Search

検索したいワードを入力してください

【業種別】楽だといわれている仕事の実態・楽にするポイント

更新日:2020年10月02日

この記事では、世間から楽だと思われている仕事の実態と、仕事を楽にするポイントについて紹介しています。現在就職や転職を考えておられる方、なるべくならもっと楽に仕事をしたいと考えておられる方は、ぜひ一度読んで参考にしてみて下さい。

業種別仕事は楽なのか・実態は?

政府や企業により「働き方改革」が盛んに叫ばれる今、これまで仕事第一主義を通してきた人々の間でも、仕事よりプライベートの充実を尊重する考えが広まりつつあります。

このようなことから、現在は高収入で忙しい仕事よりも、ストレスの少ない楽な仕事に注目が集まっています。そこでこの記事では、世間から楽だと言われている仕事の実態と、仕事を楽にするためのポイントについて、ご紹介していきます。

市役所の仕事

市役所の仕事は、主に事務系と技術系に分かれています。事務系は窓口業務の他に、産業振興、防災防犯、福祉・教育、文化活動振興などの業務があります。職員は「定時退社・休日出勤ゼロ」のように思われがちですが、イベントの準備・出席などによる休日出勤が意外に多く、有給も思ったほど取得できません。

技術系の仕事には、土木・建築・情報などの専門知識が求められます。ダムや河川・道路の管理の他に、都市のインフラ計画、騒音・振動の検査、違法建築の確認など、その業務は多岐に渡ります。また、災害時には率先して現場に向かう必要があり、家族より公務優先となる厳しい仕事だと考えられます。

職員の給与や待遇に関しては、かつては年齢に応じて昇格する年功序列制が採用されていましたが、現在は実力重視の評価に変わりつつあります。以上のことから、市役所の仕事は激務ではないにせよ、決して楽な仕事ではないと考えられます。

法務局の仕事

法務局の仕事には、登記業務、供託、訴訟、電子認証、国籍・人権に関する業務などがあります。登記業務には、不動産登記、商業・法人登記、成年後見登記、債権譲渡登記があり、登記業務は法務局のメインの仕事と言えます。

法務局の仕事は専門知識が必要とされますが、一度覚えてしまえば問題ありません。窓口業務がほとんで、窓口を訪れるのも司法書士などの専門家が多く、クレーム対応に追われることもほとんどありません。以上のことから、法務局の仕事は、公務員の中でも楽な仕事と言えるでしょう。

薬剤師の仕事

薬剤師の仕事は、女性でも高収入が期待できる仕事としてがありますが、調剤薬局に勤務する以外にも、病院内に勤務する「病棟薬剤師」という仕事があります。病棟薬剤師は、調剤だけでなく、入院患者の投薬も担当しているので、勤務時間の長いハードワークだと言われています。

調剤薬局勤務でも、長期休暇は取得しづらく、土日も出勤になる可能性があります。仕事中はほぼ立ちっぱなしとなるので、体力面できついと感じる人もいます。以上のことから、薬剤師の仕事は、決して楽な仕事ではないと考えられます。

品質管理の仕事

品質管理の仕事は、工場で製品をチェックする仕事と、クレーム対応の仕事の2つに分けられます。製品チェックの仕事は体力的には楽な仕事ですが、黙々と製品をチェックするという繰り返し作業に物足りなさを感じる人もいます。一人で黙々と仕事をするのが好きな人にとっては楽な仕事ですが、そうでない人にとっては苦痛に思えるでしょう。

クレーム対応の仕事は、言うまでもなく、忍耐を必要とする大変な仕事です。仕事と割り切って謝り役に徹することができなければ、務まらない仕事です。以上のことから、品質管理の仕事は、人によって向き不向きの分かれる仕事であると考えられます。

セコムの仕事

セキュリティ会社のセコムには、営業、巡回・常駐警備、機械警備(保守サービス)、ATMの設備、システム構築などの仕事があります。巡回・常駐警備の仕事は、車での待機時間が長い上に拘束時間も長いため、激務だと言われています。災害時には緊急で呼び出しがかかる場合もあるので、休日でも覚悟しておく必要があります。

その一方で、機械警備の仕事は、契約先の機器を定期的にチェック、修理して回る仕事です。セキュリティ業界はどこも激務だと言われていますが、その中でも機会警備の仕事は、比較的楽な仕事と考えられます。

消防設備士の仕事

消防設備士の仕事は、消火器やスプリンクラーなどの消防用設備を点検・工事する仕事です。消防設備士として働くには国家資格が必要で、乙種資格は消防設備の点検ができる資格で、甲種は点検と工事ができる資格です。

女性の消防設備士も多数活躍していて、男性よりも女性の求人の方が多い程です。特に体力を必要とする仕事ではありませんが、避難はしごの点検などは高所作業を伴うので、高所恐怖症の人には不向きでしょう。消防設備士の中には、仕事を楽しいと感じている人が数多くいます。このことからも、消防設備士は魅力的な仕事と言えるでしょう。

水道局の仕事

水道局の仕事は、昔から楽な仕事だと言われていますが、水道管の管理をする現場の仕事は、決して楽ではありません。水漏れや赤水、水道管破裂などのトラブルには24時間の対応が求められ、冬場の作業は過酷とも言えます。

それに対して、事務所内の仕事や料金徴収の仕事は、いわゆる「お役所仕事」な部分も多く、楽な仕事だと考えられます。

清掃の仕事

清掃の仕事は、早朝や夜の作業がメインの仕事もあり、生活のリズムが不規則になる可能性があります。加えて、立ったり座ったりが多い体力勝負の仕事で、腰や肩に負担がかかります。時給が高いというメリットはありますが、仕事は決して楽なものではありません。

次のページ:昔のほうが仕事は楽だったのか?

初回公開日:2017年12月07日

記載されている内容は2017年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests