Search

検索したいワードを入力してください

ボーナスの時期・ボーナスの時期に仕事をやめるのはありか

更新日:2020年10月02日

ボーナスの時期はご存じでしょうか?ボーナスはこれまで働いた成果として支給されるもので、休養とは別に支給されるものです。そのためボーナスの時期を待ち遠しく感じている人は多いです。ボーナスの時期は固定ではありませんので、時期の違いなどを知っておきましょう。

ボーナスの時期は?

働いていれば給料日は待ち遠しいですし、給料をもらえば何をしようか、何を買おうかなど算段を付けている人は多いです。また給料日前になると懐が寂しくなり、一刻も早く給料をもらわなければ生活にも困ってしまうという人もいますし、給料日を楽しみにして辛い仕事を乗り越えている人もたくさんいます。

給料日の時期は企業によって異なりますが、基本的には月に一回支給されます。企業からお金が支給されるのは、月々の給料が主になりますが、それだけではなく別途ボーナスも支給されます。ボーナスは毎月支給されるものではなく、年間の決まった時期にのみ支給されます。給料以上にボーナスを楽しみにしている人も多いですので、ボーナスはいつもらうことができるのか、その時期を知っておきましょう。

ボーナスが支給される時期としては、基本的には夏が挙げられます。夏になればボーナスが支給されると浮かれている人も多いですし、企業によっては夏休みが設けられている可能性もありますので、そこでボーナスをどのように使おうかと考えている人も多いです。夏はイベントごとも多いですし、子供がいる場合などは旅行に出かける人も多く、出費がかさむことも多いです。

夏のボーナスは遊びにいくための資金として使われることが多いので、一気に使ってしまうという人もかなりいます。夏のボーナスが支給されるのは、基本的には7月か8月です。それらの時期の給料と一緒に支給されることが多いので、給与明細を見るのを楽しみにしている人も多いです。

ボーナスがもらえる時期としては夏以外に冬が挙げられ、企業によっては冬の時期のボーナスの方が大きい金額が支給されるという場合もあります。冬のボーナスの支給時期は基本的には12月であり、年明けまでに支払われることが多いです。正月を迎えるにあたってさまざまな準備が必要になりますし、冬もイベントごとが多いために多額の資金が必要になる場合も多いです。

しかし冬の場合はパーッと使うというよりは、しっかりと貯金をしているという人も多いです。寒くて外に出る気にもならない人などは、休みの日などは自宅でゆっくりと過ごしている場合も多いですし、冬のボーナスは全額貯金に回そうと考えている人も少なくありません。

プラスアルファ

会社からボーナスが支給される時期は基本的には夏と冬の二つで構成されていますが、企業によっては夏と冬以外にもプラスアルファでボーナスが支給される場合もあります。夏と冬の時期以外で春や秋などの時期に支給される場合もありますし、企業によっては年間4回ボーナスが支給される場合もあります。

ボーナスの額は企業によって、給料によっても異なりますが、4回支給される場合であってもすべての時期で満額が支給される場合もあります。ボーナスだけでもかなりの金額が見込める場合は高年収になる可能性も高いですし、少しでも高い年収を目指したいのであれば、ボーナスの支給が夏と冬以外にもある企業への就職がです。

ボーナスの時期に仕事を辞めるのはありか?

ボーナスの時期が近づいてくるとそわそわとしてしまう人も多く、仕事にも一層熱が入る人も多いですが、一方で早く仕事を辞めたいと考えている人もいます。就職すればその企業でできるだけ長く勤めることが大切ではありますが、実際に働いてみれば自分には合わないと感じる場合もありますし、就職してすぐに辞めてしまう場合もあります。

辞めたいのであれば、素早く退職して次の企業を探すことが大切ですが、ボーナスの時期が近いと辞めるのを少し待ちたいと考える人も多いです。同じ辞めるのであればボーナスをもらってから辞めた方がいいですが、ボーナスだけもらって辞めるというのも気が引けると考える人も多いです。ボーナスの時期に辞めるというのは、ありなのでしょうかなしなのでしょうか。

あり

ボーナスの時期に仕事を辞めるのは基本的にはありです。同じ辞める場合でもボーナスをもらっているのともらっていないのでは経済面で大きく違ってしまいますし、もらえるものはもらってから辞めるに越したことはありません。ボーナスをもらってすぐに辞めたとしても違法にはなりませんし、気まずい思いをする可能性は高いですが、それも我慢すればいいだけの話です。

次の就職先がすぐに決まっているのであれば、ボーナスの時期を待たずに辞めても問題はありませんが、退職してから就職先を探す場合は、当面の生活費も必要になります。ボーナスをもらうことで生活費として充当することができますし、可能な限りボーナスをもらってから辞めるようにしましょう。

なし

ボーナスの時期に仕事を辞めるのは基本的にはありですが、企業によってはなしとなる場合もあります。企業によっても繁忙期と閑散期は異なりますが、ボーナスの時期は繁忙期であることも多いです。ボーナスは繁忙期にしっかりと仕事を頑張ったご褒美として考えられていることも多く、忙しい時期に辞めてしまうことで企業に迷惑をかけてしまう場合が多いです。

ボーナスの時期は一人でも多くの人手が必要である可能性も高いですし、辞めてしまうと企業に迷惑がかかってしまいますので、ボーナスの時期は越えてから辞めるのがです。ボーナスの時期を越えて繁忙期を過ぎれば辞めることは何の問題もありませんし、モラル的にもOKです。

基本的にはいつ辞めても問題はない

ボーナスの時期は企業としても繁忙期で忙しいことも多いので、モラルとしては辞めるのはNGですが、それはあくまでモラルを考えた場合です。基本的には仕事はいつ辞めても問題はありませんし、繁忙期であろうとボーナスの時期であろうと仕事を辞めることには問題はありません。

もちろんボーナスをもらって翌日にすぐに辞めるということは難しいですが、それも事前に退職届を提出するなど申し出ておけば可能です。企業ごとに退職時期については定めがありますので、それを確認しておき、事前に話を進めておけばボーナスの時期に辞めることもできます。繁忙期であれば引き止めにあうことも多いですが、迷惑をかけないように早めから申し出ておけば問題はありませんし、退職できないということはありません。

ボーナスの時期とセールの時期は同じなのか?

ボーナスをもらえば懐が暖かくなりますし、経済的にも余裕が出ますので何かを買いたいと考える人は多いです。大きな買い物をする際にはボーナスの時期まで待って購入するという人も多いですし、ボーナス払いで買い物をする人もいます。

ボーナスが出れば買い物をする人が多いですが、この時期はセールが開催されていることも多いのでしょうか。ボーナスは基本的には夏と冬の時期に支給され、大型のセールも同時期に開催されていることが多いです。ボーナスの時期は販売店も狙ってセールを開催しているのでしょうか。

ボーナス商戦

ボーナスが支給されれば、経済的にも余裕が出ますし、人々の購買意欲は高くなりますので、この時期にセールを開催する店舗は多いです。業界ではボーナス商戦と呼ばれることもありますし、ボーナスの時期を狙って大型のセールは開催されています。実際にボーナスの時期であれば財布の紐も緩みやすく、売上アップが期待できる場合も多いです。

ボーナスで余裕が出たことによって、商品の購入を考える人は多く、セールで値下げ商品が多いことでつい買いすぎてしまうという人もたくさんいます。またボーナス商戦後にクリアランスセールが行われることも多く、さらに値下げがされる時期ですので、こちらに狙いを定めてショッピングを楽しむのもです。

次のページ:サラリーマンのボーナスの時期は?

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests