Search

検索したいワードを入力してください

入社の挨拶の例文|メール/スピーチ/はがき・挨拶の仕方や注意点

更新日:2020年08月20日

入社の挨拶とはどのようなものでしょう。色々なケースが考えられその時にどう判断するかで入社の挨拶は決まってしまいます。また、入社の挨拶はその人の印象を決めてしまうところもあり、とても重要ですが、この記事を見て入社の挨拶の準備をしましょう。

入社の挨拶の例文

入社の挨拶の例文は、自分がその会社にどのような考えで入社したかで決まってきます。また、当然社長や役員がいるような場所での挨拶をする場合は、色々と考慮して決めることが大切です。

入社の挨拶は、自分に対するイメージが決まってしまうところもあり慎重に決めたいとことです。入社時における挨拶で悪いイメージをつけてしまうと入社後になおすことはとても難しいです。それに対して良いイメージの入社の挨拶ができれば、その後の仕事の時もスムーズにいくところがあります。

イメージとは、普段仕事でコミュニケーションをとっている時でも気になる時があるので、自分の本当の姿とはどのようなもので、どう入社時に挨拶すれば良いか判断する事が大切です。

メールの挨拶の例文

メールでの挨拶は、スピーチと違って文面で残るものなので、誤字脱字などがないか確認することが大切です。内容としては、志望していた会社に入社できたことや今後のことで色々とお願いしますといった内容となります。

また、自分の入社における抱負なども言っても良いでしょう。特に自分で言いたい事がなければ、記載する必要もないですが最低限の事をしっかりと記載することです。例文としては、

「入社いたしました田中と申します。面接や書類選考の時は本当に有難うございました。私は、御社を第一志望で就職活動をしておりましたので、本当にうれしく思っております。今後とも色々とお世話になると思いますが、ご指導の程宜しくお願い致します。」

となります。

スピーチの例文

入社の挨拶のスピーチで大切なのは、自分の入社に対しての考えや思いをどのようにまとめるかです。ただ長い文章を読んだようなスピーチであれば、発表する必要もありません。例文としては、

「以前から憧れであったこの会社に入社できて本当に嬉しく思います。今後は一日一日を大切にして新人としてすべきことからできるようにし、行く行くは一人前のエンジニアとして会社の戦力として働いて行きたいと思います。このようなスピーチの機会をいただきまして誠に有難うございました。」

となります。これくらいの内容を色々と自分なりに工夫してその場にあったスピーチになると良いでしょう。

はがきの挨拶

はがきでの入社の挨拶は、短めに要点をついたものにすると良いです。あまり長い挨拶文は最後まで読んでもらえない事もあります。例文としては、

「この度は、御社に入社させていただき本当に有難うございます。面接でも申し上げましたが、私の夢でもある食品機械の営業の仕事を全力でやっていきたいと思いますのでご指導の程宜しくお願い致します。」

となります。この内容をみた社員は、誠実な幹事で好印象だと感じるでしょう。また、入社の挨拶で問題になるような事はないので、自分の気持ちを素直に言えればとても良いです。逆に消極的な内容は、インパクトにかけるので印象的な内容をはがきに記載することが良いでしょう。

手紙の例文

手紙の入社の挨拶の書き方は、はがきの書き方と基本的に同じです。ただし、手紙の方がはがきよりも長い文章を記載できるので何か自分が言いたいことを追加することができます。その内容としては、入社後の抱負について簡単にまとめて書くこともできます。例文としては、

「4月1日に入社いたしました田中と申します。会社に入社させていただいたた目的でもあるエンジニアとして一日でも早く一人前になることを目指して毎日頑張りますので、ご指導の程宜しくお願い致します。」

となります。普通の内容ですが、手紙だからといってあまり長くならないようにしましょう。また、できれば手紙は手書きの方が良いです。

状況別での入社の挨拶の仕方や注意点

状況別で入社の挨拶の注意点とはどのようなものでしょう。転職などの時は、簡単に挨拶を済ますような感じになってしまいますが、しっかりとその時に挨拶できれば他の社員も好印象を持ってくれるでしょう。

転職時は、特に他に一緒に入社する人がいなかったりするのが多いので、他の社員に好印象をもってもらって早く仕事場になれることが大切です。状況別で言えば、時間の限られたような時などは、自分の名前と入社後の抱負を簡単に言えばそれで問題ないです。仕事場は忙しい時が多いのでその場の状況をしっかりと把握することです。

また、入社後に歓迎会を開いてくれる会社もあるので、その時は事前にしっかりと準備した内容を言えれば良いでしょう。

転職の挨拶の仕方

転職の入社の挨拶の仕方としては、自分のキャリアをしっかりとわかるように伝えましょう。自分のキャリアを言う事で他の社員はどのような人なのかを把握しようとします。特に技術系の人は自分のキャリアが仕事のどの場面で活かせるのかはっきりさせる事がポイントです。

転職後の仕事は色々な部門の人と協力して仕事をすすめることが多く、自分のキャリアを理解してくれていれば、仕事をスムーズに進みます。自分のキャリアをあいまいにしておけば、他の社員もどうして良いか分からない事になります。

他には、転職の入社時における挨拶としては、休みの日に何をしているかや、自分の趣味なども話しても良いでしょう。同じ趣味の人がいれば、仲間になってくれます。

派遣の挨拶の注意点

派遣の入社時における挨拶の注意点は、正社員の挨拶と同じでも良いです。派遣であるかあらと言って、正社員との違いをつける必要はあまりないです。もしもどうしても派遣社員について言いたい時は、基本的な挨拶をしてから、追加で派遣社員として頑張りますと言いましょう。

また、派遣社員の挨拶では入社後の抱負なども言えると良いです。例えば、他の社員の人とできる限り仲良くなり、チームワーク良く仕事したいといった事でも問題ないです。さらに派遣社員の人でも自分のキャリアについては、しっかり言えるとより良いです。

他の社員の人もあなたのキャリアを参考に仕事の進め方などを決めてきます。

次のページ:入社の挨拶で持っていく品物

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests