Search

検索したいワードを入力してください

転職後の保険証の切り替え方法と発行はいつなのか|返却/家族

更新日:2020年10月02日

転職後の保険証の切り替えは転職先に任せがちになります。自分で手続きをしないと、2重に支払いが生じることもあります。保険証はなぜ遅いのか、代用できるものはないのか、保険証の切り替え中に病院にかかる時はどうしたら良いのかなど疑問を解決します。

転職後の保険証の切り替え・手続き方法

転職で、必ずやらなくてはならない手続きに”健康保険証の切り替え”があります。ややこしいところ多いので、見ていきましょう。

保険証の返却

転職後に、前の会社の保険証をまだ持っていたら、直ちに返却しなければなりません。保険証は、退職日の翌日から使えなくなります。退職日当日か翌日に、直接担当者に手渡しするのが理想的です。無理な場合は、郵送という方法もあるので、事前に会社に確認を取りましょう。

簡易書留を使うと安心です。簡単な添え状も同封し、封筒には保険証在中と書かないようにしましょう。万が一悪用されたら困るので、書かない方が無難です。担当者の部署名や個人名を記入し、誰もが見られることは避けましょう。

転職前の保険は?

転職後に切り替えるポイントは、転職の直前に入っていた保険が何であったかということです。

社会保険・国民健康保険のどちらに加入していましたか。または、どこにも加入していませんでしたか。転職の直前に加入していた保険によって、切り替え手続きが違ってきます。

社会保険

転職前に社会保険に加入していたということは、前の会社の退職日からブランクがないまま転職したと考えられます。手続きは転職先でやってくれるので、お任せしましょう。

任意継続

前の会社の健康保険を任意継続していた場合は、注意が必要です。転職した日から使えなくなりますので、組合(協会けんぽ・組合健保・共済組合など)の方へ、自分で”脱退”を届け出なければなりません。

放置すると、社会保険を2重に支払うことになります。状況により、任意継続と転職先の保険料を2重にやむを得ず支払うケースもあります。問い合わせてみましょう。

国民健康保険

前職が特定の職業・転職までブランクがあったり、家族の扶養に入っていた人であることが考えられます。各市区町村役場で、国民健康保険の”脱退”の手続きが必要になります。そのままにしておくと、転職先の健康保険と2重に支払いが生じるので注意が必要です。

新しい転職先の健康保険証と国民健康保険証を持って、14日以内に手続きをしてください。転職先の保険証が間に合わない人は、代わりになるものはないか相談してみましょう。

どこの保険にも入っていなかった

退職してから、次の転職まで何もしていなかった場合は、どうなるでしょうか。日本では、国民は何らかの医療保険(社会保険・国民健康保険)に加入する「国民皆保険」という制度があります。

どこの保険にも加入していない、”未加入の期間”が、あってはならないことになっています。
そのため、本人は何もしていなくても退職日の翌日から国民健康保険に自動的に切り替わっています。

本来は、14日以内に国民健康保険の加入手続きをしているのが、正式なやり方です。もし、この先、国民健康保険に加入するようなことになった時、遡って未払いだった保険料を徴収されることもあります。

転職後の保険証はいつ発行されるのか

保険証がないと、何かと不便です。いつ頃発行されるのでしょうか。手元に届くまで、代用できるものは、ないのでしょうか。

1ヶ月以上かかることも

転職先の新しい保険証が届くまで、およそ1~3週間かかります。遅いと1ヶ月以上かかってしまうこともあります。どれくらいかかるかは、会社や組合(協会けんぽ・組合健保・共済組合など)によって変わってきます。

少なくとも会社側は、社員が入社した日から5日以内に、健康保険の届け出の手続きをしなければなりません。早めの処理が望まれるところです。

次のページ:転職後の保険証がないとき・届くまでの対応

初回公開日:2017年12月05日

記載されている内容は2017年12月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests