Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】アパレルへの転職のタイミングと面接方法|年収

初回公開日:2017年12月08日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アパレルへの転職を考えたことはありますか?アパレル業界は転職がしやすい業界であり、未経験であっても始められる仕事の一つです。しかし年収が気になったり、本当に転職できるのかなど不安に思う人は多いです。今回はアパレルへの転職についてご紹介します。

年齢別アパレルへの転職のタイミングは?

仕事で活躍するためには自身にあった仕事を見つけることが大切であり、就職した企業が必ずしもそうであるとは限りません。厳しい選考を乗り越えて就職したものの、仕事をしてみれば合わないと感じたり、それが憧れの仕事であったとしても理想とのギャップを感じ、続けるのが難しくなる場合もあります。

今の仕事は合わないと感じれば転職を考えますが、転職先を見つけるのは大変なことです。またタイミングも重要であり、絶好の機会を逃してしまえば転職を成功させるのが難しくなってしまいます。

アパレル業界は転職先としてはが高いですが、転職を成功させるためには、やはりタイミングが重要です。アパレル業界への転職のタイミングはいつがベストなのでしょうか。

30代

アパレルへの転職のタイミングとしては30代がぎりぎりのリミットだと言えます。一般的に転職のリミットは30代までと言われていますが、アパレル業界に関して言えば、30代でも前半までと言えます。

アパレルは流行を追う仕事ですし、職種によっては体力が必要な肉体労働であることも多いです。華やかなイメージがある一方でハードな仕事も多く、激務に耐えるためにも体力のある時期に転職するのがです。経験があれば30代を過ぎてからの転職も可能ですが、未経験であればできれば20代、遅くても30代前半までに転職をしておいた方がいいでしょう。

アパレルは流行をキャッチする力も必要ですので、若いうちに転職しておくことが大切です。

職種別アパレルへの転職後の年収は?

転職後に気になるのが年収であり、せっかく転職しても転職後に現在よりも年収が低くなってしまうのでは、転職のメリットは少ないと言えます。生活をするためにはお金が必要ですし、仕事をする上では年収は大切な要素です。

やりがいだけの仕事では生きていくことはできませんし、転職する際には転職先での年収を正しく理解しておくことが大切です。アパレルは年収が低いイメージも強いですが、職種によって年収はばらばらです。目指す職種ではどれくらいの年収が獲得できるのかを知っておきましょう。

販売員

アパレル業界の中で最も数が多いのが販売員の仕事です。販売員は店頭で接客をし、商品を販売する仕事であり、未経験やアルバイトからでも挑戦できる仕事です。販売員の年収は200~300万円程度であり、他の職種と比べてもかなり低いと言えます。

アパレル業界の年収が低いと言われる理由は販売員の年収の低さにあり、販売員の数が全職種中で最も多いことから年収の低い業界と言われています。転職の条件によっては別の職種に転職できる場合もありますが、新卒などで入社すればまずは販売員として現場を経験することが多いです。

中には販売員からなかなかキャリアアップできず、年収が上がらない人もいますので注意が必要です。

メーカー

服を作るメーカーの仕事は平均年収は350~500万円程度と言われています。販売員と比べれば年収は高いですし、他の業界のメーカーと比べても遜色ない水準で給料をもらっている人も多いです。

メーカーによって年収は大きく違い、大手になればなるほど年収は高くなる傾向にあります。アパレル業界の中でもメーカーは年収が高い傾向にありますし、転職するなら職種でもあります。

メーカーでの仕事はさまざまですが、場合によっては前職の経験が活かせる場合もありますし、アパレル業界未経験であってもこれまでに身に付けているスキルでカバーできる場合もあります。

店長

店長の仕事では年収は300~400万円程度であり、販売員よりも若干年収は高くなります。いきなり店長として働くのではなく、販売員からキャリアアップしてなるのが一般的であり、まずは店長を目指して販売員の仕事をしているという人も多いです。

店長になれば接客だけではなく店舗の管理や運営なども行わなければなりませんし、本社との連絡なども担当します。より仕事の幅も広がり、キャリアアップして本社の別の職種として勤務したり、広域の店舗を担当するエリアマネージャーなどに昇格するケースもあります。

キャリアアップしていけばさらに年収は上がりますし、店長の職種を足掛かりにして上を目指す人は多いです。

生産管理

生産管理の仕事は300~400万円程度であり、年収だけで言えば店長とほとんど変わりません。生産管理はただ生産数の管理などをしていればいいだけではなく、納期の設定やそれに間に合わせるための生産計画を考えたり、在庫の管理を行うなどさまざまな仕事があります。

売り切れを出さず、かつ売れ残りを出さないことがことがベストであり、市場のニーズなどを読み取る力が必要になる職種です。生産管理からも他の職種へのキャリアアップは可能であり、将来性のある職種だと言えます。

アパレルへの転職への面接方法は?

転職するためには面接などを受けなければなりませんが、アパレルの転職に合わせた対策をしておくことが大切です。何の対策もなしに面接に臨んでも不採用となってしまう可能性が高いですし、しっかりと事前に準備を行ってから面接に挑戦することが大切です。

面接前に対策しておくことはさまざまありますので、それらを踏まえて面接に取り組みましょう。

志望動機

面接を成功させるためには志望動機をしっかりと考えておくことが大切です。なぜアパレル業界なのか、アパレル業界でもなぜその企業なのかを明確にしてアピールしなければなりません。服に興味があるから、おしゃれが好きだからでは理由としては弱いです。

アパレル業界を志すのであればそれらは前提条件として必要なものであり、それがアピールの材料になることはありません。それだけではなく、他の理由を挙げてアピールをしていくことが大切です。

自己PR

転職する職種によって求められる能力は異なりますが、アパレルではコミュニケーション能力やマーケティング能力をアピールすることで高評価を得やすくなります。販売の仕事を始めとして、アパレルではお客様を相手にして仕事を進めることは多いですし、コミュニケーション能力があることは必須です。

それが高いレベルで身に付いているのであれば、大きなアピールとなります。アパレルは流行を追うこと、消費者のニーズを知ることも大切であり、マーケティング能力も重要視されます。それらの能力を軸にアピールを進めることで面接を有利に進めることができます。

服装

アパレルの面接では服装はスーツではなく、私服での参加が求められるケースが多いです。志望するブランドの服を着ていくことが望ましいですが、必ずしもそうである必要はありません。自分なりのこだわりを見せたり、センスを見せることが大切です。

アパレルであっても面接では派手すぎる服装や奇抜過ぎる服装はNGな場合もあります。志望企業のブランドコンセプトに合わせて服装を考えることが大切です。

アパレルへの転職の履歴書の書き方は?

アパレルへの転職を目指す場合は履歴書は自身の人柄や能力を伝えることを意識することが大切です。アパレルではさまざまな職種がありますし、場合によっては前職の経験が活かせることもあります。

一見関係ないように見えても必要なスキルが共通していることもありますし、能力をアピールすることは大切なことです。またアパレルは基本的にはサービス業ですので、人柄の良さが問われます。

販売の仕事を目指す場合でも接客経験がなくても人柄が良ければOKな場合もあります。人柄と能力を伝えることを意識して履歴書を作成していきましょう。

転職は踏み出す勇気が大切

Latests