Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月08日

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

祝辞は「お祝いの言葉」です。「祝辞」というと結婚式を思い浮かべますが、入学式や卒業式などでPTA会長が祝辞を読み上げる場面も印象に残ります。今回は祝辞を依頼された場合の祝辞の書き方、依頼する場合の依頼方法やそれぞれのマナーを紹介していきます。

祝辞とは?

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

「祝辞」とは、「お祝いの言葉」です。「祝辞」というと、結婚式を思い浮かべますが、入学式や卒業式などでPTA会長が祝辞を読み上げる場面も印象に残ります。その他にも記念パーティーや祝賀会のスピーチも祝辞になります。

祝辞とスピーチは基本的に同じ意味を持ちます。結婚式などで、来賓には祝辞、友人はスピーチと場の雰囲気を和ませるために使い分ける場合もあります。今回は、祝辞を依頼された場合、依頼する場合それぞれのマナーを紹介していきます。

結婚式の祝辞の依頼方法とマナー

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

「祝辞」というと、まず思い出されるのが結婚式の祝辞でしょう。祝辞は「二人の人となり」を皆様に知っていただく大切な機会でもあります。結婚式に招待する人が決まったら、両家の両親とよく相談して決めていきましょう。

主賓として祝辞を依頼する場合

ご招待するゲストが決まったら、主賓となる方を両家から選びます。最近は両家1名ずつ合計2名というケースが主流ですが、両家を代表して1名だけ、また全く主賓を立てない披露宴もあります。

主賓は、会社の上司や学生時代の恩師など、二人がお世話になった方にお願いします。また親族中心の披露宴の場合は、両家の年長者や本家の人にお願いする場合もあります。

お願いする方が決まったら、出来る限り早い時期に、結婚が決まったことの報告、結婚式への出席のお願い、主賓としての出席と祝辞の依頼を出来る限り直接会ってお願いします。その後、招待状を発送する時期(挙式2か月前)になったら、招待状と一緒に、主賓としての祝辞依頼の付箋を同封して、出来る限り手渡しをします。

遠方の方やご多忙でなかなかお会いできない場合は、まずは手紙や電話で連絡を取ります。メールやSNSは控えましょう。また、事前に断りもなくいきなり招待状に祝辞の依頼の付箋を同封して発送するのはマナー違反です。

友人に祝辞を依頼する場合

たとえ親しい友人で会っても結婚式の当日はかなり負担がかかるものです。祝辞をお願いする際は、丁寧にお願いしましょう。出来たら直接会って、遠方の場合は電話で丁寧にお願いしましょう。

依頼する方が準備しやすいように、披露宴の雰囲気、祝辞の所要時間の目安、何番目に祝辞をお願いするかなどを伝えましょう。もし話してほしいこと、欲しくないことがある場合は事前に伝えておきます。主賓同様、なるべく早めに、招待状発送より早めに依頼します。

結婚式の祝辞のお礼

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

祝辞をお願いした方は、内容を考えたり、当日の祝辞が終わるまでは緊張したりするものです。「お越しいただくだけでもありがたいのに、さらにお願いをして恐縮ですが」など、気遣いの一言を添えましょう。

当日二人からお礼を言うのは勿論ですが、親からも歓談中にお礼の言葉がけをお願いしておけば、祝辞をされる方も気持ちよく当日を過ごされるはずです。

主賓として祝辞をお願いする方には当日「お車代」としてお礼(相場は1万円程度)を渡すのが一般的です。

友人には口頭で感謝の気持ちを伝えるだけでよいといわれますが、もし渡すのであれば「お車代」(2000円~3000円)またはお礼の品物を贈るなど、どちらにしても祝辞をしていただいた感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。また新婚旅行のお土産を別便で贈るのもよいでしょう。お礼状を出す際は、新郎新婦2人の連名で出します。

結婚式の祝辞のお礼状を送るには

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

祝辞のお礼状は本来は、出来るだけその日のうちか遅くとも2~3日中に書いた方が良いでしょう。しかし、結婚式当日はかなり慌ただしく、翌日から新婚旅行に出かける場合もあるでしょうから、なるべく早く時間を作って書くようにしましょう。遅れてしまった場合は、お詫びの言葉を添えます。

お礼状の形式は、慶弔に関するお礼状や、目上の方へのお礼状は封書が良いとされています。便箋の色は、白無地で縦書きで罫線なしか、縦罫線の便箋を使用します。便箋の枚数に関しては、1枚で書き終わても、もう1枚白紙の便箋を重ねて2枚にします。

理由は、便せん1枚は縁起が悪いとされる手紙が1枚であること(三行半や果たし状など)と昔は短文の手紙は失礼にあたるとされているため、本当はもっと書きたい気持ちを表すためにもう1枚重ねておくなどがあります。

筆記用具は、毛筆や万年筆、インクペンを使います。ボールペンは、事務処理的な印象や万年筆などに比べて軽いタッチになってしまいますので、なるべく使わないようにします。基本は全て手書きですが、もし自分の書く字に自信が持てない場合は、パソコンを使っても構いません。その場合は最後のサインは必ず直筆にします。

お礼状に書く内容は

1、時候の挨拶
  「○○様におかれましては」とお名前を入れることで、その方への思いを込められます。
2、結婚式に出席してくださったお礼と祝辞を頂いたお礼
3、祝辞の感想
4、近況やこれからの抱負
5、今後のお付き合いやご指導をお願いする言葉
6、結びの言葉
  「拝啓」の結びは「敬具」、「謹啓」の結びは「敬白」
  署名は、夫婦二人の連名にします。

ネット上にも様々な例文がありますが、丸写しではなく、次の基本をおさえて自分の言葉で感謝の気持ちを伝えましょう。

結婚式の祝辞のお礼状の例文

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

主賓祝辞へのお礼状の例文

拝啓 清和のみぎり、○○様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

先日はご多忙の中、私どもの結婚披露宴にご臨席いただき、お心づくしのご祝辞まで賜りまして、厚くお礼を申し上げます。私たちの幸せを願って、一言ひとことかみしめるようにお話し下さり、感激のあまり思わず涙があふれてしまいました。両親も、○○様のご祝辞に感動し、素晴らしい上司に恵まれて幸せだね、と申しております。

○○様の経験を交えた「夫婦円満の秘訣」は大変参考になりました。まずは「1日1回は相手をほめること」から実践していこうと思っております。まだまだ未熟な私の力では簡単にできることではありませんが、○○様のようなあたたかな家庭を築いていけるように邁進して参ります。

もちろん、仕事にもより一層力を入れて、成果が出せるように努力する所存でございます。今後とも変わらぬご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

時節柄、健康に留意して穏やかにお過ごしください。

敬具

平成27年〇月〇日
                             ○○○○
                             ○○○○
○○△△様

友人代表祝辞へのお礼状の例文

 ○○さん、先日はお忙しい中、私たちの結婚式に出席してくださり、心温まるスピーチまでいただきありがとうございました。

△△さん(新郎)との出会いの頃から私たちのお付き合いを見守ってくれていた○○さん。これまで相談してきたいろいろなことが一気に蘇ってきて思わず涙がこぼれました。

家族も「素晴らしいお友達に恵まれてよかったね」と感激してました。この結婚式での感動を忘れずに、これから二人で力を合わせて頑張っていこうと思います。どうぞこれからも末永くお付き合いくださいね、

今度是非、新居に遊びに来てください。お待ちしております。まずは取り急ぎお礼まで。

                                    かしこ

結婚式の祝辞を受けたら

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

主賓祝辞の構成

(例)新郎の上司の場合
1、自己紹介
自分の名前と新郎の間柄について話す

2、祝福の言葉
新郎新婦、両家の親族への祝意を表す

3、新郎とのエピソードなど、自分から見た新郎の人柄や仕事ぶりについて話す

4、二人へのメッセージ

・基本的には約3分、400字詰め原稿用紙2~3枚程度を目安にまとめます。
・会社の宣伝や紹介、自慢話は避ける。
・部下への説教のようなスピーチは避ける。

友人祝辞の構成

1、祝福の言葉
 新郎新婦、両家の親族へにお祝いを表す。
2、自己紹介
 自分の名前と新郎または新婦との間柄について話す。
3、新婦とのエピソード
 友人だからこそ知っているエピソード、人柄がわかるエピソードを入れる。微笑ましいいエピソードや人柄をほめるものも望ましい。
4、二人へのメッセージ

これだけは避けよう。祝辞でふさわしくない内容

結婚式はお祝いの場であると同時に公の場でもあります。出席者の全ての方が気分を害さないように注意すべき話題を理解しておきましょう。

・会社の宣伝
・自分の自慢話
・政治的な話
・宗教的な話
・新郎新婦の暴露話
・「妊娠」「晩婚」「再婚」についての話題
 賛否両論ありそうな話題にはあえて触れないほうがよいでしょう。
・偉そうな説教話

これだけは避けよう。忌み言葉

婚礼の席では「別れる」「分かれる」「切れる」といた言葉は「忌み言葉(いみことば)」と呼ばれ、使用しないのがマナーです。祝辞を依頼された場合、新郎新婦および両家のご縁が末永く続くようにと、縁起を重んじて忌み言葉は使わないようにします。

・忌み言葉(別れを連想させる単語)
「去る」「帰る」「終わる」「終わり」「切る」「切れる」「別れる」「分かれる」「離れる」「出る」「飽きる」「戻る」「欠ける」「壊れる」「避ける」「刺す」「冷える」「再び」「失う」「消える」「倒れる」「閉じる」「逃げる」「破れる」「つぶれる」「割れる」「泣く」など

・重ね言葉(再婚を連想させるのでタブー)
「皆々さま」「かさねがさね」「しばしば」「わざわざ」「いろいろ」「くれぐれ」「たびたび」「二度三度」「またまた」「重々」「再々」「かえすがえす」

※「ますます」「どんどん」「日々」「ときどき」「だんだん」等不吉な意味合いが薄い重ね言葉は使用可能です。

気をつけたい敬語表現

・尊敬語と謙譲語
× 「先ほど申されたように」
〇 「先ほどおっしゃったように」

× 「拝見されました」
〇 「ご覧になりました」

× 「父がお見えになりました」
〇 「父がまいりました」

・二重敬語
× 「山田部長様」
〇 「部長の山田様」

× 「ご覧になられる」
〇 「ご覧になる」

・その他気をつけたい表現
× 「うれしかったです」
〇 「うれしく思いました」

× 「親しいです」
〇 「親しくしております」

・丁寧な表現
わたし→わたくし
わたしたち→わたくしたち、わたくしども
こっち→こちら
さっき→さきほど
きのう→さくじつ
きょう→ほんじつ
あとで→のちほど
これからも→今後とも
だれ→どちら、どちら様、どなた、どなた様
どんな→どのような

あらたまった席だからと、無理に難しい敬語を使う必要はありませんが、基本ルールだけは確認して、祝辞の原稿が出来上がったら、忌み言葉と敬語チェックを忘れないでしましょう。

祝辞での所作、話し方のポイント

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

当日緊張したら深呼吸をして、マイクの前に立ったら一礼をし、はっきりとした明るい声で話します。新郎新婦が起立している場合は、「どうぞ、おかけください」と着席を促すことも忘れずに行いましょう。堂々とした印象で話すには、顔を上げて視線を会場の奥に向けます。背筋を伸ばして、列石屋を見回しながら話すようにすると話が伝わっていきやすいです。

結婚式の祝辞の例文

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

主賓としての祝辞の例文

ただいまご紹介にあずかりました、新郎大輔さんの勤務先の上司にあたります中田と申します。大輔さん、かおりさん、ご結婚おめでとうございます。そしてご両家の皆様、心よりお祝いを申し上げます。

このようなおめでたい席にお招きいただいたこと、大変うれしく思っております。諸先輩方をさしおいて僭越(せんえつ)ではございますが、ご指名により、一言お祝いを述べさせていただきます。どうぞお二人はお座りください。

新郎の大輔さんは、わが社の営業部のエースとして仕事をしてもらっていますが、とにかく頑固なほどに「言い訳をしない人」という印象があります。仕事でミスをしてしまった時も、電車の遅延で1分だけ打ち合わせに遅れてしまった時も、まず真剣に謝るんですね。何かのせいにしないところが、もちろん仕事ぶりも非常に優秀ですが、彼の魅力であると私は感じております。

これから二人は毎日を一緒に歩まれていくわけですが、私から一言だけ、今日は会社の先輩としてではなく、結婚生活の先輩としてアドバイスをさせていただきます。これからの生活の中でも、仕事でなかなか一緒に食事を出来ないことも多いかもしれません。だからこそ、なるべく二人で一緒に食事をする時間を作り出して、その時間を大切にしていってほしいと願っております。

「食べる」という字を思い描いてみてください。この字は「人を良くする」と書きます。一緒に食べながら、お互いの話をし、お互いを理解することで、信頼も深まっていきますし、相手の立場を思い合える人間に成長していけるのではないかと私は思います。お互いの立場を思い合い、大輔さん、かおりさんはきっと実り多き人生を気づけると信じております。

お二人とご両家の幸せを祈念致しまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。
大輔さん、かおりさん、本日は誠におめでとうございます。

新婦友人としての祝辞の例文

ただいまご紹介にあずかりました新婦のかおりさんの友人の○○と申します。

大輔さん、かおりちゃん、本日はご結婚おめでとうございます。ご両家並びにご親族の皆様も今日の良き日を迎えられましたこと心よりお慶び申し上げます。かおりさんとは家が近いこともあって、幼少のころからずっと仲良くしてもらっています。

本日はご参列の皆様方をさしおいて誠に僭越ではございますが、友人を代表してご挨拶をさせていただきます。どうぞ皆さま、ご着席ください。

かおりさんは私にとって、同級生ですが、お姉さんのような存在でした。弱気な私を優しく応援してくれたり、困っているときに「私は○○の味方だよ」と背中を押してくれたのはいつもかおりさんでした。一番印象に残っているのが、小学校の修学旅行の時です。私は知らない土地でなんと迷子になってしまったのですが、その時も探して、見つけてくれたのはかおりさんでした。

高校は別の高校になり、会う機会は少なくなりましたが、でも、私にとってかおりさんは相変わらずお姉さんのような大事な存在で、何かうまくいかなくなった時にメールするのはいまだにかおりさんのところです。

大輔さんと結婚するという話を聞いたときは、我が事のように嬉しかったです。大輔さんの話になると、かおりさんはいつも今まで見たことないような幸せそうな顔をしていましたから、これからかおりさんを独占できる大輔さんがちょっとうらやましいほどです。

かおりさんが大輔さんとずっと幸せでいることが、私の一番の願いです。お二人の幸せを心から祈っています。以上を持ちまして、お祝いの言葉とさせていただきます。皆様、ご清聴ありがとうございました。大輔さん、かおりさん、今日は本当におめでとうございます。

新郎の友人として祝辞の例文

ただいまご紹介にあずかりました新郎の友人の武田です。

大輔さん、かおりさん、本日はご結婚おめでとうございます。ご両家並びにご親族の皆様方にも、心からお祝い申し上げます。本日は友人を代表しまして、僭越ながら一言ご挨拶をさせていただきます。皆様どうぞご着席ください。

大輔とは高校時代からの付き合いで同じバスケット部でした。入学式後の教室で、席が前後だった縁で、私は、入学式当日から筆記用具を全部忘れてきてしまい、前の席の大輔に、トントンと肩をたたいて、「あっ、俺武田だけどよろしく。シャープペン貸してくれない?」と声をかけてからの付き合いです。

以来、ずっと僕は大輔にいろんなものを借りて、助けてもらいっぱなしで面倒見のいい彼の周りにはいつも友達がいっぱいでした。

そんな気遣い上手で面倒見のいい大輔が、「俺の気づかないことに気づいてくれる人」だと愛してやまない新婦のかおりさん。先程もちらっと見たら、新郎のネクタイを優しく直している姿がまぶしかったです。どうか末永く大輔を支えてやってください。人への思いやりに満ち溢れた、素晴らしいお二人の未来を心から応援しています。

つたない挨拶ではございますが、これを持ちましてはなむけの言葉とさせていただきます。
大輔さん、かおりさん、今日は本当におめでとう。

PTA会長の祝辞とマナー

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

小学校、中学校でPTA会長を務めると、卒業式や入学式での祝辞、学校の創立記念式典での祝辞など、祝辞を読む役割があります。「祝辞」は読んで終わりではありません。実は登壇して下りるまでが「祝辞」といわれるほどに細かい所作があったりマナーがあります。

祝辞は用紙を持って読みます。

一般的に式典の場では式辞用紙を使い、書いたものを読み、壇上に置いてくるものです。意外なようですが、「持って読む」のがマナーとされているので、暗記をして話をするのはいけません。

暗記して話す方がかっこよく見えることもありますが、出席している人によっては非常識と思われる可能性もあるのでマナーに従い事前に書いたものを読むようにしましょう。来賓の祝辞に限らず、学校長の式辞や在校生の答辞等いずれも同じです。祝辞を読み終えたら、祝辞をつつみ、演台の右側に置いてくるのがマナーとされています。

壇上に置いてきた祝辞は学校で保管することになります。学校側の扱いによっては、もしかしたら翌年の来賓が祝辞原稿に困った場合、それを参考に作成するという可能性もあります。反対に、「祝辞の書き方が分からない」という時は、学校に聞いてみると過去の祝辞を参考に見せてくれるかもしれません。しかし、あくまでも「参考」程度にしておきましょう。

祝辞作成の方法と用紙

祝辞原稿は市販の「式辞用紙」を使って作成します。以前は筆や筆ペンによる手書きが常識でしたが、最近はパソコンで印刷できる用紙があり、書き損じせずに済むので、パソコンで作成する人が多いです。

手書きの場合は、一般的に筆や筆ペンを使いますが、苦手な人は太いサインペンでも構いません。ただし、ボールペンはNGです。また、自宅にプリンターがない場合や、字が下手で手書きが無理な場合は筆耕をお願いするという方法もあります。「筆耕」とはお金を払って、代わりに書写してくれる業者のことです。

登壇のマナーと所作

事前に祝辞の原稿をスーツのうちポケットに入れておき、壇上で取り出して読みます。女性はスーツの内ポケットがないので、手に持って壇上に上がる方法でも大丈夫です。司会者が「ご祝辞をいただきます。」と自分を指名した後、

1、来賓席で立ちあがり、椅子の外に出てから他の来賓へ軽く一礼し、職員席にも同じく一礼します。
2、壇上に上がり、正面の国旗に深く一礼する
3、演題の中央で姿勢を正し、会場を一度見まわして一歩下がり、丁寧に一礼します。
4、生徒がそのまま立っていたら、司会者に座らせてもらうように言う(サインを送る)
5、生徒が座ったら、ゆっくりと祝辞の書いた紙を取り出しで開きます。上包みは内ポケットに納めておきます。
6、「祝辞」と言ってから、ゆっくりと「本文」を読んでいきます。
7、読み終わったら、最後に年月日、自分の氏名を言います。これをきっかけに、司会者は生徒に「起立」の号令をかけます。
8、読んだ用紙を内ポケットの上包みにしまい、演台の右上の方へ置きます。
9、姿勢を正し、また一歩下がります。丁寧に礼をします。
10、演台から下がり、また国旗に軽く一礼してから壇を降ります。
11、職員席に一礼、次に来賓にも一礼し、自分の席に座ります。

壇上へ上がる時は来賓席への挨拶に始まり、降りるときは全て逆なので来賓席への挨拶が最後になります。原稿を読むだけでなく立ち振る舞いも細かく、しかし静寂な緊張感の中会場の全ての人が注目してますので、事前に練習をして当日スムーズにできるようにしておきましょう。

PTA会長の祝辞の例文

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

小学校入学式での祝辞

祝辞
平成○○年度の入学式に臨みまして、PTAを代表いたしまして、お祝いの言葉を申し上げます。
新入生のみなさん、入学おめでとうございます。ようこそ○○小学校へ。

私たちも、先生方も、お兄さん、お姉さんたちも、皆さんが来てくれるのをとても楽しみにしていました。皆さんのキラキラ輝く瞳を見て、小学校の入学を楽しみにしていたことが伝わってきてきます。

本当に嬉しいです。でも、ちょっとドキドキして心配になってしまっているお友達もいるかもしれません。でも、大丈夫です。先生方や、おにいさん、お姉さんたちがちゃんといろいろなことを教えてくれます。

ですから、明日から元気よく学校に通ってきてください。新しいお友達をいっぱい作って、給食をいっぱい食べて、勉強も頑張ってください。学校はたくさんの人が一緒に過ごすところです。ですからルールを守って過ごすことも大切です。皆さんが、これから毎日○○小学校で楽しく過ごせたらいいなと思っています。頑張ってください。

保護者の皆様、本日はご入学、誠におめでとうございます。お子様の小学校生活について、これから分からない点や不安なことなどもいろいろと出てくるかもしれません。どうか、先生方や他の保護者同志のコミュニケーションを積極的に図って、不安を早め早めに解消していってください。

そのためにも、是非PTA活動にも積極的にご参加いただき、お役立ていただければと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
最後になりますが新入生の皆さんの小学校生活が笑顔で満ちた毎日になりますよう祈念致しまして、お祝いの言葉とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

平成〇〇年〇月〇日
○○市立○○小学校PTA会長 山田一郎

中学校卒業式の祝辞の例文

祝辞
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。今日皆さんがこうして立派に卒業式を迎えられたことをPTA会長としても、また一保護者としても大変うれしく思っております。

また、来賓の皆様には、日頃から○○中学校の生徒たちをあたたかく見守って下さり、そしてご多忙の中、本日の生徒たちの晴れの舞台にご臨席賜りまして、誠にありがとうございます。

さて、卒業生の皆さんは、この○○中学校で、今日までたくさんのことを学び、経験して、そして友情をはぐくんできました。3年間で大きく成長して、これからまた高校、大学と新しい世界に進んでいくわけですが、これからの数年間は、きっと皆さんの人生において最も充実した、密度の濃い大切な時期になると思います。

もちろん勉強も一生懸命やらなくてはいけませんが、スポーツなどで身体を鍛えることも大事、いろいろな人に出会い、いろいろな考え方に接して、いろいろなことにチャレンジして、失敗して、悩んで、そこから皆さん一人一人が大切なものを見つけていってほしいです。

それはきっとひとりひとり違うもので、誰が教えてくれるものではなく、自分で見つけていくものです。そんな何かを見つけていってほしいです。私の言っていることが漠然として分からない人もいるかもしれません。でも、失敗を恐れずに、自分の可能性を信じていつか自分の大事なもの見つけていってください。

これを皆さんへの宿題としたいと思います。皆さんのこれからの益々の成長を楽しみにしています。

保護者の皆様におかれましてはお子様のご卒業おめでとうございます。そしてPTA活動においても3年間ご協力いただきましてありがとうございました。

中学校生活を思い返しますと、どこの家庭においてもいろいろなことがあったとおもいます。義務教育終了という大きな節目を迎え、これからは子供たちも少しずつ、自分自身で道を探していくようになり、親を頼ることもだんだんと減って寂しさ半分成長した喜び半分というところですが、遠くから温かく見守っていきたいものです。
最後になりますが、校長先生をはじめ、先生方には子供たちが本当にお世話になり、ここまでご指導いただき本当にありがとうございました。

思春期のとても不安定な時期の子供たちを先生として、時には友人のように、時には父親のように叱咤激励し、お支えいただきました先生方のご努力に感謝と尊敬の念を捧げて私の祝辞とさせていただきます。
本日はありがとうございました。

平成○○年〇月〇日
○○市立○○中学校 PTA会長 山田一郎

祝辞は何よりも祝福の気持ちが大事

祝辞の書き方と例文・祝辞へのお礼・祝辞の依頼方法とマナー

祝辞は「お祝いの言葉」です。祝辞を述べる人は、主役ではありません。その日の主役にお祝いを述べるのであって、主役はお祝いを言ってほしい人に祝辞を依頼するわけです。祝辞はそこに集う人たち全員を楽しく、和やかに、ハッピーな気分にして、みんなで主役を祝福できる気分に引っ張っていく役目もあるのではないでしょうか。

難しい話やことわざなど無理に押し込む必要はなく、素直な祝福の気持ちを心のままに述べればそれで十分に伝わるでしょう。心を込めての「おめでとう」が一番大切です。

Latests