Search

検索したいワードを入力してください

科学者の仕事内容・仕事内容・化学者との違い・なる方法

更新日:2020年10月02日

みなさんは、科学者というのがどんな人達になるのか知っていますか。そんな科学者は、興味対象への好奇心や探究心で、研究を頑張っています。そんな科学者になり、就職するのは狭き門になりなります。そんな、科学者についていろいろなことを紹介しているので読んでみてください。

科学とは?

科学とは、まず仮説を立て、その自分が立てた仮説が本当に正しいのかを、データや論理を使いながら検証や実験をします。その一連の流れである「研究する活動」のことが「科学」という言葉の意味です。

科学の研究対象は、自然科学・社会科学・人文学などの学問であり、どの学問でも変わらずに科学の分野になります。ですが、そんな科学を狭義の中では、「自然科学」をさしていることが多いです。また「科学」という日本語は、英語でいうと「サイエンス」となり、19世紀後半に和語としてつくられました。

科学者の仕事内容

まず「科学者」とはどんな人をさすのでしょうか。科学とは、研究活動の流れのことになります。そんな、科学の中に含まれている分野を研究している人のことを、「科学者」と呼んでいます。では、そんな科学者の仕事内容には、どんなものがあるのでしょうか。詳しく紹介します。

科学は、大きな括りなため、その中の分野を科学者が選び研究しています。そのため、同じ科学者でも仕事の内容は異なり、屋外で動いて研究をしている人もいれば、室内で実験している方もいます。また、どこの機関に所属して、研究をしているかによっても、科学者がする仕事内容が違います。

選んだ分野により、仕事内容が違う科学者ですが、全ての科学者がする仕事が2つあります。それは、「論文」を書くこととその論文を「学会で発表」することになります。科学者にとって、自分が研究してきた結果をたくさんの人に知ってもらうための重要な仕事になります。

科学者の平均年収はいくら?

科学者の仕事内容を紹介しましたが、どんなに好きな研究を続けたくても、安定した基盤がなければ、研究を続けることはできません。そんな科学者の平均年収は、どのくらいなのでしょうか。

科学者と言っても、仕事内容と同じように、どこに属して研究をしているかによって、受け取れる給与額は違ってきます。そんな科学者の中でも多くが、大学教員のため学生に教えたり、研究員になって自身の研究をしています。

それ以外では、民間の研究所の研究員として雇用されて、基礎技術などの研究を続けている場合もあります。有名な例だと、2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんは、「ソフトレーザー脱着法」の研究開発を民間企業でおこなっていました。

では、そんな科学者の給与は、2015年の年収は、男女合せて平均年収は約600万円でした。そんな科学者は、大学卒業の専門職の給与設定になるため、収入が高くなる傾向があります。

年齢別での平均年収はいくら?

科学者の平均年収を紹介しましたが、年代別での平均年収は、いくらくらいになるのでしょうか。下記の表で、年代別での平均年収を紹介しています。大学卒業した25歳から、科学者として働き始めると歳を重ねていくにつれて、年収が高くなる傾向があります。

この年齢別での年収の結果を見ても、科学者は同じ場所で長年研究を続けて、成果を出しながら頑張っていることがわかります。また科学者は、自分の好きな分野を研究している専門職になります。そのため、やりがいが高い仕事になります。

また科学者は、研究の成果を出すことで、年収アップなどに直結しやすいのが特徴になります。またせっかく、好きな分野を研究をしているのなら、その研究で成果を出せたら科学者としてどんなことよりも嬉しいと感じられる瞬間になります。そのため、研究結果でるように頑張ることが大切です。

年齢平均収入
25~29歳約435万円
30~34歳約560万円
35~39歳約683万円
40~44歳約734万円
45~49約780万円

科学者と化学者の違いはなに?

科学者のことを紹介しましたが、「科学」と「化学」は何が違うのでしょうか。

ハッキリ言うと、「科学」という大きなジャンルの中に「化学」という勉強分野があることになります。例えるならば、「算数」というジャンルの中に「かけ算」という勉強分野があることと同じになります。

詳しく説明すると、科学には自然現象を取り扱う学問という意味もあります。その中には、「化学」もあれば、物理や生物などもあります。こういった自然に起きるできごとについて勉強することが、「科学」になります。これに対して「化学」とは、上で説明したように「科学」の1部で1つの分野になります。

またそんな「化学」は、「化ける学問」と漢字で書き表すように、物が変化する仕組みを説見する学問になり、例えるならば「酸素」と「水素」が合わさることで「水」に変化することなどになります。

科学者になるにはどうしたらいい?

科学者は、研究を続けている人という定義ならば、科学者は研究ができる場所にいないといけません。今回は「企業」と「国の研究機関」で研究をしている科学者になる方法を詳しく紹介していきます。

企業での科学者になるには?

一般企業に努めている科学者には、どうしたらなれるのでしょうか。企業での研究職とは、その企業がおこなっている事業に関する研究をおこない、その研究を生かした製品開発をすることを仕事にしています。

そんな研究者になるためには、当たり前になりますが、出身の大学や大学院で、自分が研究したい対象のことを学びながら、研究していなければなりません。また採用する企業側としても、研究者として採用するのならば、研究対象になる分野の知識があることは、最低限の条件になります。

そんな研究職に就くのは、とても狭き門になります。そのため、科学者希望であっても、入職するときには一般職から入る方もいます。そして入社後に、別部署でいろんな経験をした積んだ後に、研究職の部署に移るという場合もあります。どちらの方法でも、研究したい対象の知識がないのは問題外なため、大学や大学院などで研究したい分野を学ぶ必要があります。

次のページ:科学者になるために必要な資格はある?

初回公開日:2018年04月16日

記載されている内容は2018年04月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests