Search

検索したいワードを入力してください

ビジネス挨拶文の書き方|メール/年賀状・文頭/締め/季語文例

更新日:2020年08月20日

ビジネスシーンで文書を作成する場合に必ず必要になる挨拶文には、さまざまな種類のものがあります。この記事では、ビジネスで用いられる挨拶文の書き方や季節の挨拶を文例や無料ダウンロードできるテンプレートとともにご紹介しています。

ビジネスシーンにおける挨拶文

ビジネスの場面では、社内社外問わず手紙やメールでやり取りする機会が多くあります。このような場合、いきなり本題から入るのではなく、挨拶文を付けるのがマナーになっています。文頭だけではなく、最後にも挨拶文を付けるのが基本です。ビジネスの場面でよく用いられる挨拶文は、主文とお礼で構成されています。ただし、社内向けの手紙やメールの挨拶文は簡単に書かれる場合が多くなっています。

ケース別ビジネスでの挨拶文の書き方

ビジネスで手紙やメールを送る際の基本的なマナーである挨拶文は、どのように書けばいいのでしょうか。以下では、ビジネスでの挨拶文の書き方をケース別にご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

メール

ビジネスシーンでメールを用いる場合の挨拶文にはさまざまな種類があります。以下では、書き出しの挨拶文と締めの挨拶文をそれぞれご紹介していきます。

メールにおける書き出しの挨拶文

メールで用いられる書き出しの挨拶文には以下のようなものが挙げられます。

・お世話になっております。
・いつもお世話になっております。
・お世話になります。
・平素はお世話になっております。
・突然のご連絡、大変失礼いたします。
・早々にお返事を頂き、ありがとうございます。
・大変ご無沙汰しております。
・お疲れ様です。

メールにおける締めの挨拶文

メールで用いられる締めの挨拶文には以下のようなものが挙げられます。

・「今後ともよろしくお願いいたします。」
・「今後ともお引き立ての程をよろしくお願いいたします。」
・「今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。」
・「引き続きよろしくお願いいたします。」
・「ご連絡いただきますようお願い申し上げます。」
・「ご多忙のところ恐縮ですが、ご返答いただければ幸いです 。」
・「それでは失礼いたします。」
・「ご検討くださいますようお願い申しあげます。」
・「ぜひ一度ご覧いただきますようお願いいたします。」
・「取り急ぎお知らせいたします。」

メールにおける挨拶文の使い分け

メールで用いられる挨拶文には、先ほど挙げたものでも使い方や相手が多少異なります。具体的には以下のように使い分けます。

・通常
「お世話になっております。」「いつもお世話になっております。」「平素はお世話になっております。」

・初めてメールを送る場合
「お世話になります。」「突然のご連絡、大変失礼いたします。」

・自分が送ったメールの返信に使う場合
「早々にお返事を頂き、ありがとうございます。」

・久しぶりにメールを送る場合
「大変ご無沙汰しております。」

・社内向け
「お疲れ様です。」
「ご無沙汰しております。」
「突然のご連絡、失礼いたします。」

手紙

ビジネスシーンで手紙を送る場合に用いられる挨拶文にはさまざまな種類があります。以下では、書き出しの挨拶文と締めの挨拶文をそれぞれご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

次のページ:年賀状

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests