職とします。

工場などでの仕事もパソコンを使わない仕事と言えます。まさに手に職ということです。

接客業

飲食や販売員、アパレルなどはパソコンを使わない仕事です。主にお客様という人間を相手にする仕事です。

販売員やアパレルは、ネット社会ということもありパソコンを使う場合も多いですが、タイムカードや本部との連絡手段のためにパソコンを使う事があるだけで、難しいパソコンのスキルを必要とするものではありません。

飲食は主に、それすらもパソコンを使う事が少ないので、使う機械をいえばレジやオーダーを取るのみでしょう。最近では、オーダーを取る際にスマートフォンを使っているお店も増えています。

動物園や水族館

動物や魚を相手にしていますので、パソコンと向き合う仕事ではありません。お世話をする仕事です。ですが、イベントの企画者などはどうしてもパソコンを使って企画書やポスターを作る場合があるので、多少の打つ速さとパソコンへの慣れは必要です。

それ以外主に、生き物を相手にしていますのでパソコンをはじめ機械を使う事は少ない仕事と言えます。

老人ホームや介護士

介護の仕事は、ホームでの場合と一軒一軒回ってする場合とありますが、基本的にはパソコンは使いません。こちらも本社などとの連絡事項でメールを使うことがありますが、要するに事務などがないので基本はスマートフォンなど携帯電話で事が済みます。

パソコンを使わない仕事とは、人の手によってやらないとできない仕事といえます。

パソコン好きにパソコンを使う仕事の種類

パソコンを使う仕事といっても、数えきれないほどの仕事内容があります。パソコンが好きで、パソコンを使った仕事がしてみたいと考えている方への仕事を紹介します。

入力

一番簡単でなのが入力の仕事です。難しいソフトのスキルなどは関係なく、単に文字を打つことができる人ならば始められる仕事です。

文字起こしといって、講演会などのテープを再生しそれを文字に起こしていく仕事があります。このような文字やデータ入力の仕事は、多少打つのが速くないと慣れるまで難しいです。数時間もかかるようなことがあれば、時給に換算すると低すぎる可能性があるので、始めるのは簡単ですが、慣れてお金になるまでは頑張らないといけません。

次のページ:在宅で高収入なパソコンの仕事

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests