Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】自己ピーアールの例文・書き方|無遅刻無欠席/転職

更新日:2020年10月02日

さまざまな時に自己ピーアールする機会はあるものですが、実際に自己ピーアールとはどのようにすれば良いのでしょう。その書き方と、例文を記事にまとめてみたのでぜひ参考にしてみて下さい。また、進学、就職活動における自己ピーアールの例文も記載しました。

転職の自己ピーアールの例文・書き方

転職の自己ピーアールの例文の書き方はいくつかのポイントがあります。自分の人生を振り返ってみてこれは誰にも負けないと思えるものを自己ピーアールにしましょう。その内容が一般的なものでも自分にとっては、特別に感じることができるのは自己ピーアールになります。

例文としては、「私は何事に対しても粘り強く取り組むことができます。この粘り強さをもってエンジニアとして品質の高い業務をいたします。」となります。大切なことは自己ピーアールなので、自分が一番言いたいことは最初に言ってしまいましょう。

年代別自己ピーアールの例文

年代別自己ピーアールの例文は、その人がどのような状況で自己ピーアールをするかによってだいぶ違ってきます。自己ピーアールをする機会は、アルバイトの面接や学校の入学試験の面接であったりします。学校の入試の面接では、クラスの中で誰にも負けない力を、自分なりに表現できると良いでしょう。

また、学校以外での普段の生活の中で、これは自己ピーアールで使えそうだと思ったものを発言しても良いです。自分には自己ピーアールできるような事はないと思う人もいますが、実際には色々な視点で物事を考えると、自分らしい自己ピーアールはあるものです。

中学の例文

中学では、入試の面接で自己ピーアールをする機会があります。これは、非常に緊張した中で発言することになるので、事前に準備しておき、よく練習をすることで、より良く表現できます。面接の練習をする必要があるのかと考える人もいますが、実際には練習する中で自己ピーアールの表現を変えることもできますし、、他の人の意見なども取り入れることも可能です。

中学生の自己ピーアールの例文は就職活動の自己ピーアールとは少し違います。その人がどのような人かわかる内容が、中学生の自己ピーアールでは必要とされます。

高校の場合

高校生の場合は、自己ピーアールをアルバイトの面接でする機会があります。これは、アルバイトの仕事内容を考えて、どのような人が採用されるか予想することで、自己ピーアールの内容は決まってきます。例えば、コンビニの店員であれば、常に大きな声で挨拶できることが、必要とされます。

例文としては面接の時に、「私は、どのような人に対しても、元気よく大きな声で挨拶することが得意です。」と言えば自己ピーアールになります。このように、そのアルバイトの仕事内容と直接関係している内容を発言できることがポイントとなってきます。

大学の例文

大学の自己ピーアールの例文は、アルバイトや就職活動で発言する機会があります。内容としては、アルバイトであれば、大学生らしい自己ピーアールができれば良いでしょう。

例文としては、「私にはチームワークを発揮して一つのことに集中する力があります。この力を発揮して仕事場でみんなで一つになってしっかりとした仕事をすることができます。」となります。

この内容を聞いた面接官はチームワークがあることは仕事でプラスに働くと判断するでしょう。どのような仕事場でも、チームワークを発揮できることは非常に重要です。

無遅刻無欠席についての自己ピーアールの例文

無遅刻無欠席を自己ピーアールの例文で表現する時は、工夫次第でよりよい発言となります。ただ無遅刻無欠席であった事をいうのではなくて、「どのような厳しい状態の時も頑張って無遅刻無欠席を守った」と言えればさらに好印象となります。

無遅刻無欠席の人は結構いるものなので、その中でも自分の自己ピーアールに説得力をもたせたい時は、具体的なエピソードと一緒に言えると良いです。

自己ピーアールの例文と字数

自己ピーアールの例文としては、学生の頃にサッカーなどをしていた人は、部活動に関する内容で自己ピーアールができます。具体的には、「学生時代にサッカー部に所属していて、長期にわたって体と精神を鍛えてきたので、多少のストレスのかかる仕事なでに対しても積極的に取り組むことができます」となります。

この内容であれば、例文の文字数としてはそれほど多くは必要ないでしょう。ただし、さらに詳細に説明する機会がある時が一番最初に大切なことを言って、その後にはそれに付随することをいくつか説明すると分かりやすくなります。

800字の場合

800字というのは、一般的な原稿用紙の2枚分なので、かなりの内容を自己ピーアールの例文にできます。文字数からしても自己ピーアールの構成をしっかりとしたものにする事も大切です。それでも、自己ピーアールする内容は2、3個までにしておいた方が良いです。

あまり多く自己ピーアールすると何を言っているのか分からなくなります。基本的な形としては、一つの内容について起承転結で説明できれば良いでしょう。さらに、採用担当者が見た時に、他の人とは一味違うと思われるような内容であれば好印象です。

新卒の自己ピーアールの例文

新卒の自己ピーアールの例文としては、多くの新卒の学生に負けない何かが必要です。それが、誰にでもできるような事でも表現の仕方次第で相当変わってきます。もしも自分の中でこれが一番頑張ったことであり、自分の中での人生のクライマックスだと感じることがあればその内容を自己ピーアールの内容にいれれば印象が良いです。

具体的な例文としては、「学生時代に塾の講師をしていましたが、特に中学生の受けがよく高い評価をもらいました。自分では常に中学生の立場に立った指導をしていたので、御社に入社しても人の立場にたった言動で仕事を遂行します」などの例文になります。

年齢別自己ピーアールの例文

年齢別の自己ピーアールの例文とはどのようなものでしょう。年代別でも共通のものがあるとすれば、その人のイメージを決めるのに有効な自己ピーアールができるかどうかが大切です。

また、年代別で自己ピーアールというものは、変化しなくても良いです。大切なことは、自分はこのような人物であることは相手にいかに伝えるかであって、難しく表現すれば良いものではありません。

次のページ:印象に残る自己ピーアールとは

初回公開日:2017年12月14日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests