Search

検索したいワードを入力してください

1月の時候の挨拶|中旬/初旬/ビジネス/学校・結びの例文

更新日:2020年08月20日

1月の時候の挨拶、いろいろありますが使い分けなど知っていますか。1月の時候の挨拶では上旬にしか使わないもの、下旬にしか使わないものがあります。また、時候の挨拶には結びの文もあります。1月の時候の挨拶についてまとめましたので、ご参照ください。

時期別1月の時候の挨拶

1月は、一年の始まりということもあり、元旦には一年間の幸せを願うお正月がやってきます。そんな1月には年賀状や寒中見舞いなどで使われる時候の挨拶も上旬、中旬、下旬で異なります。ここでは、1月の時候の挨拶の例文をご紹介しますので、ご参照ください。

1月の時候の挨拶-基本

1月の時候の挨拶で使われる季節の言葉には、以下があります。

「初春、新春、迎春、厳寒、仲冬、小寒、大寒、酷寒、寒冷、烈寒、猛寒、降寒、孟冬、極寒、厳冬」

さらに、上記1.の季節の言葉には、以下のような言葉をつけます。

(1)~の候   (例)新春の候
(2)~のみぎり (例)大寒のみぎり
(3)~の折り  (例)厳冬の折り

1月の書き出し文としては、時候の挨拶に相手の安否を尋ねる文を続けるのが一般的です。

「時候の挨拶+安否を尋ねる挨拶」

1月の時候の挨拶-上旬

1月の上旬は、年の始まりですので、新春という言葉を使います。その他にも、初春、迎春といった言葉は1月上旬の時候の挨拶で使われます。以下が1月上旬の時候の挨拶の例文となります。

<1月上旬 時候の挨拶例文>

1.新春の候、皆様いよいよお元気でお過ごしとのこと、お慶び申し上げます。平素はお引き立てを賜り感謝申し上げます。
2.新春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。平素は並々ならぬお引き立てをいただき心より感謝申し上げます。
3.大寒のみぎり、皆様におかれましては、益々御精鋭のこととお慶び申し上げます。
4.例年になく温かい毎日ですが、益々ご健勝のほどお慶び申し上げます。

1月の時候の挨拶-中旬

中旬となれば、1月に使用できる時候の挨拶のほとんどを利用できます。しかし、後述しますが、「小寒」と「大寒」については時期が決まっているので、上旬と下旬のみに使うようにして、他についてはほぼ全般に渡り使用可能です。以下に例文をご紹介します。

<1月中旬に使える時候の挨拶>

1.寒さ厳しい日が続きますが、皆様おかわりありませんか。
2.厳寒の候、皆様ご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます。
3.皆様ご壮健で、穏やかなお正月をお迎えのことと存じます。
4.酷寒のみぎり、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

1月の時候の挨拶-下旬

1月下旬の時候の挨拶ですが、特に「大寒」という言い方は、下旬に使うことになります。

・「小寒」→1月5日頃
・「大寒」→1月20日頃

1月の時候の挨拶-上旬、中旬、下旬で全て使える挨拶

1月全般に渡り、使用できる時候の挨拶となります。

1.極寒の候ではございますが、皆様におかれましては益々ご繁栄の事とお慶び申し上げます。

2.例年にない寒さではございますが、益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。

3.例年になく暖かい今日この頃ですが、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

4.厳寒の候、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

5.寒さ厳しきおりから、皆様におかれましては益々ご健勝のほどお慶び申し上げます。

6.時下ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。

7.極寒の候ではございますが、貴社ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。何かとお心にかけて下さいましてありがとうございます。

状況別の1月の時候の挨拶

時候の挨拶は、年賀状や寒中見舞いなどでも使われますが、ビジネス上の手紙やメールなどでも使われます。ここでは、状況別の1月の時候の挨拶をみていきます。

状況別の1月の時候の挨拶-ビジネス

年明けに新年の挨拶を込めて、会社関係の方にメールすることがあるでしょう。その際に、時候の挨拶を入れると、より改まった常識人として認識されるでしょう。以下に、ビジネスメールやビジネス上の手紙などで使用できる時候の挨拶をあげてみます。

時候の挨拶

【1月上旬の時候の挨拶】
・新春の候 ・初春の候 ・迎春の候

【1月中旬の時候の挨拶】
・小寒の候・冷雨の候・寒冷の候

【1月下旬の時候の挨拶】
・大寒の候 ・厳寒の候 ・厳冬の候

これらの時候の挨拶を「~の折り」や「~のみぎり」などに変換して使用してもOKです。ビジネス上の手紙やメールとはいえ、いきなり本題に入るのは失礼です。時候の挨拶を挟むことで、本題とのクッションの役目を果たし、せかせかと冷たい印象をなくしてくれます。

ビジネスは一度きりではなく、人間関係を積み重ねていくことですので、ぜひ時候の挨拶をマスターして、利用してみてください。

書き出しの文章例

以下に、ビジネス上の手紙やメールでよく使われる、書き出しの文章例をご紹介します。

<1月の時候の挨拶 書き出し文章例>
1.厳寒の候、益々ご繁栄のこととお慶び申し上げます。
2.初春の候、貴社いよいよご発展のことをお慶び申し上げます。
3.新春の候、新たな年を迎えて皆様にとって本年ご多幸がありますようにお祈りいたしております。
4.暖冬の折り、寒の入りとはいうものの例年にない暖かい日が続いております。

状況別の1月の時候の挨拶-学校

学校関係の文書でも、PTA向けの文書などでよく見かけるように、時候の挨拶はよく使われます。以下に、学校関係の文書で使う、1月の時候の挨拶をご紹介します。

<学校関係文書の1月の時候の挨拶例文>

1.皆様お揃いでうららかな春をお迎えになられたことと、お慶び申し上げます。
2.寒の入りとともに、寒さが一段と厳しく感じられる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
3.穏やかな初春をご家族でお迎えのことと、お慶び申し上げます。
4.この1年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

また、学校関係の文書でよく使われる、1月の時候の挨拶の結びの言葉は以下になります。

<学校関係文書の1月の時候の挨拶の結びの言葉例文>

1.寒さ厳しき折り、皆様のご自愛のほどお祈り申し上げます。
2.厳寒の折り、ご自愛ください。
3.今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
4.皆様にとって、この1年が実り多き年となりますように。

状況別の1月の時候の挨拶-会社

初回公開日:2017年10月27日

記載されている内容は2017年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests